この記事では定年退職祝いのおすすめについて解説いたします。

親や職場の、取引先や恩師などの中には近々定年を迎えるという人もいるかもしれませんが、その時のお祝いをどうしたら良いかに迷ってしまうということは十分ありうるでしょう。

そこで今回は定年退職祝いのおすすめを対象や予算などを踏まえて整理しました。

この記事を最後まで読めば、定年退職祝いについて具体的にイメージしやすくなることでしょう。

定年退職祝いとは


そもそも「定年退職」とは「定年制」を導入している企業や組織に勤務する労働者が、あらかじめ決められた年齢を過ぎたときに退職することを指します。

これまで定年退職の年齢は60歳が一般的でしたが、2013年に「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律(高年齢者雇用安定法)」が改正されたことで「定年退職」の年齢が見直されました。その結果2022年現在の定年は65歳とする企業や組織が多くなっています。

そして「定年退職祝い」とは定年を迎えて退職する人に労いや感謝の気持ちを込めてする贈り物のことです。昔と今とで年齢こそ差はありますが、「定年退職祝い」を贈ること自体は今日でも行われています。

「定年退職祝い」を贈るかどうかやどんなものを贈るかは相手との関係の深さやお世話になった度合いなどで異なりますが、何かしら気持ちを形にして表すことは意義のあることです。また「定年退職祝い」は職場の上司や学校時代の恩師などに限らず、親が「定年退職」する場合にも贈られます。

これまで育ててくれた感謝や労いの気持ちを伝えるためにも、「定年退職祝い」を贈るという人は少なくありません。大切に育てた子どもから「定年退職祝い」をされるとなると、大いに喜ばれることでしょう。

なお「定年退職祝い」を渡す時期は定年退職の直前が基本です。あまり早すぎると退職を喜んでいるように感じられ、失礼になりかねないので十分注意しましょう。

例えば同じ職場で働いている方に贈るなら、最終出社日や送別会の席などでお渡しするのが一般的です。職場が異なる場合や友人などの場合は退職後でも問題ありませんが、退職してからなるべく早い時期に贈るといいでしょう。

定年退職祝いの選び方


「定年退職祝い」は相手との関係性や関係の深さ、贈る人数や予算などによって大きく変わってきます。例えば職場の上司に対して部下一同から贈る場合、それぞれから同額を集め、誰かが代表して購入するというケースがあるでしょう。(集める金額は、部下一同の中でも年齢や役職の有無などによって多少差があることもあります)

その他にも、その方が定年退職後にどのような暮らしをされるのかによってもお渡しするのものが変わり得ます。
例えば定年退職後も働きたいという男性にはネクタイやベルトなどのアイテムが喜ばれるかもしれません。逆に定年退職後に働く予定がない人にそれらのものを贈ると、引き続きをするよう促されているように思われてしまう恐れがあります。

また定年退職を区切りとしてゆっくりと老後を過ごしたいという女性には花束やアクセサリーなどを贈るのも良いでしょう。その際には事前に、その方の好きな花やブランドなどを知っている人に確認しておくと良いでしょう。

定年退職祝いの相場

定年退職祝いにどれぐらいの金額の品物をお贈りするかは、相手との関係を考慮する必要があります。おおよその目安になる金額として、同僚や友人は3,000~5,000円程度、お世話になった先輩や上司などには5,000~10,000円程度、自分や配偶者の親に対しては10,000~30,000円程度です。

ただし、これはあくまで程度であって、必ず上記の金額を守られなければならないということではありません。特に仲の良かった同僚やお世話になった上司などにはこの金額以上の贈り物をしても良いですし、同僚でもほとんど接点がなかった人へは、その金額以下の贈り物でも問題ない場合もあります。

しかしながら、長年勤めて退職される方にはそれだけの敬意を表すことが望ましいかもしれません。いくら接点が少なくてもあまりに少額の贈り物をするよりは、同僚と出し合ってもう少し高価な品をお贈りするなどしても良いでしょう。

また自分や配偶者の親への定年退職祝いの場合も、配偶者や他の親戚と協力すれば、記念の品や旅行などでより記憶に残るプレゼントを贈ることが可能です。

贈る相手別 定年退職祝いの贈り物


先述のように、贈る相手によってどのような贈り物をするのが適切かが変わってきます。

そこでこの項目では、贈る相手別に定年退職祝いの贈り物としてふさわしいものをピックアップしました。

自分や配偶者の父への贈り物

自分や配偶者の父に贈る場合、その方が今後も仕事を続けるかどうかが一つのポイントです。もし続けられる場合は上記したようにビジネスアイテムや財布、キーケースや革靴といったものが喜ばれるかもしれません。

仕事をそのまま引退されるなら湯飲みやグラス、お酒がお好きなら高級酒とおつまみなど、日常的に使ったり味わったりできるものも良いでしょう。あるいは家電に詳しい方向けですが、退屈をしないようにタブレット端末や電子書籍端末などをあげるのも候補に挙げられます。

