意外と知らずに使っていた「失礼いたしました」という言葉。
実は使い方が間違っていた?!

今回はビジネスシーンで間違えやすい「失礼いたしました」の適切な使い方と使い所をポイントでご紹介いたします。

これさえ押さえておけば、今後のビジネスシーンで円滑なコミュニケーションを取る事ができます!

「失礼しました」の意味と使う上での注意点

失礼しました、の「失礼」とは

・他人に接する際の心得をわきまえていないこと。
・礼儀に欠けること。また、そのさま。失敬。

上記のような意味します。つまり「失礼しました」は、「相手に対しての礼儀を欠いた事に対して・失敬に対して許しを得る」状態を指す言葉です。

また「失礼します」で相手と別れる時の丁寧な言葉や、人に何かを頼む、尋ねる時の言葉としても使用されます。
「失礼する」を丁寧語にしたものが「失礼いたします」です。

「失礼いたしました」=「申し訳ありません」ではない

ビジネスシーンで「失礼いたしました」をお詫びの言葉として使う事がありますが、これは間違いです。
前述の通り「失礼しました」は、相手に礼儀を欠いたことに対するお詫びの気持ちを表現する言葉ですので、お詫びそのものへの言葉として使う事はできません。

英語にすると、「失礼いたしました」は”Excuse me.”
「申し訳ありません」は”I’m sorry.”となります。
”Excuse me.”を直訳すると「許して下さい」
つまり私の無礼を許して下さい=「失礼しました」となります。

一方で”I’m sorry.”は「残念です」、つまりあなたに不快な思いをさせてしまい残念です=「申し訳ありません」となります。

お客様からのクレームをいただいた時など、相手に対してお詫びをする場合には「失礼いたしました」は失礼に当たります。
「申し訳ありません」を使いましょう。

上司に「失礼いたしました」は使える

上司など目上の方に対して「失礼いたしました」を使用することは可能です。
例えば、狭い所を通る時に上司と少しぶつかってしまった時や、
会議中に咳をしてしまった時など、上司に対して失礼なふるまいをしてしまった時に「失礼いたしました」を使うのは適切です。

また、お詫びの言葉として「すみませんでした」があります。
これはより近しい間柄の上司なら使用可能です。
けれども近しい間柄の上司や先輩に対しても、自分の重大な失態に対するなど、
本心からのお詫びの際には「申し訳ありませんでした」
を使う様にしましょう。

「失礼いたしました」の代わりに使える言葉

ご無礼をお許し下さい
「失礼いたしました」の状況をより丁寧に表した言葉に
「ご無礼をお許し下さい」があります。
文書での無礼を許してもらう時にも使われる表現です。

お詫びいたします・すみませんでした・申し訳ありませんでした
近しい間柄の相手にお詫びをする時には
「失礼いたしました」ではなく、「すみませんでした」あります。

お客様や取引先の方など、目上の方に対しては
「お詫びいたします・申し上げます」「申し訳ありませんでした」を使います。

「失礼いたしました」とその類義語の例文

相手への失礼を詫びる気持ち・許してもらう時に用いられる例文

挨拶や連絡の返信が遅れた場合
「失礼いたしました」
「ご挨拶が遅れ、大変失礼いたしました」

別れの挨拶に用いられる例文

自分が相手より先にその場を去る場合。
「お先に失礼いたします」
「お先に失礼させていただきます」

相手に依頼・相談する時に用いられる例文

先方の会社の案内を受けたり連絡を取り付けたりする場合
「失礼いたしますが、第一会議室への道順を教えていただけませか」
「失礼いたします、〇〇課長にお取次ぎをお願いできますでしょうか?」

相手にお詫びをする時に用いられる例文

相手側に迷惑をかけたりしてしまった場合
「歓迎会会場の予約を代わりに手配してもらい、
お手数をかけてしまいすみませんでした」

「この度は弊社〇〇で大変ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした」