転職サイト

人に物事を頼む際、相手に悪いのではないかと感じてしまうこともあるでしょう。そのような時に前置きとしてクッション言葉を使う場面も多いと思います。

「よろしければ」もそんなクッション言葉の一つなのですが、上司や目上の人に使っても失礼に当たらない言葉なのでしょうか?頼むことでさえ申し訳なく感じるのに言葉遣いすら間違っていたとしたら、せっかくのお願いも聞いてもらえない可能性もあります。

ここでは「よろしければ」について解説いたします。


「よろしければ」はどのようなときに使う言葉?

「よろしければ」は、人に何かを依頼する際、その行為の前に相手にお伺いを立てる意味で使われる言葉です。「よろしければこちらをお使いください」などで見かけます。例えば「こちらをお使いください」とだけ言ってしまうと、相手が「使う」こと前提で話が進んでいると感じてしまい押しつけがましいとの印象を与えてしまう可能性もあります。

そこで「よろしければ」と前に言葉を置くことによって「使うかどうか」の判断は相手にゆだねるとの意味合いが出てきますので依頼や頼み事が柔らかく聞こえる、そんな効果が期待できます。

「よければ」と「よかったら」の違い

「よければ」「よかったら」も同じように依頼の前に使われるクッション言葉です。「依頼を受けても受けなくてもこちらは構いませんが」との意味合いがあるためどれも良く使われる言葉でしょう。

ただし、敬意を表す気持ちが含まれているかいないかの違いがあります。「よければ」「よかったら」は「よい+仮定形」として使っています。しかし、「よい」自体は敬意を表しているとは言えません。丁寧な気持ちを表す場合には「よろしい」を使います。

そのため敬語として使う場合には「よろしければ」や「よろしかったら」を使うことになります。
「よろしい」の敬語の表現とは?ビジネスでも使える例文集

「よろしければ」のかわりに使える表現

「よろしければ」のように、こちらが少しへりくだって相手に提案をする言葉としては例えば「問題がなければ」「不都合でなければ」「可能であれば」「大丈夫であれば」のようなものが挙げられます。

また、上司や取引先、お客様などに対して「もっと丁寧さを出したい」と思うならば「差し支えがなければ」と使ってもよいでしょう。

「よろしければ」と類似表現の例文

・よろしければアンケートにご協力いただけますか
・よかったら聞いてみて下さい
・問題が無ければこのように進めようと思います
・可能であれば予定の変更を考えていただけませんか
・差し支えがなければ生年月日をご記入いただけますか

まとめ

「よろしければ」は「よい」を丁寧にした言い回し「よろしい」が含まれているため敬語として成立している言葉です。依頼や頼み事が柔らかく聞こえる言葉となりますので、自然とこういった言葉が使えるようになると、受け取った側も気持ちよく申し出に応えてくれるのではないでしょうか。

関連するおすすめ記事

ビジネスメールで使える!鉄板クッション言葉10選

だれでもできる節税対策!会社員こそやるべき、ふるさと納税

ふるさと納税

名前は知っていても使ったことがない方が多いと思われます。カイシャドコイクでは、企業に勤めているからこそ、ふるさと納税をやるべきと強くおすすめします。

だれでもできる節税方法、しかも、返礼品によってはおいしいお肉や家電を手に入れることができます。ご興味がある方は下記リンクをご覧ください。

ふるさと納税とはなにか、仕組みやメリットについての解説

また、すでにふるさと納税に関して知識がある方は、ふるなびさとふるをおすすめいたします。

ふるなびへのリンクはこちら

さとふるはこちら

今の仕事に悩んでいる方はこちら

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方