大学職員は採用倍率が高い職種のため、志望動機をしっかり作り込むことが重要になります。

ここでは大学職員の選考を通過するためのアピールポイントを新卒・転職それぞれの場合で解説していきます。

採用されるために具体的で納得できる志望動機を書けるようになりましょう。

志望動機に関してより理解を深めたい方はこちらをおすすめします
就職・転職における志望動機の書き方・伝え方
就職・転職の志望動機 各種業界で使える例文

大学職員とはどのような職業なのか

大学職員というのは公務員のような雰囲気があるため、応募する人も多い人気のある職種です。

あなたは大学職員の実際の業務内容やメリット、デメリットをどのくらい理解しているでしょうか。自分なりに噛み砕いて話せるようになっておくと、面接官の目を引くような志望動機を書くことができるようになります。

大学職員の業務内容とやりがい

大学職員の業務内容は多岐に及びますが、どちらかというと裏方でのサポート業務が大半です。

大学職員というと、学生課の窓口で相談に乗っているだけというイメージを持つ人も多いかもしれません。

しかし例えば以下のような内容も、大学職員の業務範疇となります。

  • 物品の発注作業
  • 履修登録やシラバスの作成
  • テキストや試験問題の印刷
  • 時間割の作成
  • 就職優先枠、インターンシップ枠の確保
  • 留学サポート、留学生の受付・管理
  • 大学PR、入学試験対応
  • 教員向けの研修企画、手続き
  • 避難訓練の実施
  • 経営会議の運営
  • 学生寮の管理
  • 決算書作成
  • 学生、教員へのノートPC貸出、メンテナンス

大学職員の業務についてはこちらの記事も参考にしてみてください。
安定した職業の代表、学校法人の仕事に転職をする際のポイントなど

基本的に大学によって待遇や年収、仕事内容は異なる

大学職員は縁の下の力持ちです。「大学生活の当たり前」を守る仕事なので、あなたの頑張りが評価されたり褒められたりすることも少ないかもしれません。

それでも学生に貢献したい、人のサポートをすることが好きだという人にとっては、非常にやりがいを感じる仕事でしょう。

大学職員のメリットとデメリット

大学職員は安定性が高いことがメリットとして挙げられます。

よく大学職員は高給料と言われますが、大学によって千差万別です。初任給を考えれば逆に企業よりも安いこともありますし、採用時の募集要項はしっかり比較、確認しておく必要があります。

企業のようにいきなり倒産することもなく、営業のノルマがあるわけではないので安定して淡々と仕事ができるでしょう。

デメリットは評価がされにくいこと。ノルマがない分、大学職員は年功序列、閉鎖的な雰囲気があります。

どんなに仕事を頑張っても、あまり評価に繋がらないと感じてしまうこともあるかもしれません。サポート業務ということもあり、調整役になったりクレームを受けたりと、気を使うポジションになりやすい傾向もあります。

大学職員の志望動機とアピールポイント

志望動機は大学職員の仕事内容を理解した上で書く必要があります。学生課にいる職員だけが大学職員ではありません。様々な大学の採用ページにある職員インタビュー記事などを参考にして、イメージしてみるようにしましょう。

基本的に書類に書いた内容を軸にして、面接で志望動機を答えることになります。上っ面な言葉を並べても面接で落とされるだけなので、会話にしても自然で話が広げられる内容にするのが望ましいです。

何がしたいか、何ができるかよりも、「なぜしたいのか」「なぜそれがウチの大学でないといけないのか」といった理由の方が重要です。

面接官は「なぜ」の中に本質や適性を見ることになるため、書きながらドンドン内容を深掘りしていくことをオススメします。

新卒で目指す場合

新卒で大学職員を目指そうとする場合は、即戦力となりそうな転職組に劣ってしまうのでは?と心配になる人もいるでしょう。

しかし、新卒だからといって不利になるわけではありません。

即戦力とはならないものの、前職の経験がない分「育てやすさ」がウリになります。しっかりとした目標があり、向上心や、やる気があるような人材だとアピールしましょう。

1番相手が知りたいのは「なぜこの大学の職員なのか」ということです。大学の特徴をしっかりと掴み、具体的に貢献できることをアピールポイントを交えながら伝えるようにします。

アピールポイントは「学生時代の経験」一択となります。資格を取った、TOEICで何点だった、学生時代に短期留学をした、とにかく学生時代にやったことをノートに書き出してみましょう。日記を書くといった習慣でもいいです。

小さな経験の中にも「あなたの価値観」が垣間見える一面があり、それを面接官は知りたがっています。なぜその経験をすることになったのか、どんなことを苦しいと感じてどう克服したのか、経験から得られたものは何か。書き出していくにつれて、「自分のパターン」が見えてくるはずです。

誰かに触発されて何かを始めることが多い、いつも目標とする誰かがいてヤル気の原動力になる、一度引き受けたことはしっかりやり遂げる、など。

自分の価値観を可視化して、何も知らない面接官でもイメージしやすいように学生時代の経験を交えて伝えましょう。数値化したり物理的な実績がわかる経験の方が納得しやすくなります。

転職で目指す場合

転職の場合も「この大学を転職先として選んだ明確な理由」を盛り込むことは必須です。

転職してまでなぜ大学職員に?という疑問があるので、教育理念のどんなところに魅力をもったなど熱意がしっかり伝わるような書き方をしましょう。どの大学にでも当てはまるような内容は、面接官にもすぐに分かってしまいます。

実際に大学に行ってみて感じた雰囲気から、今の自分の能力で周りにどんな影響を与えられそうかを押し出してもいいです。求めている人材と自分の能力がマッチしていることをアピールするようにしましょう。どちらかというと転職の場合は、前職で得た仕事のスキルや経験をみられる傾向があります。

即戦力になりそうだとか、能力が高そうだと思わせるような、具体的な数値や事例をしっかり入れるようにします。大学職員の仕事内容は様々なので、教育に関わらない分野でも問題ありません。調整能力やコミュニケーション能力の高さが分かるようなアピールポイントを作っておくこともオススメです。

転職者の場合は転職エージェントを活用してみることをおすすめします。転職エージェントについては以下の記事を参考にしてみてください。
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方
業界特化型&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較

大学職員に就職、転職に関するおさらい

大学職員に就職、転職に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 大学職員は基本的には裏方でのサポート業務である。
  • 仕事内容は多岐にわたるので、職員インタビューの記事等でイメージを膨らませること。
  • 志望動機は「なぜ大学職員で」「なぜこの大学なのか」を、会話でも自然に話せるくらいに深く突き詰めておくこと。熱意がどれだけ伝わるかが最重要。
  • 新卒では「学生時代の経験」をアピールポイントにする。
  • 「育てやすさ」をウリにして目標や向上心をしっかり打ち出すようにすること。
  • 転職でのアピールポイントは「前職でのスキル」
  • どの程度の即戦力になるか、高い能力があるかを数値にできるとよい。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda