世の中にはデリカシーがないと感じさせる人がいます。デリカシーのない人と一緒にいるとストレスを感じることが多いでしょう。

この記事では、デリカシーの意味、デリカシーがない人の特徴、デリカシーがない人がよくいう発言について解説します。この記事を通してデリカシーのない人の発言の傾向をつかむことで、ストレスを回避するための対策を立てることができるでしょう。

デリカシーの意味は気配り

デリカシーとは、気配りや心配り、感情の繊細さという意味です。

「あの人はデリカシーがない」などとよく使われ、気配りや心配り、感情の繊細さがなく、相手のことをあまり配慮しない言葉や行動をとってしまう意味で使われることが多いでしょう。

デリカシーがないということは、無神経と似ており、主に男性から女性または女性から男性など、異性の発言に対して使われることが多いです。

デリカシーがない人の特徴

デリカシーがない人にはいくつかの特徴があります。

周りの空気を読まないのはデリカシーがない人の特徴

デリカシーがない人は、周りの空気を読まないで心無い発言をしてしまいます。

周りが落ち込んでいる人を慰めている中で、場の雰囲気を読むことをせず、相手を更に落ち込ませるようなことをいってしまいます。

みんなが一生懸命がんばっている中で、やる気がない発言をすることもあるでしょう。

人の見かけに関する話をするのはデリカシーがない人の特徴

人は自分の見かけに関してなんらかのコンプレックスを持っている人が多いです。デリカシーのない人は、他人のコンプレックスを刺激するようなことを躊躇なく話題にしてしまいます。

太ったとか背が低いとか肌が荒れているなど、人が気にしていることを平気で口にしてしまいます。ほめる内容であればよいですが、デリカシーのない人は容姿をけなす発言をしてしまうこともあるでしょう。

決めつけや押しつけが多いのはデリカシーがない人の特徴

デリカシーがない人は、物事を決めつけで発言することが多いです。

これはこうあるべきとか、こうでなければならないとか、こうしろなどと自己中心的な発言をしてしまうため、相手の意見を聞くことがなく、みんなで違う話をしていても自分の話ばかりをしてしまう傾向があります。

また、デリカシーがない人は、相手に何かをするにはタイミングや相手の感情が重要だということを理解していないことが多いため、相手の意向や意志を確認することなく、勝手な発言を押し付けてくることもあるでしょう。

デリカシーがない人がよくいう発言

人の悩みを分類するHARMについて発言する

人の悩みはHARMに分類できますが、デリカシーのない人は、何気なくHARMに関する失礼なことを発言してしまいます。

人の悩みを分類するHARM
・Hは、Health(ヘルス)健康のこと
・Aは、Ambition(アンビション)将来のこと
・Rは、Relation(リレーション)人間関係のこと
・Mは、Money(マネー)お金のこと

人はHARMを、心の深いところでたえず気にしています。心の問題に土足で踏み込んでくるのは、大変嫌なものでしょう。

健康や病気のことは、人に聞かれたくないセンシティブな情報です。人間関係のことも他人からはなかなか分からないものであり、いきなり具体的なお金のことを聞くのもタブーです。

デリカシーのない人の具体的な発言

デリカシーがない人がよくいう発言には、以下のものがあります。

デリカシーがない人の発言
「元気ないね」
「老けたね」
「少し太ったね」
「まだ結婚しないの」
「子どもはまだ出来ないの?」
「このごはん不味いね」
「年収はどれくらい?」
「貯金はどれくらいあるの?」

デリカシーに関するまとめ

  • デリカシーとは、気配りや心配り、感情の繊細さという意味
  • デリカシーがない人の特徴に、「周りの空気を読まない」
  • 「人の見かけに関する話をする」「決めつけが多い」がある
  • デリカシーがない人がよく言う発言には、HARMに関することが多い