この記事では「ずぼら」という言葉の意味やずぼらな人の特徴、ずぼらな人との付き合い方などについて説明します。

ずぼらな性格の意味とは何か

ずぼらとは、行動や性格がだらしないこと、またそのようにする人、と定義されています。
行わなくてはならないことや守るべきことをきちんせず、行動・態度に締まりがないこと、と定義している辞書もあります。
ただしこの「ずぼら」という表現は「だらしがない」よりも愛情がある気がしますね。

「あいつはだらしがない奴だぁ」なんて言われると嫌われているように感じてしまいますが、「あいつはずぼらな奴だなぁ」だとちょっとマイルドになる気がしませんか?

この「ずぼら」という言葉は非常に古くからある言葉であり、江戸時代には常に日常的に遣われていた言葉のようです。

ずぼらの語源は関西の方言で「つるつる」「のっぺり」を意味する「ずんべらぼん」や「ずんぼらぼん」の方言だと言われています。
だらしなく生え散らかしているよりもつるつるの方が手入れが行き届いていてよいイメージもありますが、なぜ「つるつる」だと「行動や性格がだらしがない」という意味になってしまうのか謎ですね。
ただつるつるで引っかかるところがないというのが、お米の相場がズルズルと下がって行ってしまう事を表していたため、そこから派生したのではないか?というのが有力な説とされているようです。

ずぼらの英語表現

「ずぼら」は英語で”sloppy””slovenly””slipshod”と表現されるようです。
「ずぼらな人」は”slovenly person”、「彼は何をやってもずぼらだ」は”He is always sloppy whatever he does”となります。

また「注意力がない」という意味で利用される「ケアレスミス」の”careless”もずぼらの類義語として会話で使われることもあるようです。
この単語を利用すると「あの人はお金にずぼらだ」は”He is careless with money”となります。

ずぼらの類義語

次にずぼらの類義語について見ていきましょう。
ずぼらの類義語には、「だらしがない」「がさつ」「怠惰」「面倒くさがり」などがあります。

・だらしがない
ずぼらと似たような意味を持つ言葉で一番最初に思いつくのが「だらしがない」でしょう。
そもそもずぼらの意味が「行動や性格がだらしがない」という意味がありますから、「ずぼら」と「だらしがない」はほぼ同様の意味があると言ってもよいでしょう。

ただしこの「だらしがない」ですが、「ずぼら」よりもちょっと悪意があるような気がしますね。
「だらしがない」と言われてしまうととても非難されたような気持になってしまうのではないでしょうか?

・がさつ
「がさつ」もずぼらと同じような意味があります。
がさつは「態度や行動に落ち着きがなく荒っぽくぞんざい」と定義されています。
「ずぼら」でなおかつ「がさつ」な素質の人は確かに存在すると思いますが「だらしない」と「落ち着きがない」「荒っぽくぞんざい」はちょっと意味が違いますよね。

「がさつ」の方がよりぐちゃぐちゃで雑な印象があります。

・怠惰
「怠惰」には「すべきことをなまけてだらしがない性格」という意味がありますから「ずぼら」と「怠惰」はとても良く似た意味を持っていますね。
ただし「ずぼら」はちょっとかわいいイメージがありますが、「怠惰」というと「本当にどうしようもない」という意味を含めた冷たい印象を感じてしまいます。

正式な書類や堅苦しい文章に「ずぼら」と記載するわけにはいきませんから、そういった文章に記載するとなると「ずぼらな奴」は「怠惰な人」という表現になるのかもしれませんね。

・面倒くさがり
「面倒くさがり」という表現も「ずぼら」とよく似た意味を持ちます。
ただしもう少しキチンと考えてみると「ずぼら」な人は「面倒くさがり」であることは間違いなさそうですが、「面倒くさがり」な人が必ずしも「ずぼら」とは限りませんよね。

本心では「面倒くさいなぁ」と思いながらも「仕事だからそれじゃだめだ」と思って業務上はキチッとしている人はいそうですね。
いや、社会人はみんな多かれ少なかれそんなものではないでしょうか。
それでなければ会社は回っていきません。

ずぼらな人の特徴1:細かいことは気にしない

ずぼらな人は細かいことを気にしません。何事に関してもざっくりしていて大まかです。
確かにいつもあまりに細かい事ばかりを気にしていては時として仕事に支障をきたすこともありますから、ある程度のずぼらさは必要な時もあるかもしれません。

しかしそれも程度がひどいと問題になります。
私生活であれば自分一人の問題ですから、ある程度ずぼらでもそれほど問題になることはないでしょう。
しかしにおいてのずぼらさは時として致命傷になることがあります。

まして仕事は一人でするものではありません。きっちり仕事をする人から見れば、ずぼらな人は「いい加減で信頼できないやつ」と思われてしまう事でしょう。

ずぼらな人は身だしなみに関してもあまり細かいことを気にしません。
寝癖がついたままで出勤してきたり、髭の剃り残しがあったりもしょっちゅう。
シャツにアイロンがかかってなかったり、スーツがヨレヨレだったりしてもも全く気にならないようです。

ずぼらな人の特徴2:身の回りが汚い

自分のデスクや引き出し、はたまた自宅の部屋が汚いのもずぼらな人の特徴です。細かいことを気にせずにだらしがない性格ですから、自宅をきれいにするのも苦手な人が多いのです。

冬になるとこたつを出す人が多いと思いますが、こたつから出なくても必要なものが全て取れるようにしていたりするかもしれませんね。
面倒くさいからと言って屈まずに足でモノを取るようなことをしていると見かけた人から「このズボラめ!」と言われてしまうかもしれませんよ!

