慢性的に体が疲れている人は多いようです。

休んでいるのに疲れが取れていなかったり、そもそも休みが取れなかったり、理由は様々ですが、仕事に疲れはつきもの。

今回の記事では、疲れが取れない原因や疲れを溜めない習慣を身につける方法について以下のような点を中心に解説いたします。

  • 疲れが取れない2つ原因
  • 疲れをとるシャワー習慣
  • 疲れをとる食事習慣
  • 疲れをとる睡眠前習慣

疲れが取れない状態を少しでもできるようにぜひにしてみてください。

疲れが取れない原因は運動不足・睡眠不足

疲れを感じるときにはいくつかの原因があります。一般的な疲れの原因としてあげられるのは運動不足睡眠不足です。

本来、人間の体は運動することで明記力が高まり、体によい影響をもたらします。

運動しているにもかかわらず、慢性的な疲れがある場合は、睡眠不足を疑ってみるとよいでしょう。睡眠不足とは、睡眠時間が短いだけでなく、眠りの質が悪い場合もあります。

体も脳も、同じ神経回路ばかり使いると負荷が集中し、活性酸素が発生します。活性酸素が生じることによって人間は疲れを感じます。「飽きた」と脳が感じるときや睡眠が十分に取れていないときは、脳が疲れてしまいます。

疲れを溜めないシャワー習慣

結論、毎日のシャワーの質を上げるだけで睡眠の質が向上し疲れが取れるが期待できます。

疲れはどうしても溜まってしまうからこそ、毎日忙しい社会人にとってシャワーだけで疲れが取れたら嬉しいですよね。

ただし単にシャワーを浴びるだけではその効果は薄まります。

は下記の通り。

  • 少し熱めの温度でシャワーを浴びる
  • 寝る90分前に浴びる
  • 質の高いシャワーヘッドに変える

それぞれ見ていきましょう。

そもそも人の睡眠は「体温」と「リラックス」が重要です。シャワーを浴びるだけで睡眠の質が上がる理由は、シャワーを浴びることで人はリラックス効果熱を放出する効果を得られるから。さらにそこにシャワーヘッドの質が高くなることで、よりそれらの効果が感じられ心地よい睡眠になるのです。

少し熱めの温度でシャワーを浴びる

シャワーの温度を上げることで、体がより温まりやすく、体温変化も促せます。

睡眠のおいて体温変化は重要な要因です。

ほんのちょっと高い温度でよく温まるだけでより睡眠にも良い影響を与えるでしょう。

もし入浴できる時間があればお風呂を沸かして浴槽に浸かるのが一番良いです。ただしお風呂を沸かしている時間もない方も多いはずなので、シャワーだけでも良い効果が得られる方法を見ていきましょう。

寝る90分前に浴びる

寝る90分前くらいにシャワーに浴びると、熱が放出されていい体温変化が促され質の良い睡眠につながります。

シャワーを浴びると体温が上昇します。その後90分ほどで正常に戻り、その後も体温は下降していきます。

この高い体温から低い体温への体温変化が良い睡眠につながるのです。

質の高いシャワーヘッドに変える

質の高いシャワーヘッドはまるでエステに行っているような「リラックス効果」「効率よく体を温める効果」を一般的なシャワーヘッドよりも高く感じられます。

特に最近では「ウルトラファインバブル」と言われる超微粒子の水泡を出すシャワーヘッドもあり、忙しい人には最適なシャワーヘッドでしょう。

質の良いシャワーヘッドを選ぶには|おすすめのシャワーヘッドをご紹介

ウルトラファインバブルのシャワーヘッドは、最近ではテレビでもよく放送されており種類も様々です。

中でも一番おすすめなのがリファ ファインバブルS

など評判も高く、何より月額500円で試せるのもの一つです。

詳しくは下記サイトで詳しく述べられているのでぜひご覧ください。

リファの口コミ・レビューを見る

疲れを溜めない食事習慣

体が疲れている時、お肉などのエネルギー源となるものを食べるとよいと感じますが、どんなお肉でもよいわけではありません。

鶏の胸肉に含まれるイミダペプチドという物質が疲労回復を助けてくれます。

渡り鳥の羽野付け根の胸肉の部分にイミダペプチドが多く含まれています。渡り鳥は、1年中長距離を飛び続けます。常に抗酸化作用を発生させることで、羽の筋肉の疲労や消耗を防いでいます。

この物質は人間の体内にも存在します。しかし、人間の場合は一番消耗の激しい脳の中にたくさん含まれています。脳が疲れることで、疲労を感じるため、積極的にイミダペプチドを摂取するとよいでしょう。

