インプレッションの一般的な意味とは

インプレッションとは、一般的に「印象、感銘」といった意味で使われる言葉です。
馴染みのある例では、ファーストインプレッションという単語は聞かれたことのある方も多いのではないでしょうか。
これは「直感」「ひらめき」などといった意味で用いられる言葉なのですが、
「ファーストインプレッションで強い好感を抱いた」といった使い方があります。また、感銘という意味だと「強いインプレッションを与える」などといった使い方で用いられたりします。

インプレッションのビジネスシーンの意味

ビジネスシーンでのインプレッションとは「ネット広告の表示回数」という意味があります。
ネット広告がどれだけのユーザーに見てもらえたかという指標になります。
広告が1回表示されたならばそれを「1インプレッション」と呼び、「imp」あるいは複数形の「imps」と表記されることもあります。
通常のインプレッションと、ビジネスシーンで用いられるインプレッションには、言葉は同じでも大きな意味の違いがありますね。

インプレッションの使い方と例文

「強いインプレッションを与えることが成功につながる」(印象という意味での例文)
「インプレッション数を増加させるために広告媒体を見直した」(ネット広告の意味での例文)