罵詈雑言の一般的な意味

罵詈雑言は「ばりぞうごん」と読みます。「罵」も「詈」も「悪口を言うこと」を意味しており、「雑言」とは「雑な言葉、つまり汚い言葉」という意味です。

したがって、罵詈雑言は「汚い言葉で、相手を罵ること。悪口を並べ立てること」という意味で使われます。

また雑言は「ぞうごん」と読みますが、「ぞうげん」と読む場合もあります。

罵詈雑言の同義語には以下のものもあります。

罵詈雑言の同義語
罵詈讒謗(ばりざんぼう)
悪口雑言(あっこうぞうごん)
悪口罵詈(あっこんばり)
罵り(ののしり)
激しい叱責
辱め
悪口

罵詈雑言のビジネスシーンでの意味

罵詈雑言という言葉はビジネスシーンだからといって特別な意味はありません。実際、ビジネスで出てこない言葉ではありませんが、どちらかというとあまり使いたく言葉です。

罵詈雑言は「汚い言葉で、相手を罵る」というよくない意味であるため、この言葉が使われる事は、会社にとってよい状況ではないと判断できるためです。

会社に不満がある人が押しかけてきたり、顧客から大文句をいわれたりといったシーンが想像できます。

罵詈雑言の使い方と例文

罵詈雑言を使った例文
「不埒なっ、通るのを見かけての罵詈雑言、勘弁ならぬ・・・」(出典:直木三十五『南国太平記』)
「ここまで罵詈雑言を浴びせられるとは思ってもみなかった。」
「周りからの罵詈雑言で非常に辛い時期がありました。」
「カッとなって人に罵詈雑言を浴びせてしまった。」
「ネットへの匿名の書き込みはしばしば罵詈雑言だ。」
「住民が突然、役所に来て罵詈雑言を吐きながら怒鳴り込んできた。」