この記事では、「カオス」の、類語、対義語、古文や神話について解説します。

テレビや雑誌、ネットで「これはまさにカオス」などという表現をよく見かけますね。なんとなくイメージは浮かんでも、その正しい意味を問われると的確に答えられる方は少ないのでは?

今や「カオス」は日常的に使われる言葉になっています。この記事を通して、「カオス」の正しい意味と使い方を理解して、社会人としての知識の幅を広げてください。

カオスの意味


「カオス」とは、無秩序でさまざまな要素が混在した一貫性のないゴチャゴチャした状態のことで、では「混沌」の意味です。日本では、雑然としてまとまりのない状態や無関係な要素が入り交じったような状態のことを「カオス」と呼ぶことが多くなっています。

最近のネットでは「まじカオス」という表現がよく使われています。この場合は、状況や人間関係や複雑になっている状態を強調して表現する場合に「カオス」という言葉を用いるようです。

また、もっとシンプルに「理解に苦しむ」「狂気じみている」というニュアンスで「まじカオス」と表現することもあります。このように、日本では手軽に使われている「カオス」ですが、実はその由来は古く奥深い意味があるのです。

カオスの由来

カオスの語源は、ギリシャ語の Χάος(khaos)で、宇宙が誕生する以前の混沌とした状態の意味です。ギリシャ神話では、宇宙が発生するときに生じる「原初の巨大な空隙(くうげき)」のことをカオスと表現しています。

ヘシオドスの『神統記』では、カオスはあらゆる生命の素とエネルギー秘めた空隙(くうげき)であり、カオスに続きガイア(大地)とタルタロス(奈落(ならく)の底)とエロス(愛)が生じると記述されています。

カオスの使い方と例文
カオスには、一般的な解釈のものやまとまりのない集団の状態、ネットなどで使われるシンプルな意味合いのものなど、さまざまな使い方があります。ここでは、その例文をあげて意味を考えてみましょう。

例文

  • カオスな世界でも自分を見失わずに前に進んでいきたいですね。

数多くの情報やさまざまな価値観が混在する現代はまさにカオスです。このような意味合いで使うのが、カオスの正統的な使い方と言えるでしょう。

例文

  • 彼女がいなかったら、この事務所は3日でカオスになりますよ。

これは、集団をまとめる人間がいなくなるとそれぞれがバラバラの行動や意見を言い合うような状態になることを意味しています。

例文

  • 仕事では几帳面な彼の部屋がカオス状態なんて驚きです。

仕事ができる人ほど自分の部屋はゴチャゴチャということはよくあります。洋服や紙袋などが混在している部屋は、まさにカオスですね。

例文

  • 彼のアート作品は発想がカオスすぎて理解できません。

この場合、発想が誰も思いつかないようなものとしてカオスを使っていますが、かなり否定的な意味合いが強くあります。思考回路がバラバラで混沌としているイメージとしてとらえています。

カオスの類義語と例文


カオスの類語としては、「混沌」「無秩序」「無茶苦茶」「混在」「ゴチャゴチャ」などがあります。

混沌(こんとん)
ものごとが無秩序で入り混じった状態。

例文

  • リーダー不在で、政局はますます混沌としてきました。
無秩序(むちつじょ)
乱雑で秩序がないさま。

例文

  • 無秩序に建設許可を出していたら、理想的な都市は作れません。
無茶苦茶(むちゃくちゃ)
筋道がたたないこと。混乱してわけのわからないさま。

例文

  • こんな無茶苦茶な内容では、社員を説得するのは不可能です。
混在(こんざい)
いくつかのものが入り交じって存在すること。

例文

  • この国には、さまざまな民族や文化が混在しています。
ゴチャゴチャ
多くのものが入り乱れて、混雑しているさま。

例文

  • デスクの上がそんなにゴチャゴチャしていては、仕事に支障をきたしますよ。

カオスの対義語と例文


カオスの対義語は、「コスモス」です。コスモスは、整然たる秩序としての世界を表すギリシャ語で、一般的には「宇宙」の意味で使われています。日本では、そのまま「コスモス」と表記すると花の「コスモス」と解釈する方が多いはず。

