転職サイト

学校法人の仕事は倒産やリストラのリスクも低く、安定した職業であるため転職先として人気があります。

こちらの記事では学校法人への転職が人気の理由や、学校法人へ転職する上での志望動機など、総合的な内容を解説しています。

学校法人の転職を目指している方はぜひ参考にしてみてください。

学校法人への転職が人気

学校法人とは

学校法人は公益法人の一つであり、私立学校の設置を目的として設立される法人のことです。

学校法人の特徴として、営利を目的とした団体でないため普通法人よりも税制面で優遇されていることが挙げられます。

学校事務職が人気の理由

ここ数年の不況の中、安定した職業として知られている学校法人への転職が人気となっています。

学校法人で働くためには、大きく分けて教師として働くか、事務職員として働くかの2種類がありますが、転職業者に出される求人は基本的には事務職員となります

学校は一般の企業と比べると倒産やリストラにあうリスクが低く、さらに国や地方自治体から補助金が支給されているため、収入面でも安定しています。

また、学校法人の仕事は営業ノルマなどを課せられることもありません。こういったことが、学校事務職が人気の理由です。

大学の事務職員が特に人気

学校法人の中でも特に人気があるのは大学の事務職員です。大学事務職員の仕事は広報から研究支援までかなり広い範囲にわたります。

やりがいのある仕事ではありますが、やることも多いためハードな業務内容となるでしょう。しかし、大学の事務職員はそれを補ってくれるほどに安定した仕事です。

大学職員に関する記事はこちらの記事も参考にしてみてください。
転職・就職における大学職員になるための志望動機とは

また大学職員には女性が多いためか、産休や育休などの福利厚生が充実している大学も多いです。

学部が数多く用意されていたり、大学によっては複数のキャンパスを持っていたりするため、高校よりも全体的な職員の数が多いことも特徴です。

応募倍率は高い

就職先としても転職先としても人気な学校法人ですが、そのぶん応募倍率は非常に高くなっています。学校法人の事務職はそれほど人数が多くありませんし、基本的には人員が充足している学校法人がほとんどです。

そのため今いる職員が退職したタイミングで追加人員を補充する目的で求人が出されることがほとんどです。

転職サイトにいつも必ず学校法人の求人が出ているとは限りませんので、マメにチェックする必要があります。

学校法人への転職での志望動機

学校法人への志望動機に「安定しているから」などと正直に書いてはいけません。

学校法人によっては格式を重んじるところもありますので、適切な志望動機を考えましょう。

その学校法人で働きたい理由

学校法人といってもそれぞれの学校法人では重んじている事柄や理念が少しずつ異なります。「なぜこの学校を選んだのか」ということをしっかりアピールする必要があります。

また自分が学校法人へ転職するにあたって何をしたいのか、自分の理想とするところを明確にしなければなりません。

例えば大学の職員になる場合は仕事の内容も多岐にわたります。「その大学の技術の発展に貢献したい」や「学生の学びやすい環境を作りたい」など自分の意思を明確にアピールしましょう。

どんなことで貢献できるか

学校法人へ提出する職務経歴書では、学校側が募集している仕事内容に対して貢献できるスキルや活かせる経験をアピールしましょう。

もし、募集されている職種が経理であれば、前職で行った経理に関する業務経験をメインに記入するといいでしょう。

また、学校によっては格式を大切にしているところも多いため履歴書は手書き、職務経歴書はパソコンで作成したものを提出する方が好印象を与えられるかもしれません。

真面目さや「学び」に対する積極性をアピール

学校法人の事務職で特に求められるのは、真面目さや新しいことを学ぶ姿勢があるかどうかなどです。学校法人はその特性から、自分がまだ知らない事柄やスキルなどに対して挑戦していく気概が評価されることも多いです。

また、生徒の模範としてコミュニケーションスキルも求められます。面接時などは表情や仕草などにも気を配り、自身のコミュニケーション能力をアピールしましょう。

学校法人も企業研究が大切

学校法人への転職も、一般企業への転職の場合と同じように企業研究を行うことが成功のカギとなります。

志望動機ではその学校法人が他とどのように違うのか理解しておく必要があり、人気のない学校ではいくら安定しているといっても閉校のリスクがあります。

学生から人気のある学校を選ぼう

学校によっては募集の段階で定員割れを起こしているところもあります。入学してくる学生の数が足りなければ適切な学校法人の運営も行えないため、定員割れする学校は避けた方がよいでしょう。

そのため学生が入学したい、進学したい人気のある学校を選ぶとより安定した生活が見込めます。

学校法人の敬称

学校法人の面接時には一般企業とは違った敬称を使用しなくてはなりません。リスト形式でまとめましたのでそれぞれの学校法人の名称に応じて使い分けましょう。

  • 貴法人、御法人、御校(学校法人全体で使える)
  • 貴学園、貴園(〜学園など)
  • 貴学院(〜学院など)

学校法人の転職に関するおさらい

学校法人の転職に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 安定した転職先として人気のある学校法人
  • 中でも大学職員が特に人気で、知名度のある人気大学などは応募倍率も高くなる
  • 欠員が出た時などに求人が出されることがほとんどなため、転職サイトはマメにチェックする
  • 学校法人への転職の場合も、一般企業と同じように企業研究をすることが重要
  • 志望動機には自分がその学校に対してどれほど貢献できるのか、前職の経験をどのように活かせるのかなどを盛り込むことも大切
  • 学校法人の事務職で求められるのは、真面目さや新しいことを学ぶ姿勢があるかどうかなど
  • 生徒の模範となるためにコミュニケーションスキルなども求められるため、面接時は表情や仕草などにも気を配る
転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

会社にばれずに転職活動するためのページへ

【最速】お昼休みの30分で転職活動するためのページへ

マナラボが特におすすめする転職エージェントは以下のとおりになります。

BIZREACH(ビズリーチ)

リクルートエージェント

DODA

それぞれの特徴を申し上げると、はじめに管理職クラスならBIZREACH(ビズリーチ)・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

BIZREACH(ビズリーチ)ならFecebookでの登録も可能なので、気軽に始めることができるからです。自分は管理職、かつ気軽に転職を始めたい場合は強くおすすめします。

BIZREACH(ビズリーチ)

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

リクルートエージェント

DODAは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はDODAがおすすめです。また、DODAの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またDODAには各業界の年収を知ることができるページもございます。簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

DODA平均年収ランキング

DODA