ビジネスシーンから日常生活まで、「ご芳名」という表現をたまに目にする事があります。主に招待状などで使われるフレーズですが、正しい意味を知っている方は意外と少なくなっています。ここでは、「ご芳名」の正しい意味や使い方、招待状での「ご芳名」の正しい消し方について触れています。相手に招待状などを返信する時にも、これで安心です。

ご芳名とはそもそもなにか

「ご芳名」とは「ごほうめい」と読みます。「御芳名」と表記する事もあります。

「芳名」とは、相手の姓名を敬って言う言葉です。つまり、「ご芳名」とは、目上の人に対して「氏名・姓名を丁寧にした表現となります。

「ご芳名」は主に結婚式や披露宴などの招待状・案内状で、相手の出欠の可否を問う返信用はがきの、名前を書く箇所に使用されています。ビジネスシーンでも、発表会や各種パーティの案内状で「ご芳名」が使用されています。

また、招待された催し物の受付で、来賓から氏名を記帳してもらう帳簿を「芳名帳」と呼びます。

他にも、「芳名」には「良い評判・名声」という意味もありますので、「芳名を後世に残す」といった表現もします。

転職バナー

招待状の返信 ご芳名の消し方

そもそもなぜご芳名を消す必要があるのか

「ご芳名」もしくは「御芳名」は、こちらの氏名に対して敬った表現となっています。その為、相手に返信をする時には「ご芳名」の「ご芳」を消さなければいけません。

ちなみに、「ご芳名」とはそもそも「氏名・姓名」の丁寧な表現である「芳名」に「ご」がついた言葉になっていますので、元々は二重敬語で誤った表現となっています。ところが、今ではビジネスシーンを含めて使用できる表現として認知されています。「芳名」自体が敬語表現ですので、「ご」や「御」だけでなく、「ご芳」や「御芳」も決して、「名」にしなければいけないのです。

招待状での「ご芳名」の消し方

招待状などの返信の欄では、「ご芳名」もしくは「御芳名」の「ご芳」「御芳」を直線の二重線で消して「名」だけにします。×や斜め線で消すのはマナー違反です。縦書きの時には縦の直線二重線で、横書きの時には横の直線二重線で消します。

ちなみに、「ご住所」もしくは「御住所」と、「ご芳名」の隣には自分の住所を書く欄が用意されている事が多いです。この「ご」もしくは「御」も二重線で消して、「住所」とする事を忘れないようにしましょう。

「ご出席」「ご欠席」もしくは「御出席」「御欠席」の欄は、「出席」もしくは「欠席」かを選んだ後に、該当する「ご」もしくは「御」と該当しない方を二重線で消し、「出席」もしくは「欠席」を〇で囲みます。この時、結婚式などのお祝い事の場合には、「ご」や「御」を二重線ではなく「寿」や「賀」の字を重ねて書いて消すと言うマナーがあります。

招待状が往復はがきの場合には、往信の自分の宛名の「様」も二重線で消します。

また、返信用のはがきを書く時には、毛筆か万年筆というマナーがありますが、黒のボールペンでも問題ありません。ただし、グレーや青でなく、必ず黒いインクのボールペンを使用しましょう。

だれでもできる節税対策!会社員こそやるべき、ふるさと納税

ふるさと納税

名前は知っていても使ったことがない方が多いと思われます。カイシャドコイクでは、企業に勤めているからこそ、ふるさと納税をやるべきと強くおすすめします。

だれでもできる節税方法、しかも、返礼品によってはおいしいお肉や家電を手に入れることができます。ご興味がある方は下記リンクをご覧ください。

ふるさと納税とはなにか、仕組みやメリットについての解説

また、すでにふるさと納税に関して知識がある方は、ふるなびさとふるをおすすめいたします。

ふるなびへのリンクはこちら さとふるはこちら