ファシリテーション 意味とビジネスで使う場面

一般的な「ファシリテーション」の意味は、英単語の意味から「促進すること」「物事を楽にする・容易にすること」、つまり“簡易化”の意味合いがあります。

今では、ビジネスシーンにおいても、話し合いや会議だけでなく、プロジェクトや活動などそのものがスムーズに、または効果的に進むよう支援すること「ファシリテーション」と言い、その支援をする人のことを「ファシリテーター」と呼びます。

ビジネスパーソンのファシリテーションの基本
ビジネスは、チームワークを大切に協力しながら目的を達成していきます。目標に向かって、チームが創造的で活発な活動を継続するために、ファシリテーションが必要になります。
組織で働くビジネスパーソンにとっては、リーダーシップ能力とコミュニケーション能力を発揮し、チームのよきファシリテーターになることが、目標達成への近道になります。

ファシリテーションの4つのポイントとコツ

非効率で無駄なミーティングばかりすることは、逆にチームの士気を低下させます。効率的にするための4つのポイントをまとめます。

① 会議の“場”をつくる
会議の目的を明確にするとともに、のちの活発な意見交換のためにも緊張をほぐすこと=アイスブレイクも大切です。

緊張をほぐすアイスブレイクには、似顔絵自己紹介や他己紹介などがあります。

② 意見を受け止め、引き出す
メンバーから自由な意見を聞き出し=ブレインストーミング、合意したり質問したりしながら、意見の意味を掘り下げていきます。

ブレインストーミングとは、意見を批判せず、自由に、とにかく量を出します。他人の意見から連想して、自分の意見を結合、新しく出すやり方です。

③ 意見を整理して、絞り込む
目的にあった意見をロジカルに整理、採用するものを絞る込みます。絞り込む自信がない時には、バタフライテストも一つの手法です。

バタフライテストとは、チーム全員で意見の評価と選択をしてしまう方法ですが、ひとり一つ選択するのではなく、いくつかを評価、選択するとより効果的です。

④ まとめる
まとめて、さらに全体を振り返るのがポイントです。

ポイント②と③を繰り返すことで、チームの意見をブラッシュアップしていけます。

例文

・ファシリテーターには、場を作り上げるスキルもかなり重要です。

・ファシリテーション能力を磨くのに、『ザ・ファシリテーター』という本がおすすめです。