インスピレーションの一般的な意味とは

インスピレーションとは直感的なひらめきを意味しています。熟考したうえで考えついたことではなく、まさに、ひらめいたという言葉がぴったりな状態を指します。ひらめいた内容はプラスの価値があるものだという特徴もあげられます。

インスピレーションのビジネスシーンの意味

ビジネスの場でインスピレーションと使われるときは、そのひらめいた内容がビジネスに役立つものだという特長があります。つまり、ビジネスアイデアに近い意味合いになることが多くなります。ただし、そのアイデアを瞬時に思いついた状態を指しています。

インスピレーションの使い方と例文

セミナーの効用を考える場で
セミナーに参加し、優秀な講師の話を聞いていると、いろんなインスピレーションが湧くものだ。インスピレーションに富むセミナーには積極的に参加するべきだ。
同僚、上司、部下との会話で
君は知識も経験も豊富だから、君と話していると、次々とインスピレーションが湧くよ。
読書の効用を考える場で
読書をすることで、いろんな知識が吸収できるとともに、自分のビジネスに生かせるアイデアを思いつくこともある。つまり読書はインスピレーションを引き出すのに最適な行動である。