転職サイト

30代の転職は景気がよいといわれます。ですが実際に転職しようと思うと、分からないことや悩む事も多いでしょう。

ここでは、30代の転職に大切な理由について、失敗する転職理由や30代前半と後半の転職活動でのポイントの違い、30代の転職に重要な自己分析の仕方について解説していきます。

30代の転職は理由が大切

転職しようと思ったときに本当に必要かよく考えることが大切です。30代、特に前半での転職は、転職癖がついてしまうことが多い時期といわれているので、なおさら理由が大切になります。

本来の30代の転職は、キャリアアップや将来の計画などポジティブな理由が多いです。そのため30代はいい機会でしょう。

しかし、過労やストレスで病気になってしまったり、過労死しそうな状況でない限り、ネガティブな理由での30代の転職はよい結果には結びつかないことが多いでしょう。

30代の転職で失敗する転職理由

30代で転職し、転職癖に結びついてしまうような転職失敗には、理由に原因があります。

ネガティブな理由で転職を決める人も少なくありませんが、原因となる理由が、単純に転職で解決されるものでないことが失敗につながる多くの理由です。

たとえば、職場の人間関係が悪いのが転職しようと思うきっかけだとします。転職する前に、関係をよくしようと、行動を起こしたでしょうか。転職先での人間関係が、かならず今よりもよい保証はありません。

転職活動の際に、たてまえの転職理由を述べると、採用担当者に見抜かれる可能性もあります。転職では、退職理由は重要な判断要素です。

仕事内容に不満があるならば、本当に転職先に考えている会社で、自分が求めているものがありますか? 仕事の内容の何に不満なのか、もう一度考えてみることも必要でしょう。

とにかく短期間でもよいからリフレッシュしたいと思っている場合、転職までして叶える必要があるかを疑うことも必要です。

仕事の帰りが遅い、休日が少ないなどで家庭で問題を抱えて転職を考える場合、家族に相談してみましょう。 転職には、家族の理解が必要です。

ネガティブな理由は、転職でなければ解決できないことなのか、よく考えましょう。

30代の転職では求めることに優先順位をつける

30代でネガティブな理由でも、どうしても転職を冷静に決めた場合、転職に際して求める条件に優先順位をつけて転職先を探しましょう。

場合によって、30代の転職で年収がダウンしたり、今の仕事よりもランクダウンしたところしか見つからない場合もあります。覚悟のうえで、あらかじめ譲れない条件をはっきりさせておくとよいでしょう。

条件とは、年収、勤務地、労働時間、勤務地、仕事内容、企業の社会的地位、安定性、スキルアップの可能性などが考えられます。

30代前半での転職活動のポイント

転職理由をあらためて考えてみて、それでも転職をきめた場合、30代でも前半と後半で転職活動のポイントが違います。

まずは、30代前半の転職のポイントをまとめます。

30代前半では未経験、異業種への転職もまだ可能

まだ可能というよりも、年齢的には最後のチャンスといってもよいでしょう。
本来であれば、30代までに仕事のやり方を覚えて、マネジメント経験を積んでいく時期にあたります。

そこからの未経験への挑戦はハードルがあがります。ですがポジティブでしっかりとした将来設計のもとの転職であれば、受け入れてもらえる可能性があります。

ただし、困難であることは念頭に置いておきましょう。熱意と将来設計だけでなく、関連する資格を持っていれば、有利になるでしょう。

30代前半はマネジメント経験があると転職に強い

30代前半の転職にかならず必要な要素ではないものの、マネジメント経験があれば転職にプラスになるでしょう。

どんな仕事内容で、何人のチームを担当し、達成したことを具体的に、できれば数字の成績をあげて、職務経歴書に書いておきましょう。面接での自己PRでのアピールも忘れずにしましょう。

