何かしらの理由で、中高年が離職して再就職を目指す際には、かなり厳しい道が待っているのをご存知でしょうか?それでも、生きていくためには仕事はしなければいけません。

ここでは、中高年の再就職が難しい理由、それでも再就職先を探す時の方法を解説します。

一日も早く再就職先が見つかるように、分析と活動ができます。

中高年の再就職が難しい理由

一般的な企業で現役の中高年といえば、40代にはすでに管理職になってる人もいるでしょう。また、企業によっては、50代は早期退職や出向をつのる年代でもあります。そのため、中高年の再就職は難しいのです。

さらに、再就職を難しくしているのは、これまでの社会経験からのこの年代特有の理由もあります。

中高年の再就職が難しい理由1:給料が高い

それまで、順調に同じ会社で転職せずに働いていたとしたら、役職がついていなくても、それなりの給料をもらっていたのが、40、50代でしょう。

その背景から履歴書や面接などで提示する給料が高いことが、再就職のチャンスを狭めていることがあります。

今では、20、30代でも転職で必ず給料がアップするとはいえない時代です。再就職の際には、ある程度の年収減は覚悟して、定時金額もそれに見合った金額にしましょう。

年収を落とさないことよりも、早めに再就職を決めて、生涯収入を少しでも減らさないようにしようと、考え方を変えてみてはどうでしょうか?求めすぎる提示額で、チャンスをつぶしてしまうのはもったいないでしょう。

中高年の再就職が難しい理由2:年齢相当のスキルが求められる

20、30代はポテンシャルで採用されることもありますが、中高年の再就職ではポテンシャルよりも即戦力になれるかが求められます。

再就職してから、どのくらいの期間、会社に貢献できるかを考えると、企業は中高年に、専門性の高いスキルや、それまでの社会人経験で培った汎用性の高く、レベルも高いスキルを求めます。

また、中高年の再就職活動でよくみられるのが、応募企業や業界の研究不足です。そのため持っているスキルと応募した会社が求めるスキルがマッチしていないことが多々あります。

再就職先を探す時にも、就職先を探した時と同じようなしっかりした企業研究が必要です。

中高年の再就職が難しい理由3:プライドが高い

長い社会人経験だけでなく、すでに管理職経験を積んでいる人も少なくない中高年は、プライドの高さが邪魔になることもあります。

応募企業によっては、管理職経験があると、逆に敬遠することがあるのも事実です。上場企業や大企業などに偏った高望み、役職やポジションを選り好みしたり、年下の上司は嫌などの甘えたことばかり言っていたりすると、ただでさえ難しい再就職が、さらに難しくなります。

プライドの高さは、働き出してからチームワークを乱すきっかけにもなりかねないので、面接などでは敬遠される弱点なので、自己紹介やアピールの段階からも気をつけましょう。

中高年の再就職が難しい理由4:まじめでアピールできないことも

中高年の人は、転職経験があまりない人が多いでしょう。ひとつの会社で一生懸命に働くことで身につけた真面目さが、自己アピールをできなくしている可能性があります。

同じ職場に長くいた時は、アピールしなくても、いつも一生懸命に働く生真面目さなどの人柄はすでに周りがわかっています。また、普段の仕事ぶりや結果も見えやすいことでしょう。

でも、再就職活動では、相手は自分を知らない人です。今までの仕事ぶりも結果も見たことがない人ばかりです。そのため、自分からアピールしなければ、何も伝わりません。

上手な自己アピール方法を本、セミナーなどを参考に、少しずつでも身につけていきましょう。

中高年の再就職先を探す方法

中高年の再就職先をを探すには、主に3つの方法があります。

場所によっては、履歴書や職務経歴書の添削や面接対策を手伝ってくれるところもあるので、うまく活用しましょう。

中高年の再就職先を探す方法1:転職エージェント

非公開の求人情報を持つのが、転職エージェントです。

自分の客観的な市場価値がわかるし、自分の強みも把握できるので、再就職に向けた強い味方になってくれるでしょう。アピールが苦手な人には、面接の練習をしてくれるエージェントもあります。

転職エージェントによって、得意な業界・業種があったり、中高年の求人に強いエージェントや管理職クラスに特化したエージェントもあります。しっかりと比較し、自分に合うエージェントを探してみましょう。

中高年の再就職先を探す方法2:ハローワーク

公共職業安定所といわれる国が運営する機関で、地域の総合的雇用サービスを提供しています。

一般的には、ハローワークに行き、パソコンで求人を検索しますが、今ではインターネット上にも求人を公開しています。ハローワークには、地域の情報が集まっているため、まめに求人をチェックするのがよいでしょう。

中高年の再就職先を探す方法3:中高年就職支援センター

その名前の通り、中高年の仕事探しに特化したセンターで、大抵はハローワークと地域の自治体で運営されています。

キャリアコンサルタントがいることが多く、客観的なマッチングや職務履歴書の書き方などの相談にものってくれます。ハローワークよりも具体的なアドバイスをもらえる傾向にあります。

ただし、どこにでもあるセンターではないので、通うのに遠いこともあります。

中高年の再就職に関するおさらい

中高年の再就職に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 中高年の再就職が難しい理由には、、社会経験が長いので希望の給料が高い、年齢相当の高いスキルが求められるがマッチしない、プライドが高い、まじめで自己アピールが苦手などの理由が挙げられる
  • 中高年が再就職先を効率的に探すには、転職エージェント、ハローワーク、中高年就職支援センターなどがある
  • 中には、職務経歴書などの添削や面接対策をしてくれるところもある

上手く活用して中高年の再就職は難しいと言われる中でも、スムーズに転職先をみつけましょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda