「おい、あの案件どうなってる?」「いい案件があるんだけど、どう?」など、ビジネスシーンでよく使われている「案件」という言葉。「あの件」や「例の話」と言うよりも「あの案件」と言った方がビジネスマンらしく、より仕事ができそうなニュアンスなので、とりあえず使っているという人も多いようです。この「案件」には3つの意味があり、それぞれ使い方が異なります。そこでこの記事では、実は複雑な「案件」という言葉について解説します。

「案件」とは(言葉の意味・概要)

「案件」には、大きく分けて3つの意味があります。まず1つ目が「現在、問題として挙がっている事柄(現在進行中)」、2つ目が「今後、調査・審議をすべき事柄(未来形)」、3つ目が「訴訟事件」です。
基本的には、ビジネスシーンで使う時には1つ目の「現在、問題として挙がっている事柄」を指すことがほとんどで、3つ目の「訴訟事件」に関しては、裁判官や弁護士など法律に携わる仕事をしていない限りは使用することはありません。

「案件」は主にビジネスシーンで使う言葉

やはり代表的な場面というと、ビジネスシーンです。会議で議題に挙がった問題について後日話題にする際「先日の案件」「あの案件」などと表現するのが代表的な使い方です。
一方「今後、調査・審議しうる事柄」という意味合いの「案件」は、これから検討する課題に対して未来形で使用されます。具体的には「求人案件」や「案件情報」が代表的です。
この場合、「求人案件」は就職活動の際に検討しうる「募集中の求人」を指しますし、「案件情報」は提示された案件の中から自分が気に入ったものをこれから選ぶ、という未来へ向けたスタンスで使用します。後者はビジネスシーン以外で使用することも可能ですが、実際にはほとんど使われていません。

「案件」を使う際の注意点

「案件」を使う際の注意点は1点のみ!「日常生活で頻繁に使用しないこと」です。

「案件」というとどうしても堅いイメージがある言葉ですので、日常的に使用するには不向き。普段仕事をしている相手に使用すると、プライベートであっても仕事の延長のような…あるいはそうでない相手に使用すると少々カッコつけているような印象を持たれてしまう可能性が大いにありますので、注意が必要です。

そういったことを総合すると、ビジネスマンらしく「案件」と使用するのは、仕事中だけにしておくのが無難です。

「案件」の類義語

一般的な「案件」の類義語としては「問題」「課題」「事例」「タスク」「ミッション」などさまざまなものが挙げられます。どれも同じような意味合いで使用することができますが、いずれにせよビジネスシーンで使用するのが一般的です。

「案件」の例文

【現在、問題として挙がっている事柄】
・「先日の会議で取り上げた例の案件ですが、来週中には必ず返答するようにと取引先から連絡がありました。」
・週末はひたすら案件処理に負われていたが、先週から進行している案件がまだ3件も残っている。
【今後、調査・審議をすべき事柄】
・「大量求人案件アリ!興味のある方は、ぜひご連絡ください!」
・手軽なアルバイトを探していたら、ちょうどいいモニター案件があったので、参加することにした。
【訴訟事件】
・あの案件については、先日やっと示談が成立したところだ。

「案件」を使った英語表現

「案件」を英語で表現すると「item」や「matter」といった単語で表されます。

・We have many items to discuss today.
「今日中に話し合わなければならない案件がたくさんある。」
・We update a job information matter today.
「本日、職業案件を更新致しました。」

まとめ

「案件」には、主に3つの意味があります。それぞれを簡単に表すと「現在進行中の事柄」「これから検討しうる事柄」「訴訟事件」の3つです。3つ目の「訴訟事件」は特別ですが、それ以外はビジネスシーンで使われることがほとんどです。ビジネスマンらしいかっこいいニュアンスですが、プライベートで使用するのは避けた方がベター。「案件」の類義語も含め、日常生活で使うには固すぎる表現となります。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda