なんとなく疲れたときや緊張したときに、深呼吸をしている人もいるでしょう。正しく深呼吸をすると、その効果は抜群です。

ここでは、深呼吸の効果、正しい深呼吸の方法とポイントを解説します。困難なビジネスシーンでも、簡単な深呼吸で頭をスッキリとさせ仕事をしていきましょう。

深呼吸の効果

深呼吸のよいところは、いつでもできる、お金がかからないのに効果があるところです。

仕事が忙しかったり、過度のストレスがかかっていたりするときには、無意識のうちに呼吸が短くなっていることがあります。

短い呼吸は、興奮状態で引き起こされていることが多く、落ち着いてものごとに取り組めなくなってしまいます。その興奮状態を鎮めるために深呼吸がよいです。

具体的に深呼吸には、どんなよい効果があるのでしょうか?

深呼吸によって得られるリラックス効果

休息や睡眠、リラックスした状態では、自律神経のうちの副交感神経が優位な状況です。

緊張状態では、自律神経の交感神経が強まっています。ですが深呼吸で副交感神経を優位にすることで、リラックス効果があります。

本来であれば、自然に呼吸の長さや回数で調整される自律神経を、深呼吸で意識して調整するのです。また、交感神経を調整することで、血圧が下がる効果もあります。

美容効果

深呼吸は腹式呼吸です、おなか周りの筋肉をつかいます。それにより、腸の動きが活発になり、便秘解消の効果があります。便秘がなくなると、肌も綺麗になります。

また、内臓が活発に動くうえに、酸素がたくさん取り入れられるので、体中を血液が駆け回ります。すると、女性が悩みがちな指先や足先などの末端の血流もよくなり、冷え性の改善につながります。

ダイエット効果

一時期流行った、ロングブレスダイエットを覚えていますか? それからもわかるように、呼吸を深くすることはダイエットにもよいです。

深呼吸で体の隅々に酸素が行き渡り、基礎代謝がアップするからダイエット効果に繋がります。

また、自律神経を整えることで、過剰な食欲を抑えることにも効果があります。

正しい深呼吸の方法

深呼吸は、「腹式呼吸」や「横隔膜呼吸」ともいわれます。身体に酸素を十分に取り入れる深呼吸は、心拍数を下げて血圧を安定させます。

腹式呼吸は、何度も意識して練習することで、習慣的に深呼吸をするようになります。正しい深呼吸の方法を確認しましょう。

① 鼻からゆっくりと、肺いっぱいに息を吸い込みます。いつも短い呼吸をしている人はすぐに吐きたくなってしまいますが、ぐっと我慢しましょう。息を吸うことに意識を集中します。
② 腹部を2.5~5cm膨らませるまで、深く息を吸い込みます。背筋を伸ばして立った状態か、座って背筋を伸ばした状態が深呼吸をしやすいでしょう。
③ 鼻からゆっくりと、すべての息を吐き出します。吸い込む時の倍の長さをかけるほど、ゆっくり吐きます。
④ ここまでのサイクルを、まずは5回繰り返してみましょう。慣れないうちは、深呼吸がしにくい人もいます。慣れてきたら、10回、20回と繰り返すようにしましょう。

だんだん深呼吸が習慣になり、意識しないでも普段から腹式呼吸になります。

深呼吸のポイント

最後に、深呼吸のポイントをもう一度確認します。

 

どうせするなら、正しく効率のいい深呼吸をしましょう。

深呼吸のまとめ

  • 緊張していたり、ストレスがあったりすると、人の呼吸は短くなりがちです。それを深呼吸で改善すると、たくさんのよい効果があります。
  • 深呼吸の効果には、リラックス効果、美容効果、ダイエット効果などが期待できます。
  • 正しい深呼吸(腹式呼吸)の方法は
    ①息をすった時にはちゃんとおなかを膨らませ、吐いた時には背骨につくイメージでひっこめること!
    ②息はしっかり吐ききること!
    ③吸うのは鼻!吐くのは口!
  • 深呼吸のポイント3つを確認して、効率のいい深呼吸をすると、仕事もすすみます。