報恩謝徳(ほうおんしゃとく)の意味

「報恩」とは恩に報いることや、恩返しを意味する言葉で、「謝得」とは、恩得に感謝することを意味する言葉です。

上記の事から報恩謝得とは、受けためぐみや得に対して、恩返ししようという気持ちを意味する四字熟語です。

類語には、「報本反始(ほうほんはんし)」などがあります。

報恩謝得のビジネスシーンでの使い方

報恩謝得はビジネス用語ではありません。しかし、ビジネスシーンでは感謝の気持ちを伝えるときに、「感謝の意」「感謝の念」などとかしこまった表現を使います。

上記の表現の代わりとして使える言葉が報恩謝得です。

なんらかの恩を受けた際に、気持ちを報恩謝得とあらわすことで、より相手に深い感謝を伝える事が出来ます。

 

報恩謝得の例文

報恩謝徳の厚志があらば、神明の加護もあろう。
出典:島崎藤村「夜明け前」
その唱うる念仏は報恩謝徳の念仏であって、極楽往生を願う為の念仏ではない。
出典:喜田貞吉「賤民概説」
あなたから受けた恩に対して、報恩謝徳の念が絶えません。