そこで、カオスの対義語としてコスモスの例文をあげるのは無理があるので、ここではカオスの日本語訳である「混沌」の対義語としての「整然」「秩序」「調和」を紹介します。

整然(せいぜん)
全体を構成している個々の要素が整っているさま。

例文

  • 日本を訪れた外国人は、日本人が整然と並んで電車を待つ姿に驚くようです。
秩序(ちつじょ)
社会や集団などが望ましい状態を保つための順序やきまりのこと。

例文

  • 社会の秩序を保つためには、厳格な法の整備が必要です。
調和(ちょうわ)
全体がつりあって、整っていること。

例文

  • 彼の建造物は、周囲の美しい街並みに完全に調和しています。

カオスの英語表現


カオスは、英語表現でも「chaos」です。但し、「カオス」と発音しても通じないでしょう。英語の発音では、「ケイオス」が近くなります。

例文

  • Even after the riots subsided, the town was still in chaos.
    暴動が静まっても、町は混沌としていました。

カオスは古文や神話にも使われる


「カオス」という言葉が日本でよく使われるようになったのは最近ですが、カオスの語源でもあるギリシャ神話での「原初の巨大な空隙(くうげき)」のような状態は、日本の古文や中国の神話にも登場しています。

『日本書紀』におけるカオス

日本最古の歴史書である『日本書紀』は、以下のような文から始まり、1994年の岩波文庫では、以下のように解説しています。

  • 古天地未剖,陰陽不分,渾沌如鷄子,溟涬而含牙。昔、天地もいまだ分れず、陰陽の対立のいまだ生じなかったとき、渾沌として形定まらず、ほの暗い中に、まず、もののきざしが現われた。

つまり、日本の天地創造の話においてもカオス(渾沌)は登場しているのです。ギリシャ神話だけでなく、日本書紀にもカオスという状態が紹介されていたなんて、驚きですね。さらに、カオスは中国の神話にでも記述されています。

中国神話におけるカオス

中国の神話では、万物を創造したのは盤古(ばんこ)と呼ばれる創造神です。呉の時代に編纂された神話集「三五暦紀」では、盤古は卵のような混沌とした天地から生まれたと記述されています。

中国の神話においても天地が創造される前は、渾沌としたカオスの状態であったと伝えられているのです。混沌とした卵のような状態が割れ、盤古が誕生し、割れた殻の上半分が天(陽)に、下半分が(陰)になったそうです。

このように、カオスは、国や宗教を飛び越え、天地創造以前の状態として伝承されています。ネットなどで手軽に使う言葉だけでなく、宇宙の誕生にもつながる深い意味を秘めたカオスという言葉を使いこなしたいですね。

まとめ この記事のおさらい

  • 「カオス」とは、無秩序でさまざまな要素が混在した一貫性のないゴチャゴチャした状態のこと。渾沌。
  • カオスの語源は、ギリシャ語の Χάος(khaos)で、宇宙が誕生する以前の混沌とした状態の意味。
  • ギリシャ神話では、宇宙が発生するときに生じる「原初の巨大な空隙(くうげき)」のことをカオスと表現。
  • 日本においてカオスは、渾沌だけでなくさまざまな意味で使われています。
  • カオスの類語には、「混沌」「無秩序」「無茶苦茶」「混在」「ゴチャゴチャ」などがあります。
  • カオスの対義語は「コスモス」ですが、渾沌の対義語として「整然」「秩序」「調和」などが。
  • カオスの英語表現は「chaos」ですが、発音は「ケイオス」が近い。
  • カオス(渾沌)は、日本書紀や中国の神話でも天地創造以前の状態として記述されています。