疲れの症状によって疲労回復に最適な食べ物は変化する

疲れの症状によって疲労回復のための食べ物は変わってきます。

自分の疲れの症状によって、食べるものを変化させるようにしましょう。

筋肉疲労や肉体疲労の場合

筋肉や肉体疲労におすすめの食材は、豚肉、うなぎ、豆腐、ネギ、ニンニクなどです。

これらの食材には、ビタミンB1とアリシンが含まれています。ビタミンB1は水溶性のビタミンの1つで、糖質からエネルギーを作る働き、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きがあります

また米の中にも多く含まれていますが、日本人の主食のご飯は精白米です。精白されていない胚芽米や玄米をとることでビタミンB1を補うこともできます。

ビタミンB1が足りなくなると、糖質がエネルギーにうまく変わらないため、疲れやすく、食欲不振、だるさなどの症状が体に出てきます。

精神的な疲労の場合

精神的な疲労におすすめの食材は、柑橘類などの果物、緑黄色野菜、酢、梅干し、ナッツなどです。

緑黄色野菜や柑橘類にはβカロテンが含まれています。βカロテンにはビタミンAの作用するはたらきと、有害な活性酸素から体を守る抗酸化作用、免疫増強の働きがあります。

また、これらの食品には、ビタミンCも豊富に含まれています。

ビタミンCは、水溶性ビタミンの1つで、タンパク質を作ります。皮膚や粘膜の健康維持に薬だったり、病気やへの抵抗力を強めたり、鉄分の吸収をよくしたりします。一般に美容のビタミンとも呼ばれています。

さらに、梅や酢、レモンなどにはクエン酸が含まれています。クエン酸は、体内の老廃物や疲労物質の蓄積を防ぐ効果が期待できます。脂肪や乳酸を分解し、疲労物質を除去してくれるんです。

ナッツや魚介類に多く含まれているビタミンEは活性酸素を除去する抗酸化作用を持っています。果物や野菜と組み合わせるとさらに効果が上がります。

疲れを溜めない睡眠習慣

疲労回復には、食べ物だけではなく、睡眠も大切です。質のよい睡眠を十分にとることによって、自律神経を休ませることができます。

具体的には以下のような点について注意しましょう。

睡眠に関してはこちらの記事もぜひ合わせてご覧ください。
早寝早起きの効果 早寝早起きできない原因と不眠症との違いを解説

スマホは寝る1時間前から禁止

現代人は、電気を発するものに囲まれています。テレビやパソコン、スマホなどブルーライトを放つものを長時間、なおかつ、寝る直前まで見ていると、眠りの質が悪くなります。

ブルーライトは太陽光の波長と似ているため、脳はブルーライトの光を昼間の太陽光と勘違いしてしまう傾向があります。そのため、脳が活性化した状態で眠ったとしても、熟睡ができず、睡眠の質が下がってしまうのです。

就寝1時間前までには、スマホやテレビを見ないようにして、脳がきちんと夜だと認識するような行動をとりましょう。

寝る前に暗い部屋でリラックス

ブルーライトの光によって脳が昼間と勘違いすることから、寝る前から脳を休ませておく必要があります。脳がきちんと夜であることを把握するためには、寝る前に明るいところにいないほうがよいでしょう。

暗い部屋で、アロマをたいたり、落ち着いて音楽を聴いたりしてリラックスすることで、脳を休ませることができます。

寝る前に歯磨きをしますが、その時も明るさの強い洗面所よりは、薄暗い方がよいといわれています。

リラックス効果を促すアロマを扱ったにはアロマセラピストというものがあります。

アロマセラピストに興味がある方はぜひ以下の記事も参考にしてみてください。
アロマセラピストの仕事内容となるための方法 勤務体系と給料の解説

長風呂は禁物

寝る前に入浴することで、睡眠の質を上げることができます。寝る前に入浴することで、血流が良くなり体が温まります。

その反動で、入浴後には体の熱を外に出して体温を大きく下げようとします。その状態で布団に入ることによって入眠がスムーズになります。

しかし、長時間入浴はしないほうがよいです。ぬるい温度での長時間の入浴は、体を冷やしてしまいます。また、高い温度での長時間の入浴は、汗をかきすぎて体力を消耗し、脱水症状を引き起こす場合もあります。

ダイエットには長時間の半身浴が効果的といわれていますが、体の疲れを取ることが目的である場合、あまり長時間の入浴はおすすめできません。

疲れが取れないことと疲労回復に関するおさらい

疲れが取れないことと疲労回復に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 疲れが取れない原因として、運動不足や睡眠不足が挙げられる
  • 疲れを溜めない習慣として毎日のシャワーの質を上げる
  • シャワーの質を上げるにはリファのシャワーヘッドがおすすめ
  • 疲れを溜めない体にするために鶏の胸肉に含まれるイミダペプチドを摂取するとよい
  • 精神的な疲労回復には酢の物や緑黄色野菜、柑橘類などがよい
  • 体力的な疲労回復にはビタミンB1を含む豚肉やレバー、豆類などがおすすめ
  • 質の良い睡眠をとるために、就寝前には明るいところやブルーライトの光を避けるように心がける