この記事では宴会芸について解説いたします。

社会人になると宴会芸を披露する機会が訪れることがありますが、その際に何をしたら良いのか分からないという人もいることでしょう。

そこで今回は宴会芸のおすすめや失敗しないためのポイントなどをまとめました。

もし宴会芸を行うことになった際ににしていただけたら幸いです。

一人で宴会芸をするときのおすすめ5選

渾身
場合によっては、一人で宴会芸を行わなければならないということもあるでしょう。

そこでこの項目では、一人で宴会芸をするときのおすすめとして5つご紹介します。

タレントやキャラクターのモノマネ

まずはタレントやキャラクターのモノマネです。

できれば誰でも知っているくらい知名度があり、流行になっているタレントやキャラクターであればさらに受けが良くなるでしょう。

逆に誰も知らないようなマイナーなキャラクターや、一昔前のタレントなどであればあまりリアクションが返ってこないかもしれません。

職場のあるあるネタ

職場のあるあるネタも定番の宴会芸の一つです。

皆が共感できるようなあるあるネタであれば、きっと喜んでもらえることでしょう。

ただし人を中傷したり小馬鹿にしたりするようなネタは厳禁です。

人を不快にさせたり馬鹿にしたりするようなネタは、その場の空気を悪化させるだけでなく今後の人間関係にも影響を与えかねません。

そのようなことがないように、どちらかというとポジティブな内容のあるあるネタをチョイスするのが望ましいでしょう。

ジュースの一気飲み

ジュースの一気飲みはその宴会が一気に盛り上がる芸の一つです。

特に炭酸ジュースであれば刺激が強く一気飲みが難しいので尚更でしょう。

例えば炭酸ジュースであれば、飲み終わった後に早口言葉などをするケースもあります。

大概はむせたりして失敗に終わってしまいますが、それも含めて芸になるということです。

なおお酒の一気飲みはどんなにお酒が強い人であっても大変危険なので、絶対に止めておきましょう。

特技披露

もし宴会場でできるような特技があれば、それを披露するのも良いでしょう。

例えばバック宙やダンス、カラオケや倒立といったものが挙げられます。

普段をする上ではあまり見せる機会がないようなものであれば、意外な一面を披露することができるでしょう。

ただしあまり危険なものや人を巻き込んだりするものはリスクが高いので、避けた方が無難です。

簡単なマジック

簡単なマジックは宴会芸の鉄板ネタです。

マジックネタの専門店や雑貨屋などに行けば、幅広いマジックの道具が売っています。

多少練習が必要なものもありますが、その分宴会での受けは良いです。

ただし前の人しか見えないようなものや、危険を伴うものは止めておいた方が良いでしょう。

二人以上で宴会芸をするときのおすすめ5選

転職 挨拶
同僚や同じチームのメンバーと二人以上で宴会芸をするということもあるかもしれません。

この項目では、二人以上で宴会芸をするときのおすすめを5つ取り上げました。

コンビ芸人のマネ

二人で宴会芸をするなら、コンビ芸人のマネをするのはおすすめです。

できればその年に流行になったような、話題性のある芸人の方が受けが良いかもしれません。

あるいは誰もが知っているような、世代を問わず知っているくらい知名度がある芸人でも良いでしょう。

ただし即興で息を合わせながらやるのは難しいものがあるので、事前に打ち合わせや練習をしておくのが望ましいです。

ヘルメットとハリセン

小道具としてヘルメットとハリセンを使うのも定番です。

例えば二人でじゃんけんなどをして、勝った方がハリセンを持ってもう一人の頭を叩きます。

負けた方はヘルメットを被ってそれを防ぐのです。

ハリセンの方が早ければ頭を叩けますし、ヘルメットの方が早ければ頭を守ることができます。

ヘルメットの方が早かった場合、どちらかがハリセンで頭を叩けるまでそれを繰り返すというわけです。

なおヒートアップしてきても、あたりどころによってはハリセンでも怪我をしてしまうことがあるかもしれません。

そのようなことになると宴会どころではなくなってしまうので、叩く側になってもその強さや場所には気をつけた方が良いでしょう。

二人羽織

二人羽織とは袖に手を通さずに羽織を着た人の後ろから、もう一人が羽織の中に入って袖に手を通し前の人に物を食べさせたりする芸です。

見当違いの動きを楽しむもので、寄席や宴会の余興などでよく演じられます。

一方は手が使えるが前が見えず、もう一方は前が見えるが手が使えないという状態です。

この状態から物を食べるなどの動作を行いますが、前が見えない方が手を動かすので顔に食べ物が当たったりしてしまいます。

それらの滑稽な姿が宴会の場では笑いのネタになるということです。

男性社員の女性メイク

男性社員の女性メイクも、宴会場が盛り上がる宴会芸の中の一つです。

