千射万箭(せんしゃばんせん)の意味とは

千射万箭とは、弓道の教えである「千射万箭悉皆新(せんしゃばんせんことごとくみなあらた)」をもととした四字熟語です。

「千射」は千回の射(弓を射ること)を意味しており、「万箭」は万本の矢を意味しています。

千射万箭の意味は「千回の射にも、万本の矢にも同じものは一つもないのだから、全ての矢を一本一本大事にして新たな気持ちで射らねばならない。」という事をあらわしています。

千射万箭とは、「全てのもの事を一つ一つ丁寧に蔑ろにせず、心を込めて全力で臨む。」という意味です。

類語には一球入魂(いっきゅうにゅうこん)などがあります。

千射万箭のビジネスシーンでの意味

千射万箭という言葉はビジネス用語ではありませんが、社訓となっている言葉であるため、自分自身の座右の銘とするのもよいでしょう。

ビジネスで出会った初対面の相手に、普通の自己紹介して一生懸命仕事に励む姿を見せるよりも、自分は千射万箭を座右の銘にしていると自己紹介してから仕事に励む姿を見せることで、相手からより好評価を得やすくなります。

千射万箭の例文

「はじめまして。私は〇〇と申します。本日はお時間を頂きましてありがとうございます。座右の銘の千射万箭を旨として誠心誠意取り組む所存です。」
「惰性で反復練習しても技術は身に付くことはない。千射万箭の気持ちで練習に臨まなければならない。」