仕事が暇だと、暇な時間に何をしていいかわからずにストレスになります。もちろん、暇だからといって帰ったり居眠りをしたりするわけにはいきません。

この記事では、仕事が暇になる原因と対処法を解説していきます。

自分だけが暇な場合の仕事が暇な原因

仕事が暇になるのには様々な状況や原因があります。

自分は暇なのに先輩や周りの人は忙しい場合には、次のような原因が考えられます。

自分のできる仕事が少ない

入社間もないころは、自分のできる仕事が少ないので暇になりがちです。

上司や先輩が手いっぱいで教える暇がなかったり、会社の教育体制が整っていないなどの問題がある場合もあります。

仕事に対して受け身

自分で仕事を探さずに、仕事を与えられるのを待っているような受け身の姿勢は、仕事が暇になる原因になります。

ときには自分で仕事を探す努力も必要でしょう。

ミスが多い、コミュニケーションに問題がある

仕事のミスが多い人に常務を依頼すると、結果としてアフターフォローに時間を取られてしまうので、他の人に頼んだり自分でやったりするようになります。

また、仕事を頼むとよい返事をしなかったり進捗を報告しないなどコミュニケーションに問題がある人には仕事を頼みにくいので、そういったタイプの人は仕事を振ってもらえず暇になっていきます。

仕事の割り振りに問題がある

一人の人に業務が偏っている場合は、その人は忙しいのに他の人は暇だという状況になります。

また部署によって仕事量に大きく差がある場合もあります。

自分も周囲の人も暇な場合の仕事が暇な原因

自分も周りの人も暇な場合には、次のような原因が考えられます。

繁忙期と閑散期の仕事量に大きく差がある

繁忙期と閑散期の仕事量に大きく差がある場合は、繁忙期に合わせて人員を配置している場合が多いです。

そのため、閑散期は仕事が暇になってしまいます。

会社全体の業務量が減っている

業務縮小や、以前は人がやっていたことをシステム化したなどで会社全体の業務量が減ってしまう場合があります。

その場合は人員過多になってしまい、暇になってしまいます。

仕事が暇なときにやるべきこと

仕事が暇なときにやるべきことが実はあります。

以下では、仕事が暇なときにやるべきことをいくつか解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

上司や先輩に仕事がないか尋ねる

仕事が暇になったら、まず最初に上司や先輩に自分ができる仕事がないかを尋ねましょう。

上司や先輩も自分の業務があります。部下の仕事の進捗を常に観察しているわけではありませんので、指示を待つだけでなく、自分から仕事がないかを尋ねるようにしましょう。

オフィスや共有部分の整理をする

上司や先輩に今は頼める仕事がないと言われたら、説明を受けなくても自分でできるオフィスや共有部分の整理をしましょう。ファイリングや並べ替え、ラベル貼りなど、いつか誰かがやるだろうと放置されていることが意外にあるものです。

上司に「では〇〇の整理をしていますので、手伝える仕事がありましたらいつでも声をかけてください」と報告して取り掛かりましょう。

また、物の位置を変えたときには、担当部署の人に報告するのも忘れないようにすることが大切です。

日ごろ後回しにしていたことをやる

繁忙期と閑散期がある業務の場合、繁忙期は仕事をこなすのが精一杯で細かなことをやり残してしまいがちです。閑散期で手があいたら、やり残していたことを片付けましょう。

逆に考えると、閑散期に時間が空くことがわかっているのであれば、繁忙期に無理をして細かなことまで片付けておかなくてもよいということになります。後にまわせるものはメモをしておき、時間が空いたときにやればよいです。

このように自分でできるだけ業務が平準化することで、仕事が忙しいときと暇なときの差を少なくすることができます。

仕事につながる勉強をする

仕事が暇なときに、自分の業務に関係することを勉強するのもよいでしょう。仕事はできる人のところに流れていきます。先回りして必要になりそうなスキルを身につけとおくと仕事の幅が広がります。

「この仕事できる?」と聞かれたときにYESと返答できる数を増やしておくのが理想です。そうすれば依頼される仕事が多くなっていきます。

仕事のマニュアルを作成する

仕事が暇なときに仕事のマニュアルを作成しておくのもよいでしょう。

いつ、配置転換があるかもわかりませんし、新入社員が入ってくるかもしれません。引継ぎや新人指導がはじまってからマニュアルを作成したのでは間に合いません。暇なときを利用して作成しておくと後々役に立ちます。

また、マニュアルを作成することは自分の業務を見直すきっかけにもなります。新しい手順や方法を思いついたら、仕事が暇なうちに試してみることもできます。

マニュアルの作成方法については以下の記事も参考にしてみてください。
マニュアルの作り方とマニュアルのメリット 作成のポイントを解説

業務に関連するニュースや記事を読む

暇な時間は、仕事の効率化に関する記事を読んだり、同業他社やお客様の会社のニュースを読んだりして知識を深める時間にしてもよいでしょう。

政治や経済のニュースも社会人としては知っておきたいもののひとつです。

仕事が暇なことにどうしても暇に耐えられなくなったら

仕事が暇なことにどうしても耐えられない人も多いでしょう。

仕事が暇なことに耐えられなくなった場合の対処法を以下では紹介していきます。

気分転換に席を立ってみる

どうしてもやることがみつからなくて辛くなったら、一度自席を離れてみてもいいでしょう。

飲み物をいれる、トイレに立つ、ベランダで軽くストレッチをするのもおすすめです。席から離れることで気分転換になります。

また、オフィスを再度見まわすことで、忙しそうな人がいれば手伝いを申し出ることができ、片付けや整理が必要な場所も見えてくるかもしれません。

転職も視野に入れてみる

自分にできる努力や工夫をしたうえで、どうしてもやりがいを見つけることができなそうであれば、思い切って転職を考えみてもよいでしょう。

会社にはそれぞれのカラーがあります。自分に合った環境を探して転職し、スキルを存分に活かせればそれに越したことはありません。

転職をする際には転職エージェントを活用してみるのもよいかもしれません。
転職するもしないも万人に告ぐ!エージェントを利用しない転職は不利!?

仕事が暇なときに関するおさらい

仕事が暇なときに関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 仕事が暇になる原因として、自分だけが暇な場合には、自分のできる仕事が少ない、仕事に対して受け身、ミスが多い、コミュニケーションに問題があることなどが考えられる
  • 仕事が暇になる原因として、会社全体が暇な場合には、繁忙期と閑散期の仕事量に大きく差がある、全体の業務量が減っているなどが考えられる
  • 仕事が暇なときには、まず上司や先輩に仕事がないか尋ねてみる
  • 上司や先輩に尋ねても仕事がない場合は、共有部分の整理、仕事につながる勉強、マニュアル作成などをする
  • どうしても暇に耐えられないときは、気分転換に席を立ったり、転職についても考えてみる