会社の上司との会話やお取引先へのメールなど、ビジネスシーンにおいて、正しく敬語を使いこなすことは必須のスキルです。今回は「お願いするとき」の正しい敬語の使い方を解説していきます。

お願いするときのポイントと注意点

お願いするときに相手が忙しかったり、お願いすることで納期を急かされることもあるでしょう。そこで、相手にお願いするときは「お忙しいところ申し訳ありませんが〜」や「恐縮ではありますが〜」など相手を配慮する言葉を添えるようにしましょう。また、メールでお願いする場合も上記の相手を配慮する言葉やお願いする内容をしっかり伝えることを忘れないようにしましょう。

メールでなにかお願いする際にはこちらも参考にしていただけると、より理解が深まります。

お願いするときの様々な表現について

「お願いしたく存じます」は正しい敬語?

「お願いしたく存じます」は「お願いしたく思います」の謙譲語で正しい敬語となります。目上の人や顧客など敬意を払うべき人に対して使う言葉になります。

「お願いいたします」は正しい敬語?

「致す」は「する」の謙譲語です。したがって、「お願いいたします」は「お願いする」の謙譲語となり正しい敬語となります。こちらも目上の人との会話などで使用される言葉です。

「お願いできますでしょうか」は正しい敬語?

「ます」と「です」を2つ重ねて使用しているため、「二重敬語」となり、間違った敬語表現です。この場合、「お願いできますか」が正しい表現です。

「お願い申し上げます」は正しい敬語?

「申し上げます」は「言う」の謙譲表現になり正しい敬語となります。「お願いいたします」と同じ謙譲表現ですが、補助動詞の「上げる」が付随しており、こちらのほうがより丁寧な言いかたになります。

スポンサーリンク

その他のお願いするときのフレーズ集


ここからは上司や取引先にお願いするときのフレーズを見ていきましょう。

~できれば幸いです
例文:まことに恐縮ではありますが、ご連絡をいただければ幸いです。
お願いできればと存じます
例文:再度お見積りをお願いできればと存じます。
誠に勝手なお願いで
例文:誠に勝手なお願いで、申し訳ありませんが〜
何卒お願い申し上げます
例文:何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。
切にお願い申し上げます
例文:ご理解のほど、切にお願い申し上げます。
願えませんでしょうか
例文:ご教授願えませんでしょうか。
懇願申し上げます
例文:格別のお取り計らいをいただきますよう懇願申し上げます。

まとめ

お願いするときは正しい敬語を使いこなすこともそうですが、相手に「配慮する気持ち」を大切にしましょう。相手の立場を考えることで、正しい敬語の使い方は自然と身についていくのではないでしょうか。

おすすめリンク

「何卒よろしくお願いいたします」の意味と使い方、例文集

心理統計学から自己分析ができる! Future Finder