エモーショナル 意味とビジネスで使う場面

「エモーショナル」は、英語の「emotional」の意味”感情的なさま、情緒的なさま“で使われるのが一般的でしょう。
「エモーショナルな場面」とか「エモーショナルな言動」などと使われます。

ビジネスシーンでは、「エモーショナル」を含むマーケティング用語、マネジメント用語があります。

エモーショナル・ボンディング

「エモーショナル・ボンディング」とは、“顧客とブランドとの間に築かれた感情的な絆”のこと指します。
顧客を中心に考えて、その企業と顧客が関係を創造しながらマーケティングに活かす、リレーションシップ・マーケティングがあります。その過程で、企業がうまく顧客の心を取り込み、関係を深めると「エモーショナル・ボンディング」が生まれます。

エモーショナル・アピール

“広告コピーやDM、キャンペーンなどが、人々の感情に訴えるように作成されている広告のタイプ”のことを言います。
消費者の心理的、社会的、または感情的ニーズに訴えることが目的です。愛情やユーモアなどポジティブな感情だけでなく、嫌悪や心配などネガティブな感情に訴えることもあります。
エモーショナル・インテリジェンス(EQ)
IQ:知能指数に対して使われる、EQ(Emotional Intelligence Quotient):心の知能指数は、リーダーシップにおいても大切な要素だとされています。
重要性を説いたアメリカの心理学者、科学ジャーナリストのダニエル・ゴールドマンによると、リーダーに必要なEQの4つの要素は、「自分の感情を知る・自分の感情をコントロールする・相手の感情を知る・相手の感情に合わせる」ことだとされています。

エモーショナルの例文

・エモーショナルな言動は、会社の人間関係を複雑にすることがある。

・長年愛用する顧客が多いブランドは、強いエモーショナル・ボンディングを構築している。

・EQの重要性を説いたダニエル・ゴールドマンは、「最も影響力のある経営思想家」トップ50人に選ばれてた。