またずぼらな人の中には字が汚い人も多いのが特徴です。
世の中には本当に字がきれいに書けない人もいますが、ずぼらな人はキレイに書こうと思えば書けるにも関わらず、面倒くさいから丁寧に書かないのが特徴的です。
殴り書きしてメモった文章が自分でも後から読めず、必死に解読している事もあるでしょう。
せめて人に見せる書類や共有するものは丁寧に書いたほうが良いと思うのですが、汚い字でも気にしないと「ずぼらな人だなぁ」と思われてしまいます。

ずぼらな人の特徴3:カバンや財布、ポーチの中がグチャグチャ

ずぼらな人は基本的にだらしないので、カバンやポーチの中、財布の中がぐちゃぐちゃです。

カバンの中にはいつどこで食べたのかわからないお菓子やパンのパッケージが入っていたり、ボールペンが何本もでてきたり。
中には「なんでそんなものカバンに入っているの?」と思うようなびっくりするようなものが出てくる事も。
そういった場合、なんでそれが自分のカバンに入っているのか本人も説明できないのですから面白いものです。
カバンがグチャグチャな人は中に何が入っているか把握していないわけですから、大切な書類をなくしてしまったり、ボロボロになってしまうこともしょっちゅうです。

がさつな人は買い物した時でも、なんでもとりあえず財布の中にしまい込みます。
その後整理をしないのでいつ買い物したのかわからないような古いレシートが出てきたり、どこのお店のものかわからないポイントカードが出てきたり。

持ち物を見ればその人ががさつかどうかよくわかります。

ずぼらな人の特徴4:仕事ができない

引き出しが片付けられない人というは思考もグチャグチャで、結果として「仕事ができない人」と言われています。

人間の記憶力は有限であり限られていますが、記憶が上手な人は頭の中で情報を整理して理路整然と記憶の引き出しにしまっています。

そのため、必要な情報を必要な時に一発で引き出すことができるのです。

一方ずぼらな人は記憶の引き出しもきちんと整理できないので、大切な情報もそうではない情報も頭の中で混乱しています。
そのため記憶力も悪く合理的な判断を瞬時にすることができません。

ずぼらな人は時間にルーズな人が多いのも特徴と言えます。だらしがない人は基本的に時間にもだらしがないのです。
ビジネスにおいて時間を守るというのは非常に大切なことですが、自分が時間にルーズなので人を待たせることに対して罪悪感を感じません。
その他にもの返信をしたりしなかったり、大事な書類の締め切り期限を守らなかったりすることも多々あります。

こういった理由により「ずぼらな人は仕事ができない」と判断しても差し支えないでしょう。

ずぼらな人の特徴5:清潔感がない

ずぼらな人の多くは清潔感がありません。

そもそも色々と考えるのが面倒くさいので不潔さが他人にどんな印象を与えるのかなんて考えませんし、面倒くさいからという理由でキチンと歯を磨かなかったり、風呂に入らなかったりは当たり前です。

服装やファッション、身なりにも全く気を遣わないので、や季節感が合わない服を着ていたり、ボロボロでヨレヨレになった服をいつまでも着ています。

その他にもこれまで紹介してきたような、カバンや財布の中が汚い、デスクや身の回りが汚い、時間にルーズ、ムダ毛が残っている、字が汚いなど様々な要素が積み重なって、結果として何とも言えない不潔感が全身から漂うのです。

清潔感というのはビジネスをするうえでとっても大切な要素であり、どんなに賢い人でも清潔感がないと関わりたくないと思うのが人情でしょう。
そうビジネス相手に不快な印象を与えないためにも、清潔感はとても大切です。

多少のずぼらさは許されますが、不潔感が漂うほどのずぼらさは致命傷です。

ずぼらな人とのビジネスにおける付き合い方

一言で「ずぼらな人」といっても程度があります。見るからに「ずぼらだなぁ」と一発でわかる人もいれば、付き合っていくうちに「もしかしてずぼらかも?」と思うようなレベルまで様々です。

もし見るからにずぼらだとわかるような相手であれば、大切な仕事は極力お願いしないほうがよいかもしれません。

自分一人で自爆するならまだしも、ちゃんとやっている人たちやひいては会社全体の足を引っ張る事にもなりかねません。

失敗しても指し障りのないような仕事や、失敗しても社内でフォローできるような仕事をのがよいでしょう。

もしどうしてもお願いしなければいけない大切な業務があるのであれば、進捗をとにかくこまめに確認する、几帳面にやれる人を相棒として割り当てて監視してもらう、バックアップを用意しておくなどのしっかりとした対策をとったほうが賢明でしょう。

付き合っていくうちに「もしかしたらずぼらかもしれない」と思う程度のずぼらさの相手なら、ちょっと注意して進捗を確認するという方法で十分と思われます。そういう人は自分がずぼらだという事を自覚している場合が多く、なんとか直そうと意識している事も多いからです。