間違いを指摘してもらうことは、スキルの向上やビジネスの質を保つためにとても重要なことです。ここでは、「指摘」という言葉そのものを取り扱っています。
言葉自体の意味
類義語
そして例文
これらをふまえ適切に日常会話で使えるよう解説いたします。

「ご指摘」の意味

ご指摘」とは、接頭語の「ご」+名詞の「指摘」の丁寧な表現です。

「指摘」とは、“全体の中から,ある特定の事柄を取り上げて示すこと”を意味し、「指摘を受ける」「欠点を指摘する」などと使われます。

転職バナー

「ご指摘」の類語

「ご指摘」を受ける場合は、受けるもの=取り上げられた特定の事柄(前述の意味参照)が何かによって、大きく2つの分類の類語があります。

・受けるのが“教え”の場合の類語
ご指導」「ご教示」「ご教授」「ご鞭撻」「ご伝授」「ご指南」「アドバイス」などがあります。
・受けるのが“苦情・改善要求など”の場合の類語
ご意見 」「ご要望」「ご質問」「お声」「クレーム」「コンプレイン」など。

「ご指摘」と「ご指導」の違い

ご指導」とは、接頭語「ご」+名詞「指導」に分けられる丁寧表現で、“ある意図された方向に教え導くこと”の意味であり、ビジネスシーンでもよく使われる言葉です。

「指摘」と「指導」には、意味に大きな違いがあります。
「指摘」は“指し示す”だけにとどまるのに対し、「指導」は“目的や方向に沿って教え導く”という、より相手への積極的なアプローチをあらわします。

「ご指摘」と「ご教示」の違い

ご教示」は、「ごきょうじ」と読むのが一般的ですが、「きょうし」とも読めます。意味は、“知識や方法などを教え示すこと”です。
「ご指摘」や「ご指導」と同様、接頭語+名詞の丁寧な表現です。

「ご指摘」と「ご教示」の違いは、「ご教示」は“教え”である点です。一般的な知識や方法など、何かをするためにヒントになるような教えが「教示」であり、「ご教示ください。」は「教えてください。」の丁寧な言い方と覚えておくといいでしょう。

「ご指摘」のビジネスシーンでの使い方

ビジネスシーンでの「ご指摘」も、“教え”と“苦情や改善要求”の意味で使われます。

目上の人や顧客に「ご指摘」をお願いしたり、取引先や顧客からの「ご指摘」にお詫びとお礼をする場面が、ビジネスシーンでは数多くあります。
言葉遣いを間違うと、人間関係が悪くなったり、信用を失ったりする可能性もあるので、注意しましょう。

「ご指摘」のビジネスメールで使える例文集

「ご指摘」の例文

・いたらない点がございましたら、なんなりとご指摘をお願いいたします。
・数々の有意義なご指摘をいただき、深く感謝いたします。
ご指摘いただきました不具合に関する調査結果について、ご説明申し上げます。
ご指摘の通り、請求書の金額に誤りがございました。ご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。

ご指摘の点につきましては弁解の余地もなく、担当者には●●様よりいただきました内容を伝え、厳しく注意いたします。

「ご指導」の例文

・今後ともご指導とお力添えを賜りますよう、お願い申し上げます。
・これもひとえに○○先生のご指導ご鞭撻の賜物と、衷心より御礼申し上げます。

「ご教示」の例文

・さしつかえのない範囲でご教示いただけましたら、幸いでございます。
・先日は、様々なご教示を賜り、誠にありがとうございました。

「ご指摘」のまとめ

一般的に、「ご指摘」は問題のあることだからこその「ご指摘」です。「ご指摘」をお願いするのはもちろんですが、「ご指摘」があった場合には、真摯な態度でまずはお詫びやお礼が必要です。それに伴った行動をとるのも重要です。

話し言葉にしても書き言葉にしても、なにげなく使っている言葉の方が多いかも知れません。しかし、意味を正しく理解しシーンに合った言葉の使い回しができることは、ビジネススキルのひとつなだけでなく、自分にとってのメリットにもなります。言葉もスキルもどんどん増やしたいものですね。

だれでもできる節税対策!会社員こそやるべき、ふるさと納税

ふるさと納税

名前は知っていても使ったことがない方が多いと思われます。カイシャドコイクでは、企業に勤めているからこそ、ふるさと納税をやるべきと強くおすすめします。

だれでもできる節税方法、しかも、返礼品によってはおいしいお肉や家電を手に入れることができます。ご興味がある方は下記リンクをご覧ください。

ふるさと納税とはなにか、仕組みやメリットについての解説

また、すでにふるさと納税に関して知識がある方は、ふるなびさとふるをおすすめいたします。

ふるなびへのリンクはこちら さとふるはこちら