ノスタルジックの意味とは

ノスタルジックとは英語からきている言葉で、日本語にすると「郷愁(きょうしゅう)」や「望郷」、「懐古」や「追憶」と訳されることが多いでしょう。

ノスタルジックの意味は、空間的に遠く離れた故郷を懐かしむような思いやこいしさなどを抱くさまや、時間的に過ぎ去ったことを懐かしむさまなど、またそのようなさまにさせられるさまのことをさします。主に、心境や感情に対しての形容詞として使われます。

自分が実際に体験したことや過ごした時間からノスタルジックな感情を持つこともあれば、体験したことはなくても憧れやイメージからノスタルジックな感情を持つこともあります。

何に対して懐かしやこいさしさを感じるかは、個人によるので、定義が難しいでしょう。しかし、一般的にはノスタルジックなことは悪い感じでない意味で使われます。

ちなみに、ノスタルジックという言葉は、1688年に作られた概念です。ギリシャ語の「帰郷【nostos】」と「心の痛み【algos】」を合成した言葉で、「故郷へ戻りたいと願うが、二度と目にすることが叶わないかも知れないという恐れを伴う病人の心の痛み」としたのが語源です。

ビジネスシーンでも、同様の意味で使われます。

ノスタルジックの使い方と例文

ノスタルジックは、感覚的な表現なので、シーンに会っているか注意して使いましょう。

・人気の観光地には、ノスタルジックな街並みが広がっている。

 

・ノスタルジックなインテリアが、店舗の外観に合っている。