歳月不待(さいげつふたい)の意味

歳月不待の意味は文字通り、時間の流れは容赦なく進んでいき、決して人々を待ってはくれないという意味をあらわしています。

また、時間は貴重なのものであるため今を大事にしなさいという意味もあらわしています。

歳月不待の類語には、月日が流れるのは早いという意味で「露往霜来(ろおうそうらい)」「光陰矢の如し」といった言葉があります。

いずれにしても時間の流れの無慈悲さと、大切さを教えてくれる言葉です。

歳月不待のビジネスシーンでの意味

ビジネスにおいて時間はとても貴重なものです。

歳月不待はプロジェクトの進行管理や仕事のスケジュールの管理において、手順や準備を早め早めに整えておくべきである、という警句として使うことができます。

また、歳月不待は自分のキャリアパスを考えるさいにも重要な言葉です。今の自分から成長して理想の自分に近づくためには、寸暇を惜しんで努力しなければならないという意味で使うことができるでしょう。

歳月不待の使い方と例文

「今の君のままでよいと思っているのか。歳月不待の言葉を肝に銘じて、日々の成長を心掛けなさい。」
「まだ今日は時間があるし、歳月不待という言葉もある。明日にしようと思っていた仕事も、今日してしまおう。」