ここでは影がある人のビジネスシーンにおいて活用できる方法や、特徴、影がある人と寂しげな人の違いなどを解説します。

影があるの意味はなにか

影とは、光がさえぎられて暗くなっている部分のことであるため、「影」を使った熟語には、どれも暗くてマイナスな意味があります。

「影がある」とは、なにか暗い雰囲気を持っているという意味です。見るからに暗い性格の場合は、「暗い人」と表現できますが、暗さがほんのり感じられる程度でかすかなときは、「影がある人」といわれます。

影があるの英語表現

英語で「影がある」は、名詞の「history」を使って「have a history」などと表現します。

「history」は歴史を表す言葉ですが、人に対して使うと、経歴という意味をあらわします。どんな経歴なのかはっきりしている場合は、「history of 」に続けて説明をしますが、「影がある」の謎めいた印象が表現できません。

経歴の内容をいわないことで、「影がある」の持つ曖昧さや、ミステリアスな魅力が表現できます。

影があるの類語

影があるの類語には、「憂いがある」「寂しげ」「陰湿」「内向的」などが挙げられます。どれも、影がある人の一面を表した言葉です。

影があると憂いがあるの違い

「憂いがある」とは、心配ごとのために心が晴れない様子を表します。

影がある人の「影」の原因が悩みごとだと、「憂いがある」と同じ印象があるでしょう。憂いがある人は、言葉に出さなくても悩みがあることが周囲に伝わってしまうのが特徴です。

影があると寂しげの違い

「寂しげ」とは、頼りになる人がいないことから心が晴れない様子を表す言葉です。憂いがあるとは理由が違いますが、悩みごとが見た目にあらわれることは同じです。

かまってほしそうな人は「寂しがりや」などといわれますが、「寂しげな人」は、一人でいるけれど、「話しかけてはいけないのではないか。」などと思わせる雰囲気の人に使われます。

影があると陰湿の違い

「陰湿」は、暗くてじめじめした様子を表す言葉で、人に対して使うと、陰で人の悪口を言ったりする様をさします。

影がある人が必ずしも陰湿というわけではありませんが、秘密のありそうな雰囲気が、裏で何かやっているのではないかというイメージを起こす可能性があります。

影があると内向的の違い

「内向的」は、気持ちを表に出せずに内気な性格を表します。なんでも素直に人に話すような人は、影がある印象は与えないでしょう。内気な人は気持ちが周囲に伝わらない分、謎めいた雰囲気が出るため、影がある印象を与えやすくなります。

仕事をするうえで、内向的な性質は問題につながる可能性が大きいです。相談事があってもそれを周囲に伝えることができず、一人で悩んでいるあいだに問題が大きくなってしまうためです。内向的だという自覚がある人は、意識的に相談をするとよいでしょう。

影がある人の特徴1:すごそうな印象を与える

影がある人は、なにか表に見えていないものを隠し持っている印象を与えます。すごい能力を隠しているのではないかという期待感を、周囲は抱きやすいでしょう。

すごい人だと周囲に思われることは、一目おかれる存在となるため、ビジネスにおいて評価されやすく有利に働くこともあるでしょう。

しかし、本当の能力以上のものを期待されると、あとから失望につながることもあります。

影のある人と接する場合、イメージで判断するのではなく、本当に能力があるのかどうかを客観的に判断することが必要です。

影がある人の特徴2:何か問題を隠している

影がある人はなにか悩みごとを抱えていることがあります。問題が重大であればあるほど、相談するのをためらってしまいがちですが、一人で悩むことになると、さらに問題が大きくなってしまうでしょう。

仕事に関する問題以外でも、家庭や金銭に関するトラブルなど、プライベートで問題を抱えている可能性もあります。

もともとは影がなかったのに急に影が見え隠れするようになった人がいた場合、うまく話を聞きだして、一人で問題を抱え込まないようにしてあげるとよいでしょう。

影がある人の特徴3:仕事を一人で進める

影がある人は人に何かを相談したり、お願いしたりせずに、自分一人の力で仕事を進める傾向があります。個人主義や、一匹狼といった印象を与えることもあります。

ビジネスにおいてはもろ刃の剣で、一人で仕事が進められるので頼りになる一方で、何か問題が起こっているのに報告や相談がされていない状態ではないかという不安も感じさせます。

過去の歴史が、その人の影を作ることがあります。仕事の能力が高い人は、過去にたくさんの苦労を重ねている場合が多く。経歴は見た目にも表れるものです。

影があって仕事を一人で進める傾向のある人がいる場合、問題があって一人で進めたがるのか、一人でできる十分な能力があってのことなのか、見極める必要があるでしょう。

影がある人の特徴4:相談が苦手

人に何でも相談できる人には隠し事が少ないため、影を感じさせることもありません。影がある人は相談することが苦手なことが多いです。相談できずに一人で抱えているものがあるからこそ、なにかを隠し持っている、影があるという印象を与えてしまいます。

ビジネスにおいて、相談は基本となるものです。一人で解決できることには限りがあり、みんなで考えたら問題は小さいと気づくこともあります。

影がある人がいたら、何か相談すべきことがあっても相談できずにいる可能性があります。影がある人の相談を聞いてあげることで、大きな問題が発生することを未然に防いで仕事をスムーズに進めることができます。

影がある人の特徴5:精神的な問題を抱えやすい

影がある人は、何か問題があっても相談ができず、抱え込んでしまう傾向があります。相談できないため、だんだんと問題が大きくなっていき、ついには精神的に問題を抱えてしまうことがあります。

影がある人に対して、周囲はなんとなく、能力が高いと感じてしまうことから、「きっと一人で大丈夫なのだろう。」と考えてしまいがちです。信頼が正しく働くこともありますが、間違えだったときにはあとで大きな問題につながります。

一人で仕事ができると決めつけずに、周囲の側から相談しやすい環境を整えるのも、チームとして仕事をしていく上では必要なことでしょう。

影がある人との付き合い方

影がある人と付き合うときは、影が何に由来するものなのかを見極める必要があります。

相手が高い能力を持っていて、見えている以上の能力が隠されているようなときは心配する必要がありません。周囲と積極的に関わろうとはしないかもしれませんが、一人でも積極的に仕事を進めていくでしょう。

一人で仕事をする事を好む人に対しては、無理に不要なコミュニケーションをとる必要は仕事のじゃまをすることになりかねません。

一方で、影の原因が悩みごとの場合は、問題が大きくなる前に、話を聞いてあげることが大切です。