この記事では、「多角的」の意味や使い方、類語、対義語、英語表現について解説します。

ニュースなどで「多角的な経営を繰り広げる」という表現をよく見かけますが、「多角的」の意味を正しく言えるでしょうか?

ビジネスにおいても「多角的」は、よく使われます。この記事を通して、「多角的」の正しい意味や使い方を理解して、ビジネスシーンにお役立てください。

「多角的」の読み方・意味・使い方


「多角的」とは、「多くの方面や部門にわたっているさま」の意味で、「たかくてき」と読みます。
文面で使う場合は、「多角的な〇〇」や「多角的に〇〇する」のような形容した副詞として使う場合が多くなります。

・彼は、幼少時代から多角的に考えることを教育されていたそうです。
・科学者であるなら、ひとつの結果に執着せず多角的に分析することが必須です。
・多角的な見方をすれば、今回の離婚は決して彼の人生にマイナスではないでしょう。

「多角的」の語源

「多角的」の「多角」には、「角が多いこと」「いくつかの方面にわたるさま」の意味があります。さらに、「多角的」の場合、「角」は、単なる「物のとがって突き出した部分」や「隅」の意味だけでなく、「視点」や「立場」のニュアンスが含まれます。

例えば、サイコロをイメージしてください。
サイコロは、1~6の点が刻まれた六面体で、8つの角があります。
仮に、宙に浮かぶ巨大なサイコロの面に立ったとします。1の面の中央に立ったとしたら1の面しか見えません。
では、角に立った場合は、どうでしょうか?角から伸びる3つの面が見えるはずです。

つまり、平面に立った場合は1面しか見えなかった状態が、角に立つと3つの面が同時に見えるようになるのです。
このように角の「視点」や「立場」になることで、見える範囲が大きく変化します。

いろいろな方向から物事を判断したり進行することできるのが、「多角的」なのです。

「多角的」と「多面的」の違い

「多角的」に似た表現に「多面的」があります。この2つの違いはなんでしょうか?

日本国語大辞典では、「多面的」を「多くの方面・部門にわたっているさま」と解説しています。つまり、多面的と同じ意味になっているのです。

では、「多角的」と「多面的」には違いがないのでしょうか?

平成27年の中学校学習指導要領解説社会編では、以下のように説明しています。

『多面的・多角的に考察する』とは、学習対象としている社会的事象自体が様々な側面をもつ『多面性』と、社会的事象を様々な角度から捉える『多角性』とを踏まえて考察することを意味している。

つまり、「多面的」は、社会的な事象のさまざまな側面のことです。
例えば、「明治維新」で考えてみましょう。

明治維新は、士農工商という封建的な社会から日本を近代化に導いた歴史的にも大きな意味がある事象です。
しかし、明治維新にはこのようなプラスの面だけではありません。
日清戦争や日露戦争、さらには太平洋戦争という日本を悲惨な軍国主義に導いた側面もあるのです。

このように事象だけでなく、物事にはさまざまな側面があります。テレビゲームは、「ストーリー」だけでなく、「画面の美しさ」や「操作性」、「音楽」などさまざまな側面があります。ゲームを企画する際には、このような側面を「多面的にとらえる」ことが重要です。

「多面的」の使い方には、以下のようなものがあります。

・彼女は多面的な性格を持っているから、言動には注意しましょう。
・女性アイドルグループが人気な理由には、さまざまなファンの嗜好を多面的にとらえられることがあげられます。
・一部の大企業だけでなく、中小・零細を含めた多面的な支援が求められています。

一方、「多角的」は、サイコロの角のようにさまざまな視点や立場のことで、「多面的な側面」をとらえる方法とも言えます。

「多角的」のビジネス上での使い方


ビジネスにおいても「多角的」は、さまざまなケースで使われます。以下の例文のように「多角的な○○」「多角的に○○する」などの表現はよく見かけます。

・さまざまなニーズに応えるためには、多角的な視点に立った商品開発が求められます。
・バブル崩壊後、多くの企業が多角的な経営で破綻しました。
・伝統にこだわることも大切ですが、時には多角的に考えることも必要です。
・消費者のニーズを多角的にとらえられなければ、業界トップの座は維持できません。

「多角的」の類義語と例文

枕詞
「多角的」の類語には、「多種多様」「種々雑多」「多元的」「色々」「様々」「多彩」などがあります。

多種多様(たしゅたよう)
種類が多く、さまざまであること。そのさま。

例文
・わが社の製品は、多種多様な業界で利用されています。

種々雑多(しゅじゅざった)
いろいろなものが入り交じっていること。

例文
・種々雑多な人たちの意見を聞くことは、新しいアイデアを生み出すためにも大切です。

多元的(たげんてき)
考え方や物事の要素・根源が多くあるさま。

・多元的な価値観を持った社会こそが、民主主義の基本と言えるでしょう。

色々(いろいろ)
異なる事物や状態が数多いこと。そのさま。

例文
・いろいろなクレームの中には、商品開発に参考になるものが少なくありません。

様々(さまざま)
物事がそれぞれ違っていること。そのさま。

例文
・安全な製品を提供するためには、さまざまな状況下でテストが不可欠です。

多彩(たさい)
変化や種類が多く美しいこと。

例文
・今回のイベントは内容よりも多彩な顔触れを集めることに意味があります。

「多角的」の対義語と例文

雌伏
「多角的」の対義語には、「狭量」「近視眼的」「一面的」「集約的」などが考えられます。

狭量(きょうりょう)
ひとつの考えにとらわれて、異なる考えを受け入れられないこと。

例文
・狭量な経営者では、変化の激しい時代で生き残ることはできません。

近視眼的(きんしがんてき)
目先のことにとらわれて、大局が見通せないさま。

例文
・技術者はどうしても近視眼的な発想になりがちです。

一面的(いちめんてき)
考え方や物の見方が、あるひとつの面にかたよっていること。

例文
・彼は非常に保守的で、物事を一面的にしかとらえられません。

集約的(しゅうやくてき)
いくつかのものごとを整理して一つにまとめ上げたさま。

例文
・このような集約的な方法では、使いやすさは追求できません。

「多角的」の英語表現

KJ法
「多角的」の英語表現は、異なった観点という意味の「a different perspective」や様々な観点の「various viewpoints」があります。

・It’s important to see things from a different perspective.
 多角的にものごとをとらえる必要があります。
・It has been investigated from various viewpoints,
その件に関しては、すでに多角的に調査が進められています。

まとめ この記事のおさらい

・「多角的(たかくてき)」とは、「多くの方面や部門にわたっているさま」の意味。
・「多面的」は物事のさまざまな側面のことで、「多角的」は「多面的な側面」をとらえる方法。
・「多角的」の類語には、「多種多様」「種々雑多」「多元的」「色々」「様々」「多彩」など。
・「多角的」の対義語には、「狭量」「近視眼的」「一面的」「集約的」など。
・「多角的」の英語表現は、「a different perspective」「various viewpoints」があります。