人には、社交的なタイプと社交的でないタイプの人がいます。一人が好きな人は、あまり社交的ではありませんが、自分でいろいろなことが決めることが出来る、トラブルを起こしたくない気持ちが強いなど、幾つかの特徴があるのです。

また、仕事をする上でのメリットやデメリットもあります。この記事では一人が好きな人について色々な角度から説明いたします。

一人が好きな人の5つの特徴

一人が好きな人は友達を作ろうとしない

一人が好きな人は、友達を作ろうと自分から声をかけることがありません。友達がいれば、いろいろなことを話して楽しいこともあるのですが、相手に気を遣ったり気に掛けたりして色々面倒なことも多いと感じる人もいます。

一人が好きな人は、概して自分のペースを乱されることを嫌がり、あえて自分から友達を作ろうとはしないのです。

一人が好きな人は自分のペースを崩したくない

自分のペースを崩されるのを嫌がるということも、一人が好きな人の特徴です。

友達がいると、時には友達のペースに合わせないといけないこともありますが、一人が好きな人は、友達に自分のペースを崩されるのがイヤなのです

。友達と遊んでいて自分はもう帰りたい時間なのになかなか帰れない、食事の時間は午後6時と決めているのに友達がいてそれができないなど、その人なりの決め事やこだわりがあって、そのペースを崩したくないのです。

一人が好きな人は自分の世界観がある

自分だけの独特の世界観をもっている一人が好きな人もいます。自分だけで楽しめる趣味があったり、自分だけでのめり込める仕事があったりして、他人と係わらず自分だけで集中したい人達です。

このような集中したい人達の中には、こだわりのある職人やアーティストのような人もいるのです。

周りからは少し変わっているとか、近づきづらいなどと言われがちですが、当人としては何か不満がある訳ではなく、単に集中したいと思っているだけかもしれません。

一人が好きな人はトラブルを起こしたくない気持ちが強い

一人が好きな人は、他人とのトラブルを極端に嫌がる傾向があります。

一人が好きな人は、他人とのトラブルを避けるため、他人と友達になることや他人に話しかけることも少なくなります。

他人との接点を減らすことで、トラブルを回避しようとしているのです。

自分で様々なことを決めることが出来る

他人に相談せずに自分自身で様々なことを決めることが出来るということも、一人が好きな人の特徴です。他人に相談したとしても必ずしも良いアドバイスをもらえるとは限りませんので、自分で決めること自体は決して悪い訳ではありません。

友達と相談して共に助け合って歩んでいくことはできませんが、ビジネスにおいて自分で決定できる力は重要です。

多くの経営者や管理職の方には、報告のため多くの人が集まってきますが、決断するときは結局に一人です。孤独に耐えられる精神力が必要です。

一人が好きな人の仕事をする上でのメリット

自分自身のペースで物事を進めることが出来る

一人が好きな人は、自分のペースで仕事を進めることが出来ます。チームで協力して仕事を進める場合でも、個人ごとに担当する業務は決まっています。

自分自身のペースで黙々と仕事ができる人が多いので、その人の仕事が遅延することがあまり発生しません。

一人が好きな人は人に流されない

人に流されないことも、一人が好きな人によくある傾向です。悪く言うと頑固ということですが、人の意見に左右されずに自分の意志を貫くということは、なかなかできることではありません。

一人が好きな人は、孤独に耐えることができますので、自分の意志に反して、他人に迎合するようなことはありません。

しかしサラリーマンの方で、人に流されずに自分の意志を貫くことは、場合によっては上司などの意見と合わないことになります。少しは周りの方に合わせることも必要になるでしょう。

一人が好きな人は仕事に集中して取り組むことが出来る

仲の良い同僚が少なくて一人が好きな人は、一般的には仕事に集中して取り組むことが出来ます。同僚からの相談が少ないので、その分、集中して仕事をこなす方が多くなります。

一般に同僚との交流は、得てして、仕事の上で良い効果があるのですが職人のように黙って仕事に取組むタイプの人もいます。

一人が好きな人の仕事をする上でのデメリット

一人が好きな人は他人とのコミュニケーションが取りにくい

一人が好きな人は、一般的に他人とのコミュニケーションをあまり上手くない傾向があります。集中して仕事をするのは良いことですが、チームで仕事をする場合、適度なコミュニケーションは必要です。

一人が好きな人であっても、最低限のコミュニケーションを取らなければいけません。

本人と周りの人が気をつけて、少なくとも必要なことだけは伝わるようにしていきましょう。

一人が好きな人は多少の妥協をすることが出来ない

多少の妥協も出来ないということは、一人が好きな人のデメリットになります。チームで仕事をしている場合、こういう人がいると大変困ったことになってしまいます。

仕事は一人をしている訳ではないので、少しは妥協してもらわないと困ります。ビジネスの中では、たとえ自分の意見が正しいと思っても、組織の決定には従わなければならないのです。

一人が好きで頑固さが度を超すと、取り返しのつかないことになりかねません。一人が好きであっても、少しくらいの妥協は必要なのです。

一人が好きな人のデメリットを改善する方法

一人が好きな人が仕事をする上では人の意見も取り入れる

チームで仕事をする場合、少しは他人の意見も取り入れましょう。仕事は一人で行う訳ではありません。人と協力して進める必要があります。

仕事をする上で、自分の意見が通ることはあまりありません。一人が好きな人であったとしても、他人と協力していかなければならないことも多いです。

一人が好きな人は必要最低限のコミュニケーションを取る

一人が好きな人は、コミュニケーションを取るのが苦手ですが、必要最低限のコミュニケーションは取るようにしましょう。

仕事をする場合、最低限の伝達事項はあります。ニュアンスを正確に伝えるため、メールではなく、対面で伝えることが必要な場合もあります。また、メンバー間のコミュニケーションも必要になります。一人が好きであっても、最低限のコミュニケーションだけは必要なのです。

一人が好きな人は自分以外のペースも考える

一人が好きな人は、自分のペースを乱されることを嫌がりますが、仕事ですので、自分以外のメンバーのペースにも合わせるようにしょう。

複数人で協力する仕事をする場合、自分自身のペースだけで進めることはできません。他人のぺースに合わせて仕事をしていくことにも慣れていきましょう。

一人が好きな人のまとめ

・特徴
友達を作らない、自分のペースを崩したくない、自分だけの世界観がある、
トラブルを起こしたくない、自分で決定できる
・仕事上でのメリット
自分のペースで進められる、人に流されない、集中できる
・仕事上でのデメリット
コミュニケーションが苦手、妥協が出来ない
・デメリット改善法
人の意見も取り入れる、最低限のコミュニケーション、他人のペースも考慮