短気は損気という言葉が示す通り、性格の特徴を示す1つの言葉として使われる「短気」は少しネガティブな要素を含んでいます。短気な人はどのような特徴があり、どう対処していけば良いものかを解説していきます。

自身が短気だと感じる人は、人にどのように思われているかを客観的に知ることで、欠点を長所に変えるように意識してみましょう。

短気とは

短気とは、忍耐力がなくすぐに感情的になったり、物事に短期間で飽きてしまう性格のことを意味します。性格の説明をする時は、短気は短所として扱われるケースが多いものです。

ゆったりと時間をかけることが苦手な人は短気だと言えるでしょう。

短気な人の5つの特徴

短気な人には気が短いだけでなく、他にも5つの特徴が挙げられます。全てに当てはまらないケースもありますが、ほとんどの場合に以下の5つの特徴が見られます。

プライドが高い

プライドが高く傷つきやすいため、周りの人から意見や態度を否定されることを嫌います。

批判されると自分の評価が下がったように感じ、自分を守るために怒ったり、相手に批判的な言葉を投げかける傾向があります。冗談で批判的なことを言われた場合でも、正面から受け止めてしまい、自分が否定されたように感じてしまうこともあります。

神経質な人が多い

細かいことを流すことができず、小さなことでも気になってしまう神経質な面があります。

そのため、他人の欠点が目についたり、物事の完璧でない部分が目に付きそれが気になってしまいます。神経質であるがゆえに、些細なことにも気が付いてしまい、常にイライラしています。

理屈に合わないことが苦手

短気な人は「自分のルール」があることが多いです。自分が決めた「○○はこうあるべき」というルールに当てはまらない時は、それを認めることができません。

自分がこうだと思ったこと以外は理屈として通すことがなく、間違った意見として認識するので、批判的な言葉を投げかけてしまうことにつながります。

精神的に不安定

心に余裕がなく、ゆったりとした気持ちで過ごせない短気な人は、常に心の端ギリギリの場所にいるような状態です。

些細なことで爆発的に怒ったり泣いたりを繰り返してしまいます。性格を理解していない人から見れば、非常に情緒不安定な人に見えてしまうかもしれません。

理想が極端に高い

短気な人がイライラしがちな理由には、常に理想を持っているということが挙げられます。

理想が高く、それが実現されにくいため、自尊心が傷つけられたり、うまくいかない現実に感情を爆発させてしまうのです。

短気な人に対する対処法

家族や会社の同僚に短気な人がいる場合は、対処する時にコツをつかんでおくとスムーズな人間関係が築けます。

短気であることを受け入れ認めてあげる

短気な相手を変えようと思っても疲れるだけで、相手を変えることは難しいでしょう。

相手が短気であるとあらかじめ受け止めておくことで相手の急な感情の変化に驚くこともありません。

適度な距離感を保つ

親身になりすぎると、イライラしている相手をなだめてあげようという感情が働き、必要以上に気にかけてしまうことになります。

適度な距離感を持ち、短気な人がイライラしている時はそっとしておくことも必要です。

程よく褒めてあげる

自尊心やプライドが高い割に思い通りに行かないと感情を爆発させてしまうタイプは、実は繊細で自分に自信を持てないタイプも多いです。

程よく褒めて、相手の存在を認めて上げることで相手は満足しイライラが治まることがあります。

理屈が通った説明をする

短気な人を納得させるには、建設的な話し方で理にかなった説明をすると効果があります。話しベタな人は、あらかじめどのように説明するか頭で文章を組み立ててから説明しましょう。

あやふやな回答や理屈が通っていない返事、分かりにくい説明などは短気な人には耐えられず、「結局何が言いたいの!?」とより一層イライラさせてしまいます。

短気な人の強み

短気は短所だと取られがちですが、言い替えると、短気な人だからこその強みがあると言えます。

些細なことにも敏感に対応できる

短気な人は非常にデリケートです。

小さな変化を見逃さないアンテナを持っていることが多く、些細な変化にも気が付き、敏感に対応することができます。強みとするならば、きめ細かな対応ができると言えます。

仕事の対処が早い

無駄を省いて効率よく動きたいという性質があるため、優先順位やたくさんのことを同時進行したり、要領よくこなすことが得意です。

そのため、いざ仕事に就くと、時間内でいかに効率よく仕事を進めるかということを瞬時に判断できます。結果を先に求める傾向があるため、効率の悪いやり方だと判断したものは即座に中止し、新しいやり方に切り替える順応性があります。

短気な人のいい意味での言い換え方

短所は言い替えると長所にもなるという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。短気を印象良く伝えるにはどのように言い替えることができるのでしょうか。

こだわりが強い人

何事にもこだわりを持って取り組むプロ気質な人と言い替えると、短気は短所ではなく長所になります。

細かなことに妥協を許さない人は多いものです。短気な人はこだわりを持っている人と言い換えましょう。

時間の使い方を常に考えられる人

短気な人は遠回しな表現や効率の悪いやり方を嫌います。

そのため、仕事をする時や家事をする際には、いかに効率よく時間を使うかをポイントに動きます。短気な人が最大限に能力を発揮するのは、限られた時間の中で作業をこなさなければならない時だと言い換えれます。

短気な人の特徴と対処法のおさらい

短気な人は、単純に気が短いというだけでなく、理想やプライドが高く、常に自分の掲げた「~しなければならない」を追い求めるがあまりイライラしているという特徴があります。

程よい距離感を保ち、プライドや自尊心が満足するように、その人の良いところを見つけて褒めてあげると落ち着きを取り戻します。

効率良く動くことを常に最優先にしているため、急ぎの仕事や分担量の多い仕事は上手にこなす人が多いでしょう。短気な人と接する時は、まず相手が短気であることをこちらが理解した上で人間関係を築くとスムーズに物事が運びます。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda