越権行為(えっけんこうい)の

「越権」とはその人の持っている権利を越えていることをさします。

つまり、「越権行為」とは、その人の立場や権限を越えた行いをすること、という意味になります。

同義語としては、失敬、僭越、不躾、分不相応、越俎代庖などがあります。

越権行為のシーンでの

越権行為はさまざまな立場や役職の人間が集まる社会において、人の上に立って権力を行使する人がいる以上、しばしば見られる行為でもあるため、ビジネスシーンにおいて使用されることもある言葉です。

例えば資格を持っていない人が資格を必要とする業務を行なうことは、その人に業務を行なう権利がないため越権行為になります。

また組織でをするうえで業務上与えられた範囲の中で権力を使い、部下に指示を出したり、他人を指導するということは必要なことでもありますが、行き過ぎてしまうと越権行為とみなされる恐れもあります。

立場や権力は使う側の人間がどこまでその範囲は及んでいるのかを理解し適切に行使することが大切であり、それが出来ずに時として相手を苦しめてしまうとパワハラに繋がってしまいます。

越権行為の例文

先輩だからといって他の部署の人間にまで指示を出すのは越権行為だ。
飲み会の強要はプライベートな時間であるため越権行為なのではないか。
彼の越権行為は目に余るものがある。