女性のくつろぎの時間としてアロマセラピストの施術を受けるのは、贅沢な時間でもあります。また、ストレスが多すぎて辛いときに、アロマセラピーを受ける人も多いでしょう。

施術を受けてアロマセラピーのよさを実感して、アロマセラピストになりたいと思う女性も増えています。ここでは、アロマセラピストの仕事内容、アロマセラピストになる方法、年収や勤務形態などを解説します。

アロマセラピストの仕事内容

アロマセラピストとは、アロマセラピーをする人のことです。アロマセラピーは、天然の植物から抽出した植物性香油であるエッセンシャルオイルを用いて、芳香療法のことをいいます。

日本ではアロマセラピー、アロマテラピーと両方のいい方がありますが、これは英語読みかフランス語の読みかの違いになるでしょう。

アロマセラピーはマッサージなどの効果に加え、香りにより心までをヒーリングする効果があります。ストレスの多い現代では、リラックスして不調を改善するために多くの女性が興味を持っています。

日本ではまだ国家資格はありませんが、アロマセラピストを認定する民間団体が数多く存在します。ヨーロッパでは古くから、補完医療として認知されており、今後は日本でもメディカルアロマセラピーとして活用される病院や施設などが増えることでしょう。

アロマセラピストとして活躍するのはリラクゼーションサロンや美容サロンをはじめ、自宅で開業することも可能です。また、出張方式で開業することもできるでしょう。

アロマセラピストとして、兼業または副業として活躍する人も多くいます。今ではアロマセラピストがいるサロンの数が増えているため、開業する場合には、告知や宣伝などのノウハウも学んでおく必要があります。

開業に際しては、特に保健所などへの届け出の必要はありません。

アロマセラピストになる方法

アロマセラピストは民間資格しかなく、必ず資格がなくてはアロマセラピストになれないということはありません。

サロンなどの従業員として、経験を積んでいく人もいます。しかし、大手のサロンでは、資格をもっていることを前提にアロマセラピストの求人をしているケースもあるでしょう。

アロマセラピストになるために必要な学歴・資格

海外では医療のひとつともされるアロマセラピーであるため、心と体、肌への影響が大きい施術です。

サロンによっては、指定の民間団体の資格を持っていないと働けないところもあります。民間団体の資格は、ほとんどが受験資格は不問ですが、団体会員にならなければ受験できないところもあるでしょう。

アロマセラピストの資格は通信教育、資格認定のスクールや美容系の専門学校でも学べるでしょう。アロマセラピストとして開業するにしても、独学では難しいといえます。

アロマセラピストの年収は美容師と同程度

アロマセラピストの年収の正式なデータはありませんが、サロンなどで活躍するアロマセラピストは20~30代の若年層が多く、美容師などと同じくらいの年収でしょう。

厚生労働省の平成28年賃金構造基本統計調査では、10人程度の事業所の美容師で250万円ほどで、アロマセラピストの年収の目安になります。

サロンなどのマネジメント層や開業してうまく軌道にのせることができれば、もう少し多めの年収を目指せます。

参考:厚生労働省の平成28年賃金構造基本統計調査

その他の職種・自分の平均年収が気になる方はこちらが参考になります。

dodaへ

アロマセラピストの勤務体系と休日

アロマセラピストは顧客あってこその仕事であり、顧客に合わせなければならないため、休日が少ないシフト勤務になるでしょう。

給料日直後やイベントシーズンが繁忙期です。またサロンなどの営業時間は拘束時間が長いことが予想されます。

立ちっぱなしで力もいる仕事であるため、好きだからこそこなせるのがアロマセラピストといえるでしょう。

アロマセラピストの資格を認定する団体

公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ) 
内閣府に認定された、アロマテラピー関連で唯一の公益法人になります。

さまざまなアロマセラピーの認定をしていますが、アロマセラピストと活躍したいなら「アロマセラピスト」または「アロマテラピーインストラクター」を受験するのがいいでしょう。

公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ) ホームページ

IFA国際アロマセラピスト連盟
世界で初めて発足したアロマテラピーの国際機関で、イギリスの団体です。難易度が高い資格ですが、国際的に通用する資格なのが魅力です。チャンスがあれば、グローバルにアロマセラピストとして活動したいなら、この団体の資格がおすすめです。

IFA国際アロマセラピスト連盟 ホームページ

NARD JAPAN ナード・アロマテラピー協会
フランス式アロマテラピーに分類されますが、団体はベルギー発祥です。職業としてアロマセラピストになるなら、「アロマ・セラピスト」か「アロマ・インストラクター」の認定を受けると活躍の幅がひろがるでしょう。

精油について、科学的なアプローチで研究を進めている団体です。

NARD JAPAN ナード・アロマテラピー協会 ホームページ

アロマセラピストを認定する団体は、他にも以下のものがあります。

IFPA 国際プロフェッショナルアロマセラピスト連盟
日本アロマコーディネーター協会(JAA)

また、これらの団体の資格を取得するためのスクールで東京にあるものは以下の通りです。

自然療法の国際総合学院IMSI
パルファム
アロマスクールラヴァーレ

アロマセラピストについてのまとめ

  • アロマセラピストとは、天然の植物から抽出した植物性香油であるエッセンシャルオイルを用いて、芳香療法を施術する人のことをいいます。
  • アロマセラピーはマッサージなどの効果に加え、香りにより心までをヒーリングする効果があります。
  • 女性に人気なだけでなく、病院や施設でも活用されていくでしょう。アロマセラピストとして働くには、サロンなどの従業員として、また開業して働くこともできます。
  • アロマセラピストになるためには、国家資格などは必要ありませんが、日本でも数多くの民間認定団体があります。
  • サロンなどで経験を積んでアロマセラピストと働くのもいいですが、海外では医療の一端を担うほどの施術なので、資格を取得するのもいいでしょう。
  • 通信教育、資格認定スクールや美容系の専門学校でとることができます。
  • アロマセラピストは若年層が多く、美容師と同程度、年収が250万円ほどだと言われています。
  • また、顧客あっての仕事なので、休日は不規則、シフト勤務ですが長時間労働になることもあるでしょう。給料日直後やイベントシーズンは、繁忙期になります。