ネット通販の進化に伴い、利用されることも多くなってきた払込取扱票。全国各地の郵便局などで利用することができる非常に便利なシステムです。しかし正しく使わなければ送金がうまくいかずに二重支払いを請求されてしまう場合もあります。

この記事では払込取扱票の正しい書き方・使い方について解説していきます。

払込取扱票とは

払込取扱票とは、現金や自分の口座からお金を相手に送金する際に記入する紙のことです。

郵便局に設置されていたり、送金するお店から直接送られてきたりします。一見難しいことを記入しなければならないように感じますが、実際は書くことも少なくとても簡単です。

しかし、書き間違いがあると正しく送金されませんから注意しましょう。

払込取扱票を使うタイミング

以前から送金の方法として郵便局の払込取扱票は数多くの場面で使用されていました。

特に最近では、ネットショッピングや通販などの利用頻度が高まり、改めて払込取扱票が注目を浴びています。ネットショッピングの支払い方法には様々なものがありますが、払込取扱票で送金をする場合が多くなっています。

払込取扱票の種類

利用シーンの多い払込取扱票ですが、払込取扱票には、赤いものと青いものの2種類があります。

振込と振替の違い

送金の際によく使われる「振込」と「振替」という言葉ですが、この二つには明確な違いがあります。

振込

他の銀行や、同じ銀行の別の支店へ送金する場合に使われる言葉、通常、手数料が発生します。

振替

同じ銀行の同じ支店へ送金する場合に使われる言葉、通常、手数料は発生しません。

赤と青の違い

払込取扱票には赤いものと青いものの2種類が存在します。

赤いものは送金の手数料を相手側が負担する場合に使用し、青いものは自分が負担する場合に使用します。

郵便局に置いてあるものは基本的に青いものであり、送金先のお店などから送られてくる場合には赤いものであることが多いです。本当は送金する相手が手数料を払ってくれる場合に、もし間違えて青い払込取扱票を使用してしまったら、自分が手数料を支払わなければなりません。

払込取扱票を記入する際は自分と相手のどちらが手数料を支払うのか明確にし、記入する紙を間違えないように注意しましょう。

払込取扱票の書き方

払込取扱票を記入するにあたり、他にも注意点があります。

書き方と注意事項

郵便局では払込取扱票を使って送金することが「通常払込み」と呼ばれています。

通常払込みの場合、送金先の口座が0から始まるものでないと送金ができません。払込取扱票を書くときは、送金先の口座番号の一番初めの数字が0であるのを確認し忘れないようにしましょう。

通常払込みの払込取扱票の書き方として、記入しなければならないのは10項目。「相手の口座の記号・番号」と「金額」、「相手の名前」と「依頼人(自分)の名前と住所と電話番号」、そして、振替払込請求書兼受領証にも記入する必要があります。

相手の口座番号が間違っていると違う人の口座に送金されてしまいますから、間違えがないようにしましょう。

送金先のお店などから払込取扱票が送られてきた場合は、送金先の番号や受取人の氏名が記入されていることが多く、この場合は書く手間が省けます。

通信欄の書き方

払込取扱票には、「通信欄」という項目があります。これは、自分から相手側に対して伝達事項がある場合などに使用する欄です。

注文した商品の番号や数量を記入することが多いです。それ以外にも通信欄には自由に伝達事項を書くことができるため、何か送金相手に伝えるべきことがある場合は利用しましょう。

ATMを使う場合の払込取扱票の書き方

郵便局やゆうちょ銀行のATMで払込取扱票を使用して送金することも可能です。ATMを利用して送金するメリットとしては、手数料が少し安くなることが挙げられます。

ただし、この場合は専用の紙を使わなければなりませんので注意してください。

ATMを使う場合の払込取扱票の書き方として気をつけなければいけないのは、住所と氏名を書き忘れないようにすることです。これを書かないと相手が誰から送金されたのかわからなくなりますので、場合によっては二重の支払いをすることになるかもしれません。

コンビニから送金するとき

コンビニから送金する場合は、利用するコンビニATMで使えるキャッシュカードを持っていなければなりません。

なぜなら、コンビニATMは現金での振込に対応していないからです。また、コンビニから送金する場合、送金する金額や利用するコンビニによって手数料が変わってくることも忘れてはいけません。手数料は送金金額が1万円未満の場合は64円または65円、1万円以上5万円未満の場合は108円、5万円以上30万円未満の場合は324円です。

ちなみに、コンビニ振込の限度額はどこのコンビニでも30万円となっています。

その他の使い方

郵便局の払込取扱票というと、なんとなくアナログなイメージがありますよね。

しかし、払込取扱票には現代の利用シーンに合わせた使い方もあります。例えば、エクセルで払込取扱票を印刷することができます。自分のパソコンのエクセルで必要事項を記入し、あとは印刷するだけです。この方法ならコピー&ペーストで記入することもできますし、書き間違いのリスクを減らすことに繋がります。

払込取扱票のおさらい

全国各地の郵便局などで利用できる送金方法として知られている払込取扱票を使った振込。

ネットショッピングなどでよく利用される払込取扱票ですが、赤いものと青いものの2種類があり、自分か相手かどちらが手数料を支払うかによって使い分けます。

郵便局では払込取扱票を使った送金方法を通常払込みと呼び、この場合は相手の口座番号が0から始まるものでなければいけません。

払込取扱票はATMやコンビニなどでも利用できますから非常に便利。最近ではエクセルで払込取扱票に必要事項を記入して印刷することもできるなど、活用できるシーンが広がっています。