星火燎原(せいかりょうげん)の意味とは

星火燎原とは、些細なことでも放置したままにしていると、後になって手に負えないほどの大問題になってしまうという意味の言葉です。

星火は地球から見える星のように小さな火をあらわし、燎原とは広い野原を焼くことを意味しています。

星火燎原は、小さな火種が大きな火事になるという意味を含んでおり、過去の時代に少数の人間から始まった反乱や、一揆が次第に大きくなって防ぎきれなくなってしまうことを例えた言葉です。

星火燎原のビジネスシーンでの使い方

星火燎原はビジネスシーン限定の特別な意味を持つ言葉ではないため、通常の用法と同様「些細な問題が大問題に転じる」という意味で使えます。

また他にも、マイノリティと思われていた勢力が少しずつ頭角を現し始め、無視できなくなるほど強力になっていく様子をあらわすことがあります。

競争や入れ替わりの激しいビジネスの世界では、取るに足りないと思っていたはずの会社や事業がいつのまにか強くなっていたということはよくあるでしょう。

星火燎原の使い方と例文

お客様からの些細なクレームも手を抜いて対応してはいけない。星火燎原というから、怒りが燃え広がる前に全力で誠意を見せよう。
昔はライバルとも思っていなかったあの小さな会社が、いつのまにか一部上場のライバル企業になっていた。まさに星火燎原だ。