中性的な顔立ちの男性がすれば綺麗な姿になりますし、男性らしい顔つきの方がメイクをすれば滑稽になり盛り上がるネタになります。

またあえてふざけたメイクをすることで、それが宴会場を沸かせることにも繋がるでしょう。

女性がメイクをしてあげるというのも良いですが、男性があえてメイクにチャレンジしてみるという方法も考えられます。

ダンス

二人以上で宴会芸を披露するのであれば、複数人で息を合わせたダンスを選択するのも良いでしょう。

有名になったダンスソングや話題になった曲に合わせた振り付けなどで、なるべく一体感が出せたらとても盛り上がります。

見ている人からは手拍子を入れてもらったりするのも良いかもしれません。

ただしそれなりに事前準備が必要になってくるので、仕事終わりや休日などに集まって練習を重ねることが求められます。

なかなかメンバーの予定が合わなかったりすることも十分に考えられるので、日程に余裕を持たせて練習のスケジュールを組むことが望ましいでしょう。

宴会芸で失敗しないためのポイント

アントレプレナー
普段から披露したりするものではないので、宴会芸をやるのが初めてだったりほとんど経験がないという人も少なからずいることでしょう。

そこでこの項目では、宴会芸で失敗しないためのポイントとして4つピックアップしました。

恥ずかしがらずに全力でやりきる

皆の前で宴会芸を披露するというのは、かなり勇気がいることです。

ましてや一人でやることになれば、大いに緊張してしまうことでしょう。

もしかしたら恥ずかしい気持ちから、中途半端な宴会芸に終わってしまうということがあるかもしれません。

しかしながら、どうせなら恥ずかしがらずに全力でやりきることをおすすめします。

なぜなら全力でやっていると集中力が発揮されて羞恥心が薄れますし、見ている方もその姿勢を見て喜んでくれることでしょう。

短くサクッと楽しんでもらう

あまり長々とやると間延びしてしまい、せっかくの場が興醒めしてしまう恐れがあります。

そのようなことがないように、宴会芸は短くサクッと楽しんでもらうのが良いでしょう。

特に自分だけではなく他の人のネタも後に控えているのであれば尚更です。

他の人との兼ね合いや人数などにもよりますが、どんなに長くても5分から10分程度に収めるのが望ましいかもしれません。

下ネタや内輪すぎるネタは避ける

下ネタや内輪すぎるネタは避けた方が良いです。

下ネタは嫌悪感を示す人が少なからずいますし、場合によってはセクハラになってしまうこともあります。

また内輪すぎるネタはそのネタが分かる人にとっては良いかもしれませんが、それを知らない人にとっては全く楽しめません。

したがって一部の人にしか伝わらないネタではなく、誰もが楽しめるネタを選んだ方が良いというわけです。

すべったときの一言を考えておく

宴会芸は、すべってしまうこともあり得ることです。

そんな場合に備えて、すべったときの一言を考えておくのが良いかもしれません。

そうすればもしもすべってしまったとしても、その後の空気を和らげたり盛り上げたりできる可能性があるからです。

ただし言葉のチョイスを間違うとさらにすべってしまうことがあるので、すべったあとの一言についてもよく考えておいた方が良いかもしれません。

まとめ この記事のおさらい

・一人で宴会芸をするときのおすすめとしては、タレントやキャラクターのモノマネ、職場のあるあるネタやジュースの一気飲み、特技披露や簡単なマジックといったものが挙げられる

・タレントやキャラクターのモノマネは、できれば誰でも知っているくらい知名度があり、流行になっているタレントやキャラクターであればさらに受けが良くなる

・職場のあるあるネタは皆が共感できるようなあるあるネタであれば喜んでもらえるが、人を中傷したり小馬鹿にしたりするようなネタは厳禁

・ジュースの一気飲み、特に炭酸ジュースであれば刺激が強く一気飲みが難しいので一層その場が盛り上がる

・二人以上で宴会芸をするときのおすすめとしてはコンビ芸人のマネ、ヘルメットとハリセン、二人羽織や男性社員の女性メイク、ダンスなどが考えられる

・二人でコンビ芸人のマネをするのは宴会芸のネタとして使えるが、できればその年に流行になったような、話題性のある芸人の方が受けが良い

・二人以上なら息を合わせたダンスを披露するということもできるが、事前に十分な練習が必要になるので仕事終わりや休日などに時間を合わせることが求められる

・宴会芸で失敗しないためのポイントとしては恥ずかしがらずに全力でやりきる、短くサクッと楽しんでもらう、下ネタや内輪すぎるネタは避ける、すべったときの一言を考えておくといったものが挙げられる

・恥ずかしがらずに全力でやりきる方が、集中力が発揮されて羞恥心が薄れるし、見ている方もその姿勢を見て喜んでくれる

・あまり長々とやると間延びしてしまい場が興醒めしてしまう恐れがあるので、宴会芸は短くサクッと楽しんでもらうのが良い