会社の上司との会話やお取引先へのメールなど、ビジネスシーンにおいて、正しく敬語を使いこなすことは必須のスキルです。この記事では、お願いするときの正しい敬語の使い方を解説していきます。

アプリ・アプリ感覚!気軽に転職、スカウト待ちが可能な転職サイト

>>キャリアトレック

>>MIIDAS

オファー待ち可能!転職者の8割が利用!

>>リクナビNEXT

就活生の情報収集

>>就活の口コミ・体験談 ギガ就活

お願いするときのポイントと注意点

お願いするときに相手が忙しかったり、お願いすることで納期を急かされることがあります。そこで、相手にお願いするときは「お忙しいところ申し訳ありませんが〜」や「恐縮ではありますが〜」など相手を配慮する言葉を添えるようにしましょう。

また、メールでお願いする場合も上記の相手を配慮する言葉やお願いする内容をしっかり伝えることを忘れないことが大切です。

以下では「お願いします」の使い方と。「お願いします」を使う機会であるお願いや、お詫びといったメールや文章のポイントを解説しています。ビジネス上で相手にお願いするときは大事な場面です。よい印象をあたえる表現ができるビジネスパーソンを目指しましょう。

「何卒よろしくお願いいたします」の意味と使い方、例文集
ビジネスでの謝罪・お詫びメールの件名・本文・結びの書き方と例文集
ビジネスにおける社内メールの送り方 謝罪や報告など例文解説
自己PRでの協調性を伝える方法 協調性のある人、ない人の特徴を解説
マイナビ「自己PRの書き方のポイント」
上司へメールを送る際の重要ポイントと例文

お願いするときの様々な表現について

「お願いしたく存じます」は謙譲語

「お願いしたく存じます」は「お願いしたく思います」の謙譲語で正しい敬語となります。目上の人や顧客など敬意を払うべき人に対して使う言葉です。

「お願いいたします」も謙譲語

「致す」は「する」の謙譲語です。したがって、「お願いいたします」は「お願いする」の謙譲語となり正しい敬語となります。こちらも目上の人との会話などで使用される言葉です。

「お願いできますでしょうか」は正しい敬語?

「お願いできますでしょうか」は「ます」と「です」を2つ重ねて使用しているため、「二重敬語」となり、間違った敬語表現です。この場合、「お願いできますか」が正しい表現でしょう。

「お願い申し上げます」は正しい敬語?

「申し上げます」は「いう」の謙譲表現になり正しい敬語です。「お願いいたします」と同じ謙譲表現ですが、補助動詞の「上げる」が付随しており、こちらのほうがより丁寧ないいかたになります。

その他のお願いするときのフレーズ集

上司や取引先にお願いするときのフレーズは以下の通りです。

「~できれば幸いです」
例文:まことに恐縮ではありますが、ご連絡をいただければ幸いです。
「お願いできればと存じます」
例文:再度お見積りをお願いできればと存じます。
「誠に勝手なお願いで」
例文:誠に勝手なお願いで、申し訳ありませんが〜
「何卒お願い申し上げます」
例文:何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。
「切にお願い申し上げます」
例文:ご理解のほど、切にお願い申し上げます。
「願えませんでしょうか」
例文:ご教授願えませんでしょうか。
「懇願申し上げます」
例文:格別のお取り計らいをいただきますよう懇願申し上げます。

「お願いできますでしょうか」についてのまとめ

お願いするときは正しい敬語を使いこなすこともそうですが、相手に「配慮する気持ち」が大切です。
相手の立場を考えることで、正しい敬語の使い方は自然と身についていくのではないでしょうか

敬語の使い方やメールのルール、細かいビジネスマナーに疲弊しているというあなた、

本当は人間関係に疲弊しているのではないでしょうか??

転職理由の大半は、人間関係や職場環境による悩みからだそうです。

余計な心労を溜め込み、体調を崩してしまう前に、思い切って転職してみるのも良いかも知れません。

気になるあなたは、まず下記の記事も合わせて読んでみてください。

転職するもしないも万人に告ぐ!エージェントを利用しない転職は不利!?