「あなた」という呼びかけは敬語として正しいのでしょうか?「あなた」はなぜ適切でないのか、目上の方に呼びかける時、「あなた」に代わる表現についてもご紹介します。


ビジネスシーンで目上の人に「あなた」は適切ではない

「あなた」という呼び方は、これは目上の方に使う言葉ではありません。自分とは対等、もしくは下のものに対して使う呼び方です。対等であっても、上から目線に感じる方もいます。自分では敬語として用いたと思っていても、相手を不快にさせる恐れもあります。少なくとも、上司や取引相手に対して「あなた」と呼びかけるのは失礼にあたるため、使用をさけましょう。

目上の人の正しい呼び方は?

目上の方に「あなた」が使用できないときは、どのように呼びかければいいのでしょうか?自分と相手の関係性を確認し、適した呼び方を覚えておきましょう。
上司を呼ぶときは「役職名」をつける
○○課長、△△部長・・・など

取引先の役職のある方には、「役職名」か「役職名+名前+様」でお呼びする
佐藤部長、または営業部部長 佐藤様

基本的に相手の名字を呼べば間違いはありません。自社の人間であれば、「名字+さん」、他社の方、社外の方には「名字+さん」または、「名字+様」で呼びかけます。
相手の名前を覚え、呼びかけることは相手を尊重している証になります。失礼に当たらないのはもちろん、「あなた」よりも相手に好印象を与えることができるでしょう。

仕事で閊える様々な二人称の敬称

二人称は相手に対し、敬意を払う尊敬語です。相手によって使用できる敬称にはルールがあります。メールや手紙、ビジネス文書においては多く使用されるため、この敬称を覚えておくと便利です。

「貴殿」目上か、同等以上の男性に用いられる。さらに敬う場合は「貴台」。
「貴女」目上か、同等以上の女性に用いられる。年長の女性には「貴姉」を使用しても可。
「貴兄」自分と同等か近しい先輩に対して用いられる。
貴殿のご活躍をお祈り申し上げます。
貴殿におかれましては益々ご健勝の事とお慶び申し上げます。

まとめ

自分が、年下の方から「あなた」と呼ばれれば、やはり気持ちのいいものではありません。迷ったときには相手の名字に「さん」か「様」をつければ問題ありません。自分の名前を呼ばれて、失礼と思うことはありませんよね。
明日からのビジネスシーンに上手に活用し、スムーズな人間関係を構築するために役立ててください。

関連するおすすめ記事

宛名「様方」「様」「気付」「御中」の違いと使い分け方と例文10選

英文メール、正しく敬称をつけよう ビジネスで使える英語例文集

プランナーへの転職も、ブライダルから異業種への転職も、求人案件多数
「ブライダル特化の転職サービス 」リクシィキャリア