誰でも少しは劣等感を感じることがあると思います。

劣等感とは何なのか、劣等感とコンプレックスの違いは、劣等感の強い人の特徴は何なのか、どんな性格が劣等感を持ちやすいのか、劣等感を克服するにはどうしたらいいかなどが疑問点としてあげられます。

この記事では、劣等感とは、劣等感とコンプレックス、劣等感の強い人の特徴、劣等感を持ちやすい性格などについて解説します。

劣等感とは

劣等感とは、自分が他人より劣っているという感情のことです。

心理学用語では、古典アドラー心理学の創立者であるアルフレッド・アドラーによると、自分の理性と現状評価とがかけ離れているという主観的な感覚になります。

英語では「inferiority feeling」といい、劣後感ともいいます。

劣等感とコンプレックス

日常会話でよく「劣等感」や「コンプレックス」を同じような意味で使いますが、心理学では少し意味が違います。

「劣等感」とは、実際にはそうであるかとは関係なく、自分が人より劣っているとか、自分に価値がないとか、自分は生きている価値が無いなどのネガティブな感情をさします。

一方「コンプレックス」は、怒りや悲しみなどの強い感情や体験、思考が、無意識的に結びついている状態となり、心理学的には少し意味合いが違うのです。

劣等感の強い人の特徴

劣等感の強い人には、以下のようないくつかの特徴があります。

他人の優れた点ばかりに目が行く

劣等感の強い人は、他人の優れた点ばかりが気になり、それだけに目がいってしまいます。自分以外の人の恵まれた点や長所を見つけることが上手いのです。

劣等感の強い人は、それほど気にする必要の無い他人の長所をいち早く見つけ、自分と比較して、自分が劣っていることを強く卑下してしまうのです。

どんな人にも少しは欠点がありますが、このような劣等感の強い人は、そのことが見えていません。

自己評価が低い人の特徴と自己肯定感を高めていくための方法

自分の中に理想がある人

劣等感の強い人の中には、自分に大きな不満を抱えており、高い理想像を持っている人がいます。

理想と現実に大きな違いがあるほど、現在の自分の対する不満が大きくなり、劣等感が生じてしまうのです。

理想があるのは決して悪いことではありませんが、自分が出来ていないことばかりを気にしていると劣等感が強すぎて、自分を苦しめてしまうことがあります。

何でも他人と比較したがる

本来他人と自分は違うものであり、他人と違う部分がその人の個性です。違う部分は決して悪いことではないですが、劣等感の強い人の中には、なんでも他人と比較したがる傾向があります。

他人と比較して、自分の方が優れていない場合には、すぐにそのことに劣等感を感じてしまいます。

また、何でも他人と比較したがる人が近くにいることでも、影響を受けることがあります。親や兄弟、恋人、友人などが何でも他人と比較したがる人である場合、このような人達との会話が劣等感の引き金になっている可能性があります。

あなたはこの点であの人より劣るなどと繰り返し言われると、その点で劣等感を感じやすくなってしまいます。

劣等感を持ちやすい性格

劣等感を持ちやすい性格には以下のような特徴があります。

物事をネガティヴに考える

物事の悪い面ばかりを考え、ネガティヴになってしまう人は、自分のことも悪く考える傾向があります。

他人と比較し、すぐに自分はダメだと思い込んでしまうのです。

完璧主義な人

何でも完璧でないと気が済まないという人も劣等感を持ちやすい性格です。

完璧主義の人は、少しの間違いやミスも許せないので、完璧でない自分に劣等感を抱きやすいです。

理想が高い人

こうあるべきという理想が高い人も劣等感を抱きやすくなります。

理想どおりでない自分に対して劣等感を感じてしまうのです。

劣等感はなくさずに、劣等感を克服する克服法

劣等感を克服する方法に、劣等感を無くさず、劣等感を克服する方法があります。

人は問題が起こった時、「なぜ」起こったのかを考えますが、「どうしたら」解決できるかを考えるようにしましょう。

「自分が完璧ではないことを認める」という方法もあります。全てが完璧な人はいませんので、こうすることで劣等感が克服できるのです。

また「自分と物事を分けて考える」ことも必要です。何かができないと自分自身を自己否定してしまいますので、問題とあなた自身を分けて考えるようにしましょう。

そして「他人のためになることをする」ようにしましょう。劣等感は人と比べて自分が劣ると思った場合におこります。他人のために貢献したいと考えれば、劣等感を感じることはなくなるのです。

また、劣等感が強い方で転職を目指している方は転職エージェントに相談してみる方法もあります。

マイナビAGENT 転職活動のはじめ方

劣等感に関するおさらい

劣等感に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 劣等感とは、自分が他人より劣っているという感情のこと
  • 劣等感とコンプレックスは同じような意味だが、心理学的には少し違う
  • 劣等感を持ちやすい性格に、ネガティヴ、完璧主義、理想が高いなどがある
  • 劣等感を克服する方法として、自分が完全でないことを認める、自分と物事を分けて考える、他人のためになることをするなどがある