自分や配偶者の母への贈り物

自分や配偶者の父への場合と同様、定年退職後にも仕事をするかどうかで選ぶものが変わります。続けられるならビジネスバッグや財布などビジネスでも使えるものが選択肢に入ってくるでしょう。もし仕事を引退されるならアクセサリーや日傘、トートバッグや食器のセット、ストールやグラスといったものが考えられます。

なお女性は定年退職後に仕事を続けられるかどうかに関わらず、年齢を意識しすぎないものをお贈りする方が喜ばれることが多いかもしれません。定年退職を迎える年齢を意識したものではなく、年代を問わず一般的な女性がプレゼントされて嬉しいものをお贈りした方が望ましいでしょう。

ただしお贈りするもののデザインや色合いなどは若者向けのものや華美なものは避け、大人の女性向けの落ち着いたものを選択するのが無難です。

同僚や上司の男性への贈り物

同僚や上司の男性への贈り物をする場合、これまで幾度となく仕事面などでお世話になってきたことに対する感謝の気持ちを表すものを選ぶのが良いでしょう。これまでの労いや感謝の気持ちを伝えられるように、相手が喜んでくれるものをしっかり吟味して贈りたいところです。

具体的には上質なお酒とグラスのセットやゴルフ用のクラブケース、高級茶と急須のセットやコインケースといったものが挙げられます。その人の趣味や好みを踏まえた上でどのようなものが喜ばれるのを考えていくと良いかもしれません。

同僚や上司の女性への贈り物

同僚や上司の女性への贈り物をするなら、自分や配偶者の母への贈り物と同じように、定年退職という年齢を意識したものより一般的な女性が喜ぶプレゼントが喜ばれるでしょう。花束やブリザーブドフラワー、折り畳み傘やアクセサリー、御朱印帳カバーや有田焼などの食器などが候補として考えられます。

アクセサリーではイヤリングや真珠のネックレス、ブローチや髪留めといったものを選ぶのが無難だといえるかもしれません。普段からどのようなアクセサリーをつけているのかを思い出すと、品物やデザインの好みもイメージしやすくなります。

定年退職祝いを買える場所


実際に定年退職祝いを買おうと思っても、どこで買ったら良いのかが分からないという人もいるかもしれません。

そこでこの項目では、定年退職祝いを買える場所を複数取り上げました。

百貨店や専門店

直接品物を見たり手に取ったり、あるいは専門的な知識を持つ店員と話をしながら選びたいなら百貨店や専門店が良いでしょう。百貨店や専門店はまだ買うもの自体がほとんど決まっていない、もしくは誰かと相談しながら決めたいといった人に向いています。

同じ百貨店の中でも多くのブランドやデザインのお店が存在しますし、異なる百貨店であれば取り扱っている品物の数も多岐に渡ります。あれこれ見聞きして回ると時間がかかる上に迷いすぎて決められなくなる恐れがあるので、実際に足を運ぶのは2・3店舗程度に留めた方が良いかもしれません。

インターネットのECサイト

もし買いたい品物がピンポイントに決まっていたり、家や移動時間などでも品物を探したいという人にはインターネットのECサイトがぴったりだといえます。なぜならお店まで出向く時間や交通費を節約できたり、直接お店に行かなくても商品を選ぶことができるからです。

幅広い品物を扱っている総合ECサイトもあれば、ある品物に特価して専門的に出品している専門ECサイトもあります。渡すもの自体は決まっているがデザインなどはこれから考えるという人なら、専門ECサイトが合っているでしょう。

例えば有田焼の食器やグラスなどをお贈りしたいという場合、以下のように有田焼の専門ECサイトを使うと探しやすいかもしれません。

https://www.jtopia.co.jp/(クリックするとリンク先が表示されます)

よく売れている品物をランキングで確認したり予算別で品物を探したりすることもできるので、気になる人は一度覗いてみても良いでしょう。

まとめ この記事のおさらい

  • 「定年退職」とは「定年制」を導入している企業や組織に勤務する労働者が、あらかじめ決められた年齢を過ぎたときに退職すること
  • 「定年退職祝い」とは定年を迎えて退職する人に労いや感謝の気持ちを込めてする贈り物のこと
  • 「定年退職祝い」を渡す時期は定年退職の直前が基本
  • 「定年退職祝い」は相手との関係性や関係の深さ、贈る人数や予算などによって大きく変わる
  • おおよその目安になる金額として、同僚や友人は3,000~5,000円程度、お世話になった先輩や上司などには5,000~10,000円程度、自分や配偶者の親に対しては10,000~30,000円程度
  • 定年退職祝いを買える場所としては百貨店や専門店、インターネットのECサイトなどが考えられる