朗らかな人は、いつも前向きで明るい雰囲気を持っているため人が近寄りやすいです。朗らかな人はどんなことでもポジティブに受け止めることができ、挫折をしても立ち上がり、自分の目標に向かって進み続けることができます。

小さな不安に思い悩む人になるよりは、朗らかな人になりたいものでしょう。この記事では、朗らかな人について以下の点を解説していきます。

この記事の内容
・朗らかの意味
・朗らかな人の特徴
・朗らかになるためにはどうすればよいか

朗らかの意味

朗らかという言葉の意味には以下の二つがあります。

朗らかの意味
・心にこだわりがなく晴れ晴れとして明るいさま。
・日差しが明るく空が晴れ渡っている様子

朗らかには人の性格や天候を表す場合があり、人の性格を表すときには「朗らかな人」といういい方をします。

朗らかに似た言葉としては、明るい、晴れやかな、生き生きとした、陽気な、笑顔に満ち溢れた、などがあげられます。

朗らかな人の特徴

空気をよくできるのが朗らかな人の特徴

朗らかな人と聞いたときに1番最初に思い浮かべる印象は、その場の空気を和ませることができる人でしょう。

朗らかな人には老若男女問わず、好感を持たれやすい人が多いです。場の空気を読むのが得意であるため、その場に居合わせた人によって、なごやかな雰囲気を作り出せるためです。

口数が多く、いろんな話をするわけではなくとも、なんとなく話しやすい雰囲気をまとっているのが特徴です。

基本的に自分の自慢話や攻撃的な発言、他人の悪口などが少なく、相手の話をしっかりと聞く姿勢が整っている人が多いです。

朗らかな人は常に穏やか

普通の人なら怒って当然という場面でも朗らかな人は落ち着いて対処します。朗らかな人は自分をしっかり持っているため、多少の誹謗中傷にはびくともしません。

焦ったり、不安定だったり、憤ったり、といった負の感情をコントロールすることができるのも朗らかな人の特徴の一つです。相手のいっていることが、理不尽であっても、まずは受け入れ、その後で自分の意見をいいます。

相手を攻撃するのではなく相手を包み込むように、または諭すように話すため、怒っている方の憤りが一旦おさまることもあるでしょう。普段から笑顔で人に設定している人が多いため、周りから人が次々とよって来ることが多いです。

朗らかな人は明るくて物腰が柔らかい

朗らかな人は、物事や人の発言に対しての受け止め方がソフトです。どんなことをいわれても一旦は丸ごと受け止めて、自分なりの考えや意見を表現します。

表現の仕方は攻撃的ではなく、相手を傷つけないようないい方をします。一緒にいる人は心地がよいでしょう。

人のことを丸ごと受け止めるのは簡単なことではありません。しかし朗らかの人が難なく人を受け入れるのは、自分をしっかりと持っていることに起因すると考えられます。表面的にソフトな印象の人とは異なり、自分の心をしっかりと持っている人が多いでしょう。

何事にもおごったり、人をおとしめたりすることがないため、周りの人から好かれます。

人朗らかな人はによって区別をしない

相手によって態度を変える人は大勢います。しかし、朗らかな性格の人は相手によって態度を変えることをしません。どんな人に対しても、優しさや温かさを持って接し、笑顔で相手を受け入れます。

もちろん、意見が食い違うときは自分の意思をしっかりと示すでしょう。しかし、目的は意見の交換であり、場の雰囲気を壊して相手を嫌な気持ちにさせることはありません。

人によって態度に差がないという点でも、他人からの信頼は厚くなり、人が集まってきます。

朗らかになるための方法

朗らかな人は周りから好かれやすい性格です。せっかくなら、朗らかな性格になりたいと思う人もいるでしょう。

以下では朗らかになるための方法を解説いたします。

朗らかになるために否定的な言葉を使わない

普段、つい愚痴っぽくなってしまったり、否定的な言葉を使いたくなってしまうことがありますが、朗らかな性格を目指すのであれば、否定的な言葉は出来るだけ使わないようにしましょう。

否定的な言葉には以下のものがあります。

否定的な言葉の例
嫌い、嫌だ、苦手、だめだ、でも、無能、バカ、下手くそ

日常的に否定的な言葉を使っていると、脳がマイナスの思考回路を強めてしまうため、ポジティブに物事を考えるのが難しくなってきます。

朗らかな人は、ポジティブな思考を持ち、前向きな言葉を使うため、普段から、否定的な言葉を使うのをやめておきましょう。

自分に厳しく他人に優しく生きれば朗らかな人になる

朗らかな人は他人に対して寛容です。しかし、実際には誰に対しても寛容なのではなく、自分に厳しい人が多いです。

これは朗らかな性格の人は自分をしっかりと持っているためです。いつもニコニコしているため、自分の考えなどはあまりちゃんと持っておらず、周りに合わせていると感じることもあるでしょう。

しかし、自分をきちんと持っているのは朗らかな人の特徴です。自分の考えをしっかりと持っているからこそ、余裕があり、朗らかでいられるでしょう。

自信はあっても過剰ではないため、自分には厳しく、相手には寛容でいられます。

自分が楽しく生きることで朗らかな人になれる

他人に寛容であったり、場の雰囲気を和ませることができるのは、自分自身が人生を楽しんでいることが前提です。

楽しいと思った仕事をし、行きたい場所に行き、食べたいものを食べ、充実した生活を送っていると人はどんどん脳が楽しいことをやりたいと感じるようになり、さらに人生を楽しむことができます。

自分の人生が楽しいと、相手にも幸せになってほしいという気持ちが芽生え、喧嘩をしたり愚痴をいい合ったりする関係よりも、和やかで明るく楽しい関係を築きたくなります。

上記の理由で、朗らかな人は場の雰囲気を和ませたり、自分自身も明るく快活でいることができます。

朗らかな人についてのまとめ

  • 朗らかとは、晴れやかなさまを表す
  • 朗らかな性格、朗らかな人とは、明るく、笑顔で人当たりの良い人を指す
  • 朗らかな人は常に穏やかで、物腰が柔らかい人が多い
  • 朗らかになるためには否定的な言葉を使わないようにするのが大切である