ビジネスにおいて、「客観的な人」は貴重な存在として、評価されることが多いです。しかし、客観的な人にも短所はあります。それを改善できれば、ビジネスパーソンとしてより評価されるし、転職などの時には強力なアピールポイントにもなります。ここでは、そんな「客観的な人」の特徴、短所を振り返り、短所の改善法もまとめます。ワンランクアップしたデキるビジネスパーソンになりましょう。

客観的とは

「客観的」とは、“主観または主体を離れて独立に存在するさま”や“特定の立場にとらわれず、物事を見たり考えたりするさま”の意味があります。
一般的には「客観的な人」は、自分を世の中のひとりであると自覚し、社会全体的なつながりを把握、意識してものごとを考えられる人のことを言います。

客観的の反対は「主観的」

「主観的」とは、“表象・判断が、個々の人間や、人間間の心理的性質に依存しているさま”や“自分ひとりのものの見方・感じ方によっているさま”を意味します。

「主観的な人」は、世の中とのつながりや関連を無視して、自分の中だけで物事を考える人のことです。

主観的な人の特徴

一般的には、偏った考え方や偏屈な考えに行きつくことが多いと言われています。
自分の世界観なので、視野が狭いだけでなく、根本的に間違っていたり勘違いをしていていたりしても、正しいと思い込んでいることもあります。また、間違いなどを指摘されても、それを受け入れられない傾向もあります。チームワークやコミュニケーションが大切なビジネスシーンでは、「主観的な人」が評価されにくい理由は、これらにあります。

客観的な人の5つの特徴

一般的にいう「客観的な人」とは、どんな人でしょうか? まずは、その特徴を5つまとめます。

人の立場に立って物事を考えられる

自分をひとつの要素と考えるので、他の要素のことも考えられる余裕があります。
相手の立場で物事を考えられるのは、全体のバランスをとるのに大切なことです。客観的な人に優しい、気が利くタイプが多いと言われるのも、これが理由でしょう。

幅広い視野を持っている

自分はひとつの要素でしかないので、自然と全体を考え視野が広くなります。
また、相手のことも考えるし、物事のつながりも考えるので、知識の幅も広い人が多いです。

冷静な人が多い

自分の感情に流されず、他人の感情も考えます。
また、視野が広いので、社会全体で起こっていることにも敏感で冷静な対応ができる人が多いのも、客観的な人の特徴です。

臨機応変な対応が出来る

相手の気持ちや立場も考えられますし、全体の把握も上手な客観的な人は、さまざまな対応のアイデアやパターンを多く持っているものです。
結果、臨機応変な対応につながります。

物事を外側から見ている

社会でのつながりは、内側から一方的に見てもなかなか本質は見えません。
冷静に一歩引きさがって外側からみる視点だからこそ、見えるものが増えます。

客観的な人の強み

ビジネスで高評価な「客観的な人」は、個人・会社でのつながりだけでなく、社会とのつながりを意識しているのがポイントです。ビジネスにおける「客観的な人」の強みとは、具体的に何があるでしょうか?

自分のやるべき仕事を他社の視点からも考えられる

会社での仕事がチームワークであるように、社会におけるひとつの会社も取引先や関連会社など、他の会社との連携の上に成り立っています。

だからこそ、客観的な人の広い視野で、他社のことまで考えて仕事を進められる能力は、強みになります。

万が一仕事上でトラブルが起きても冷静に対処出来る

仕事上のトラブルは、周りの人や他社を巻き込む場合がほとんどです。自分のことばかり考えている人は、的確に冷静な対処はできません。

しかし、客観的な人は、普段からつながりを考えているからこそ、何をどうすればいいのか冷静に素早く対応できます。

客観的な人の短所

ビジネスで頼りがいのある「客観的な人」ですが、短所と言われる点もいくつかあります。

優柔不断に陥りやすい

客観的になろうと意識しすぎると、他の人の立場や物事など考える要素がいろいろ浮かあがってきます。

そうなると、何かを決断しなければいけない場面で、「本当にこれでいいのか?」と迷いのスパイラルに、はまってしまいがちです。
これが主観的な人であれば、自分の考えで決めつけるので、決断が早い、割り切りが早いという利点があるともいえます。

八方美人に見られがち

広い視野がゆえに、関係者を多く認識できます。また、人の立場に立って相手の気持ちを考えられるので、人あたりもいい人が多いはずです。

あちらを立てて、こちらを立ててという行動は、時には他の人にただの八方美人と映る時もあるかも知れません。

客観的な人の短所を改善する方法

短所の改善には、まったく反対の「主観的な人」を反面教師として、参考にしてみるのもひとつのいい方法です。

時には自分自身の視点からも考えてみる

いつも相手のことばかり考えているので、自分が何をしたいのか、どう考えているのかを見失ってしまうことがあります。
客観的でいるのも大切ですが、時には自分の視点で自分の役目や欲求を考えないと、思い切って決断できなくなってしまいます。

自分自身の意見も主張してみる

周りからのさらなる信頼を勝ち取るため、また自分を信じている思いの表明の意味で、自分の意見を主張するのも大切です。
また、ビジネスでは状況が膠着してしまうこともしばしばあります。そういう時こそ、主張するのが大切です。

まとめ

「客観的な人」は、自分を世の中のひとりであると自覚し、社会全体的なつながりを把握、意識してものごとを考えられる人のことを言います。反対に「主観的な人」は、世の中とのつながりや関連を無視して、自分の中だけで物事を考える人のことです。
一般的な「客観的な人」の5つの特徴は、人の立場から物事を考えられる、幅広い視野、冷静、臨機応変、物事を外側から見ている点があります。
だからこそ、ビジネスでは自分のやるべき仕事を他社の視点からも考えられ、万が一のトラブルにも冷静に対処出来るのが、「客観的な人」の強みと評価されます。
しかし、広い視野や優しさから、優柔不断に陥りがちだったり、八方美人に見られたりする短所もあります。
客観的にいることを意識しながら、時には自分自身の視点からも考えてみる、自分自身の意見も主張してみることも合わせれば、短所を改善して、よりビジネスで活躍できる「客観的な人」になれます。