30代後半での転職活動のポイント

30代後半の転職は30代前半とはまったく違います。
一般的には、マネジメント層になり会社の中核を担うのが30代後半の人材です。

また、35歳を過ぎると、ヘッドハントでない限り、満足のいく転職は難しいともいわれているのを覚えておきましょう。

30代後半では未経験、異業種への転職は避ける

30代後半での転職では、採用側は幹部候補・次期リーダー候補になる人材をさがしています。
経験やスキルだけでなく、人脈を求められることもあります。それゆえに、未経験や異業種への転職は、転職自体を考え直した方がよい場合もあります。

どうしても転職したい未経験の業種があるならば、先に採用に有利な資格を取得してから転職活動をする方法もあります。

30代後半はマネジメント経験がないと厳しい

実力勝負の専門職でない限り、マネジメント経験がないと転職が難しくなってくるのが、30代後半です。

マネジメント経験がない中での転職活動なら、年収ダウンやキャリアダウンを考えてみましょう。一度転職活動してみて、現実を確認してみるのもよいかもしれません。

高望みしなければ、転職先はあります。自分の年代に見合った転職ができるか、実感してみましょう。実感することで、気持ち的にも転職活動的にも変わることができるかもしれません。

30代の転職は自己分析が大切

30代の転職では、採用側は即戦力を期待しています。それゆえに、希望に合った転職先を見つけるには、志望動機でも面接でも、しっかりした自己分析が重要です。自己分析は客観的であることが第一の条件です。ですがなかなか難しいものです。

そんなときには、ビジネスフレームワークの「SWOT分析」で自己分析をするのがおすすめです

本来は、ビジネスにおける目標達成のための意思決定のときなどに使われます。

外部環境、内部環境からの強み (Strengths)
弱み (Weaknesses)
機会 (Opportunities)
脅威 (Threats)

の4つのカテゴリーに分けて分析します。

これを、自分の組織に貢献できる特徴=強み、貢献の障害になる特徴=弱み、組織に貢献するための外部的な特性(どんなところで貢献できるか)=機会、その生涯になる外部特性=脅威に当てはめてみましょう。

あくまでもひとつの手法ですが、自分自身を見つめ直すのに有効です。

30代でする転職についてのまとめ

  • 30代の転職は理由が大切で、緊急性のある理由でない限り、キャリアアップや将来設計などのポジティブな理由の転職を考えましょう。失敗しやすい転職理由はネガティブな理由で、かならず転職で解決できるとは限りません。転職先を探すときには、求める条件に優先順位をつけて探すのがおすすめです。
  • 30代前半と後半では、転職活動のポイントが違います。30代前半は、未経験、異業種への転職もまだ可能で、マネジメント経験があると強みになります。対して、30代後半では、未経験、異業種への転職は避けるべきです、そしてマネジメント経験がない場合は厳しいでしょう。
  • 30代の転職活動には、自己分析が大切です。ビジネスフレームワーク「SWOT分析」を活かした自己分析がおすすめです。

 

30代での転職には厳しい問題も多いです。しかし転職についての知識を集めることは、技術にもつながるでしょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェントは以下のとおりになります。

BIZREACH(ビズリーチ)

リクルートエージェント

DODA

それぞれの特徴を申し上げると、はじめに管理職クラスならBIZREACH(ビズリーチ)・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

BIZREACH(ビズリーチ)ならFecebookでの登録も可能なので、気軽に始めることができるからです。自分は管理職、かつ気軽に転職を始めたい場合は強くおすすめします。

BIZREACH(ビズリーチ)

フェイスブック登録や気楽に転職活動を始めたい方はSwitchというサービスがあります。

これはご自身のフェイスブックプロフィールを登録し、企業からオファーを待つ仕組みです。

イイネ!のやりとりで始まる転職、時間におわれている方は転職のSwitchを利用してみてはいかがでしょうか。

転職のSwitch

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

リクルートエージェント

DODAは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はDODAがおすすめです。また、DODAの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またDODAには各業界の年収を知ることができるページもございます。簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

DODA平均年収ランキング

DODA