ビジネスシーンでは「見る」の敬語を使う機会が多々あります。気づかずに間違った敬語を使い続けていることもしばしば。間違った敬語は相手に不快感を与えるだけではなく、信用をなくしてしまう原因にもなります。ここでは「見る」の謙譲語、尊敬語、丁寧語の使い方と、ビジネスメールで使える例文をご紹介していきます。


「見る」の謙譲語とは?

「見る」の謙譲語は「拝見する」です。自分側の行為をへりくだって伝えることにより相手に敬意を表す謙譲語Ⅰに該当します。

「拝見する」で使ってしまいがちな表現が「拝見させていただきます」です。「拝見する」と「いただきます」はどちらも謙譲語Ⅰなので、二重敬語となります。もし「させていただく」を使用したい場合は、「見せていただく」とするのが適切です。

二重敬語は敬語を多用し過ぎてくどい印象を与えてしまいます。また「させていただく」は相手の許可が必要な場合などに使う言葉です。何も頼まれていないのに使うと嫌味に聞こえてしまうので注意しましょう。

謙譲語Ⅰ・謙譲語Ⅱについてはこちらが参考になります。
「行かれる」「行ってください」正しい敬語は?「行く」の正しい敬語表現と例文

一般的には「拝見します」または「拝見いたします」と使います

「拝見いたします」は誤った表現なのでは?という見解もあります。しかし「拝見する」は謙譲語Ⅰ、「いたす」は謙譲語Ⅱ(丁重語)と異種の組み合わせで、あながち誤りとも言いきれません。幅広く浸透している言葉なので、その場に応じて柔軟に使用していくといいでしょう。

「見る」の謙譲語の例文集

送付いただいた資料を拝見しました。
契約書を拝見いたしました。
資料を拝見してもよろしいでしょうか?
先日の見積書を見せていただいてもよろしいですか?

「見る」の尊敬語とは?

「見る」の尊敬語は「ご覧になる」です。「ご覧になる」の方が「見られる」よりも丁寧な表現となります。尊敬語なので目上の人の行動に対して使用します。間違っても自分の行動に対して使わないように注意して下さい。

「ご覧になる」で間違いやすい表現が「ご覧になられる」です。これは「ご覧になる」と尊敬の助動詞「れる」「られる」が組み合わさった二重敬語です。
「ご覧になる」はそのままで適切な敬語表現です。丁寧にしようとして過剰な表現を付け加えないようにしましょう。

「見る」に尊敬の助動詞「れる」「られる」を付けた「見られる」も尊敬語ですが、少々誤解を招きやすい表現です。

例えば「添付の見積書を見られましたか?」という表現は、

見積書を開くことができましたか?
見積書の中身をご覧いただけましたか?
誰かにのぞかれましたか?

など相手によって様々な解釈をされてしまいます。
そのため尊敬語を使いたいのであれば、誤解を与えずに済む「ご覧になる」を使うのが賢明です。

「見る」の丁寧語とは?

「見る」の丁寧語は「見ます」です。
丁寧語は同僚や部下などに使う表現で、取引先や上司など目上の人に使うには適切ではありません。目上の人に対しては謙譲語、尊敬語を使うようにしましょう。

「見る」の尊敬語の例文集

明日カタログを持参いたしますのでぜひご覧ください。
詳細は添付の資料をご覧くださいませ。
先日ご送付した見積書はご覧いただけましたか?

まとめ

「見る」の謙譲語は「拝見する」
ポイント:自分側の行動に対して使用する。
「拝見します」「拝見いたします」が一般的な使い方。
「拝見させていただく」は二重敬語なので避ける。
「見る」の尊敬語は「ご覧になる」
ポイント:目上の人の行動に対して使用する。
「ご覧になられる」は二重敬語なので避ける。
「見られる」は誤解を招きがちの表現なので注意する。
「見る」の丁寧語は「見ます」
ポイント:同僚や部下などに使用する表現なので、目上の人には謙譲語と尊敬語を使う。

きちんと敬語を使おうと意識するあまり、敬語を多用し過ぎてまわりくどい言い回しをしていることは意外と多いものです。謙譲語と尊敬語、丁寧語はどんな時に使うのか、本質を理解しながらシンプルに敬意が分かるような表現をできるようになりましょう。

関連するおすすめ記事

「ご確認ください」のメールでの使い方とビジネスにおける例文、類義語

これまで考えてもみなかった企業や業界からスカウトが届き、話を聞けば視界が大きく広がる!