誰もが一度は自由に生きたいなぁと思ったことがあるのではないでしょうか。

現状に大きな不満を抱えている人や、そうでない人も「自由」という言葉に憧れることがあるでしょう。

ここでは自由に生きるということをテーマに以下の点について解説いたします。

この記事の内容
・自由に生きたいとは何か
・自由に生きるための考え方
・自由に生きるためにできること

そもそも自由に生きたいとは何か?

今の40代から60台位の世代の人にとっては、社会的ステータスが大切だと考える人が多いです。高度経済成長、昔は終身雇用などが当たり前の時代でした。

世間的には、一流の大学を卒業し、大きな会社に入ることが客観的に立派な人間であり、社会的に認められる価値のある人と見られており、男性は会社でしっかり働き、女性は家庭を守りながら子供を育てる、といった昔ながらの考えも残っていました。

しかし、このような縛られた生活から抜け出したい、自由に生きたいと思う人が中にはおり、世間的に立派であることよりも自分らしく、社会的なステータスよりも自分のやりたいことをやるというふうに自由を求めて生きた人も中にはいます。

自由に生きるための考え方

時代が変わっても多くの若者たちが「自由でありたい」「自由に生きたい」と願うのは同じです。自由に生きたければ、これまで植えつけ慣れてきた価値観を180度変えるべきです。

自由に生きるためのポジティブ思考

多くの人は自由に生きたいと思っていますが、実現を難しくさせる原因は何でしょうか。

それは不安があるからです。

自分の頭では今と違う生活や自由を求めていますが、人間の心理として「現状を変えたくない」という逆の心理も同時にはたらいていることが多いです。

そして多くの場合、安定安心を潜在的に求める傾向があるため、リスクを犯して新しい場所に飛び出すことには勇気がいるでしょう。

生き物全てに共通することですが、自分が安心して生きられる場所を本能的に探しています。新しい世界に飛び込むと、必ずしも元の場所と同じように安心できるかどうかわかりません。心では現状に満足していなくても、人間の脳は「生きていられる状況」というのが一番安心できると勘違いしてしまいます。

不安があるという心理を知っていると、新しい世界に飛び込む前に不安になったり、リスクを恐れてしまっても、これは本能的のせいなんだと割り切ったりすることができます。

割り切ることができれば、ネガティブな思考に支配されず、「新しい世界では今よりももっと楽しいことが待っている」「今より自由である」というようにポジティブに考えられるようになるでしょう。

他人の評価を気にせず自由に生きる

自由に生きている人と生きれない人の大きな違いは「他人からの評価を気にしているかどうか」であるといえます。自由に生きられない人は、常に他人からの評価に自分の気持ちが左右されています。

幼い頃から期待をかけられてきた人は、期待に応えることこそが自分の生きる道だと思い込んでいるかもしれません。その一方で、自由になりたいともがいている場合は、他人からの期待や評価は一旦置いておいて、自分の気持ちに従うことを優先してみることが大切です。

周りからの期待に応えたからといって自由になるわけではありません。

自由に生きるためにできること

今からでもできる自由に生きるための行動があります。少しずつできるところから始めていきましょう。

自由に生きるため人間関係の整理をする

人間が自由を手に入れたいと思う原因の1つが人間関係です。自分の生活が豊かになりたいと思うことも、自由が欲しくなる事にも、人間関係が大きく関わっています。

非常に気を遣う間柄であったり、義理の関係についてはすっぱりと断ち切り、整理してみましょう。それだけでも少しの自由を実感できるはずです。

自由に生きるために環境変える

自由に生きていると実感できるようになるには今生きている環境を変更することが大切ですが、中でも一番簡単な方法は引っ越しです。

自分の実家や家賃の予算を考えて今の家に住んでいるのであれば、自分が本当に住みたい街や住みたい家を選んで住むように思考を変えてみましょう。

また、もしも仕事などに不満を感じているのであれば、転職をするのも一つの環境の変更です。

もしも本気で転職を考えている場合は一度転職エージェントに相談してみましょう。転職エージェントについては以下の記事を参考にしてみてください。

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方
業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較
マイナビエージェント 転職活動のはじめ方

自分がしたいことをして自由に生きる

自由に生きたいと思うのは、今の環境に満足できていないためです。嫌々行っている会社や自分がしたくないことをやらなければならない仕事があったり、付き合いたくもない人間関係から逃れられなかったりするなど、特定のものに自分を縛られている事が原因かもしれません。

自由を手に入れるには、まず自分がしたいことをしっかりと分かり、それを実行することが大切です。

仕事や友人関係をすぐに変えられないない場合、趣味や好きなことをとことん突き詰めるのも自由を実感するのも一つの手です。

周りに振り回されずに自由に生きる

今の満足していない環境の原因となるのは誰でしょうか。周りの意見に従って、自分の気持ちを押し殺して今の環境作っているのだとすると、それは縛られている状態と同じです。

環境変えるにしても、周りの意見を全て受け入れ、従っていると、それは本当の自由を手に入れたことにはなりません。本当の自由とは、他人の意見には流されず自分をしっかり持つことです。そして責任は自分で取ることも大切です。

人は社会という人間関係の中で育ってきているため、自分の意見をしっかりと主張できる人は多くありません。しかしこれはわがままをいうことではなく、合わせるところは他人に合わせ、合わせる必要がない場面では自分の意志を貫くということです。

社会の常識をも守りつつ、自分らしさを表現できる事が、本当の意味で自由に生きているという実感に繋がります。

自由に生きたいについてのまとめ

  • 自由に生きるためにはポジティブ思考し、周りの評価を気にしないことが大切である
  • 仕事を変えたり、引っ越しをしたりして今の環境変えることは自由への一方である
  • 自由を制限している一つに義理の人間関係があるので、ときにはすっぱりとつけることも重要である
  • 周りの意見に振り回されず自分の意見をしっかりと持ち、やりたいことをやる、それが自由に生きることである