シュールの意味とは

シュールとは一般的には、「非現実的」や「現実離れ」の意味で使われるでしょう
シュールは、フランス語の【sur】からくる言葉です。フランス語での発音では「シュル」に近いですが、英語のシュールの発音と混同して、日本語ではシュールと伸ばして発音します。

もともとは「シュルレアリスム」という言葉で、芸術の形態や思想のことを表現します。1920年代によく見られた芸術です。日本語訳では「超現実主義」といわれますが、シュルレアリスムは現実を超えるほどではありますが、非現実的の意味ではないのが、一般的なシュールの意味と若干違います。

日本語でのシュールは、1990年代からまた別な意味でも使われるようになっています。「ナンセンスな」や「不条理な」、「難解な」などの意味があることもあります。これらの意味で使われるシュールは、高度で芸術的であるというニュアンスを含んでいることが多い傾向にあります。もともと芸術を表す言葉からきているために、ニュアンスが加わっているのでしょう。

ビジネスシーンでもシュールは同様の意味で使われます。

シュールの使い方と例文

「シュール」は「非現実的」、「ナンセンスな」、「不条理な」、「難解な」などの意味で使われ、「高度で芸術的である」というニュアンスを含むときもあります。シーンや文脈で判断しましょう。

あの作品は、冒頭のシュールな映像が印象的だ。

 

ずいぶんシュールなデザインの建物だ。