仕事が適当な人といわれると、だれでも嫌な思いをするでしょう。マナーやルールを守らない人は、周囲から適当にみえてしまいます。

しかし、仕事を適当にして失敗する人もいれば逆に成功する人もいるので、一概に「適当=悪い」とはいえません。

この記事では、仕事を適当にする人の特徴と、失敗例・成功例を紹介していきます。

仕事が適当な人とは

仕事を適当にしていると感じる人に対して「仕事を真面目にしましょう」と声をかけても、「真面目にやっています」と返ってくることがあります。
本人は自覚しておらず、適当にしているかは周囲の評価ということなります。

仕事が適当と思われる人には以下の特徴があげられます。

遅刻や欠勤が多い
報告・連絡を忘れる
身だしなみが不潔
机の上が整理整頓できていない
字がきたない
私語雑談が多い
同じミスを続ける
話を聞かない

仕事を適当にやっている人は、社会人としてのマナーやルールを順守できていない人といえます。
職場は自分だけの空間ではありませんので、周囲との気を配りあうことも大切です。それができていない人は、仕事が適当と思われがちです。

また、身だしなみや整理整頓は不衛生に捉われ、心理的に受け付けない人もいますので注意が必要です。

仕事が適当で失敗する人の特徴

仕事が適当で失敗する人の特徴として協調性の無さがあります。

報告・連絡を忘れたり、コミュニケーションを取りたがらないというのは、相手のことを思いやっていないように思えます。

自分の仕事が周囲にどのような影響を及ぼしているかを考えていません。

このように協調性が無いと、「必要な書類を提出できていない」「納期を守れない」など職場にも悪影響を及ぼします。
その結果、自分のフォローをしてもらうことで、周囲の人の仕事が増えてしまいます。

また、頭で考えず、返事もそこそこに仕事を引き受けてしまう、約束を守れない人もいます。

関連する記事はこちら
自己PRでの協調性を伝える方法 協調性のある人、ない人の特徴を解説

適当な仕事で成功する人の特徴

適当な仕事で成功する人は、必ず「納期=約束」を守っています。

これだけは譲れないという信念を持ち、優先順位をつけて仕事のやる順番を明確にしています。

優先順位の低い仕事を後回しにしていることで、「適当にやっている人だな」と思われてしまうかもしれません。しかし、そのような人は普段ヘラヘラとしていても、毎回多くの仕事をこなしています。

また、自分でこなせない仕事は周囲を上手に使うことでフォローしています。
そのため、普段からのコミュニケーションが取れており、気楽に仕事を頼みやすい関係になっています。

仕事を楽しむための適当

仕事を楽しむためには、集中し過ぎるのもNGといえます。
時にはオン・オフの切り替えをしっかりとし、空気を替える雑談を織り交ぜ、周囲をリラックスさせることも大切です。

張りつめた雰囲気では集中力が切れたときに、ミスをしてしまいがちです。
職場が和めばミスもしにくく(気づきやすく)なり、効率良く仕事を行えます。

それによって業績が上がれば、社員のモチベーションにもつながり、やる気もUPしていきます。

仕事を適当にしても守らなければいけないもの

仕事を適当にしても、必ず守らないといけないのが「約束」「優先順位の確立」です。

約束は仕事を引き受けた以上、やり通す決意でもあります。

職場内での約束はもちろん、クライアントの納期でも同じことです。

さらに、優先順位をつけることで何から手をつけていいか、はっきりと明確にしておくことができるので、約束を守ることが可能となります。

仕事を適当にすることのまとめ

仕事を適当にする人は、社会人としてのマナーやルールを守れていない人といえます。協調性が無いと、職場との連携が取れず、仕事で失敗をしてしまいがちです。
反対に、適当に仕事をすることで成功している人もいます。納期など約束を守り、優先順位をつけて仕事をしている人です。
また、仕事を楽しむために、時には雑談で周囲をリラックスさせ、コミュニケーションをよく取り、職場を和ませて仕事に取りかかりましょう。

仕事についてこちらの記事も参考になります
仕事がつまらないと感じる理由 つまらないと感じた際の対処法
仕事がない人の特徴と社内ニートについて 仕事がない場合の対処法

自分なりに仕事をこなしながら成功できる転職先を探してみるのもよいかもしれません。