あまり使われる言葉ではなくとも、ビジネスの場でふとしたタイミングに使われた際、が分からないと困ってしまう事があるため注意が必要です。

ここでは、日常的に使われることのない具現化という言葉について、意味やを例文を交えて解説します。

具現化の読み方や意味とは

具現化とは「ぐげんか」と読み、理想や目標などを具体的な形にすることを意味する言葉です。

具現化の類語

具現化という言葉を避けたいときには、類語を用いると便利です。具現化の類語は以下の通りです。

現実化
実現
具体化
実体化
表現

具現化の使い方

理想や目標を達成したときに使う具現化はよく使われ、「この建物は長年の目標を具現化した物なんだ。」などということができます。

理想や目標が叶ったということを強調したい場合は、「○○を具現化することができた。」などといい、具現化されたものを強調したい場合は「~は長年の思いを具現化したものなんだ。」などといえばよいでしょう。

他には、これから達成したい理想や目標に対して「具現化するにはどうするべきか。」などという形で用いることが出来ます。

具現化の例文

アイディアを具現化することに成功する。
この組織は長年の思いを具現化した物だ。
デザインの具現化の例を提示する。

具現化の英語表現

realization
実現という意味の単語です。「the realization of a lifelong dream(一生の夢の実現)」などという使い方をします。
materialization
具体化という意味の単語です。「the materialization of her dream(彼女の夢の具体化)」などという使い方をします。
take shape
具体化という意味の単語です。「The project began to take shape.(計画が具体化し始めた)」などという使い方をします。

具現化についてのまとめ

  • 具現化は「ぐげんか」と読みます。具現化の意味は「理想や目標などを具体的な形にすること」です。
  • 具現化の類語は、現実化、実現、具体化、実体化、表現などがあります。どれもなにかを形にするという意味があります。
  • 具現化は、理想や目標が形になって叶ったときや、これから形にしたいというときに使います。
  • 具現化は英語では「realization」「materialization」「take shape」などで表現することができます。