この記事では、「チャネル」の意味や使い方、マーケティング用語、類語、英語表現について考察します。

ビジネスシーンで「チャネル」という言葉を聞いたことはありませんか?特にマーケティングの分野ではよく使われる用語ですが、その意味を正確に問われると不安になる人も多いはずです。

「チャネル」は、さまざまな分野で使われている言葉です。この記事を通して、「チャネル」の正しい意味や使い方を理解して、社会人としてのスキルアップにつなげてください。

「チャネル」とは


「チャネル」は、主にマーケティング用語として使われることが多く、「伝達経路」「媒体」などの意味になります。

「チャネル」の語源

「チャネル」の語源は、英語の「channel」です。ラテン語の「channel」が語源で、本来は水を導く「導管」の意味です。そこから、「水路」「運河」「海峡」の意味になり、さらに「手段」「ルート」「周波数帯」などに発生していきました。

「チャネル」と「チャンネル」の違い

結論から言えば、「チャネル」と「チャンネル」は同じ意味です。どちらも英語の「channel」で、発音の仕方が異なるだけです。日本で一般的に使われるようになったのは、テレビが普及した頃からです。

当時のテレビは局を切り替える時はダイヤルを回していました。「チャンネルを回す」などと言い、放送局の周波数帯の意味で「チャンネル」という言葉を使っていました。高齢者のほとんどは、「チャンネル」と言えば、テレビをイメージするはずです。

その後、デジタル化が進み、インターネットやLANなど通信形態が大きく変わり、従来のテレビのイメージが強い「チャンネル」という呼び方よりも、英語に近い発音の「チャネル」を使うようになりました。

つまり、従来の放送形態と区別するために、「チャネル」が一般的に使われるようになったと言われています。

マーケティングにおける3つのチャネル


マーケティングにおける意味の「伝達経路」には、大きく「販売チャネル」「流通チャネル」「コミュニケーションチャネル」の3つのチャネルがあります。

販売チャネル

「販売チャネル」は、実際に商品を販売する場所のことです。消費者から見れば、商品を購入する場所です。かつては、実際の店舗でしか購入することはできませんでしたが、今はECサイトなどさまざまな販売チャネルが存在しています。

販売チャネルが多様化することで、ビジネス自体の在り方も大きく変化しています。

流通チャネル

「流通チャネル」は、メーカーから消費者へ商品を届けるための「流通手段」のことです。流通チャネルには4つのパターンがあります。ひとつは、直接メーカーから配送される「直販」。二つ目は、メーカーから小売店に配送されるパターン。三つ目は、メーカーから卸売業者、卸売業者から小売店に配送されるパターンです。

さらに、卸売業者から二次卸売業者を経由して小売店に配送されるパターン。経由する業者が多ければ、当然コストも高くなります。

コミュニケーションチャネル

「コミュニケーションチャネル」は,企業から消費者に情報を伝える経路のことです。いわゆる情報媒体のことで、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌などがこれに当たりますが、現在は、Webサイトやメルマガ、SNSなども重要なコミュニケーションチャネルです。

さらに、イベントやキャンペーンなども有効なコミュニケーションチャネルとして考えられます。

「チャネル」のビジネス上での使い方

できる仕事がない
ビジネスにおいてマーケティングは必要不可欠なもので、「チャネル」という表現はさまざまなビジネスシーンで使われています。ここでは、ビジネス上での使い方をいくつか紹介します。

販売チャネルの例文
・商品のインフルエンサーを意識した新しい販売チャネルの構築が必要です。
・今回のテスト販売の成功を契機に、販売チャネルを拡大しましょう。
流通チャネルの例文
・卸業者を経由した流通チャネルだけでは、消費者のニーズに応えられません。
・今回の提携は、流通チャネルの効率化をはかる目的もあります。
コミュニケーションチャネルの例文
・人気ユーチューバーもコミュニケーションチャネルとして考えられます。
・従来の広告媒体だけをコミュニケーションチャネルにするには限界があります。

「チャネル」に関連するマーケティング用語

アントレプレナー
マーケティングに対する考え方は日々進化しています。「チャネル」に関してもひとつのチャンネルを超えた新しい考え方の用語も登場しています。

クロスチャネル

「クロスチャネル」とは、ひとつのチャネルだけでなく複数のチャネルを使い顧客との接点を横断的にする状態です。例えば、同じ商品を店舗だけでなくサイトなどからも購入できるもので、在庫状況なども店舗と連携して把握できるような仕組みになっています。

消費者には買いやすく、売り手側には販売活動が効率的におこなえるのが大きなメリットです。

オムニチャネル

「オムニチャンネル」は、クロスチャンネルをより総合的した仕組みです。「オムニ」とは英語の「omni」で「すべて」の意味です。例えば、店舗とサイト共通でポイントが使えるなどより幅広いサービスの提供を可能にします。

さらに、SNSなどを利用して個人のニーズや傾向に合った総合的な販促活動ができるのも大きなメリットです。

マーケティング以外で使われる「チャネル」の意味

進捗
「チャネル」は、マーケティングの分野だけでなく、さまざまな分野で独自の意味として使われています。

IT用語の「チャネル」

IT業界で使われる「チャネル」は、「データを伝送する経路」のことです。主にコンピューター本体と周辺機器などとの間でデータのやりとりをおこなう経路のことを意味します。

生物学用語の「イオンチャネル」

細胞膜などの生体膜における情報伝達の役割をするタンパク質を「イオンチャネル」と呼びます。ナトリウムイオン、カリウムイオン、カルシウムイオン、塩素イオンなどそれぞれのチャネルがあります。

FX用語の「チャネルライン」

相場の傾向を分析する「トレンドライン」の高値と安値のそれぞれをパラレルに結んだ線のことを「チャネルライン」と呼びます。トレンドの方向性や強さなどを分析するのに有効なチャート分析方法として活用されています。

「チャネル」の類義語と例文

蓋然性
マーケティングで使用される「チャネル」の類語には、「経路」「媒体」「ルート」などが考えられます。

経路(けいろ)
通っていく道筋。通る順番。

例文
・今回のようなトラブルを予防するために、流通経路の見直しが必要です。

媒体(ばいたい)
一方から他方へ伝える仲立ちとなるもの。伝達手段。

例文
・若年層のマーケティングにおいて、SNSなどの媒体を無視することはできません。

ルート
決まった道筋。経路

例文
・売り上げ拡大のためには、販売ルートの見直しが最優先課題です。

「チャネル」の英語表現

訴求力
「チャネル」は、もともと英語「channel」ですから、英語表現においても「channel」を使います。

・It takes time to develop a new sales channel.
 新しい販売チャネルを構築するには時間がかかります。
・We found a new distribution channel through a European partner.
 私たちはヨーロッパの提携会社を通じて新しい販売チャネルを見出しました。

まとめ この記事のおさらい

  • 「チャネル」は、主にマーケティング用語として「伝達経路」「媒体」などの意味。
  • 「チャネル」と「チャンネル」はどちらも英語の「channel」で同じ意味です。
  • マーケティング用語の「チャネル」には、「販売チャネル」「流通チャネル」「コミュニケーションチャネル」の3つがあります。
  • 「チャネル」に関連するマーケティング用語、「クロスチャネル」「オムニチャネル」。
  • IT用語の「チャネル」、生物学用語の「イオンチャネル」、FX用語の「チャネルライン」などの用語もあります。
  • 「チャネル」の類語は、「経路」「媒体」「ルート」。
  • 「チャネル」の英語表現は、「channel」です。