この記事では「頭の回転」について解説いたします。

職場やプライベートなどで頭の回転が速い人に会ったことがあるという人は多いでしょうが、普通の人とは何が違うのかなどはよく分からないという人もいるかもしれません。

そこで今回は頭の回転が速い人の特徴や、頭の回転を速くする方法などをまとめました。

それでは一つずつ確認していきましょう。

「頭の回転が速い」と「頭が良い」は違う?


「頭の回転が速い」と「頭が良い」は、同じようなものとして取り上げられることもあれば、以下のように明確に区別して説明されることもあります。

○頭の回転が速い

  • 相手の言いたいことや話の要点を即座に理解できる
  • 自分の言いたいことをまとめるのが上手い

その他の特徴については後述しますが、「頭の回転が速い」という言葉が使われるのは「スピード」を強調する時が多いかもしれません。

例えば相手の言いたいことや話の要点を「即座に」理解できるのは、頭の回転が「速い」からということです。

○頭が良い

  • 勉強ができる
  • 記憶力が良い
  • 深いところまで思考を巡らせることができる

「頭が良い」というのは、「スピード」よりも「実績」や「結果」などが強調されることが多いかもしれません。

ただしこれらは諸説あるので、そこまで明確に違いを理解しなくても良いでしょう。

頭の回転が速い人の9つの特徴


頭の回転が速い人には、ある程度共通する特徴があるものです。

この項目では、その特徴として9つピックアップしました。

相手の言いたいことがすぐに理解できる

頭の回転が速い人は、相手の言いたいことがすぐに理解できることが多いです。

意図のない雑談やコミュニケーションとしての会話などは別として、用件もないのにわざわざ話しかけるということはそれ程多くありません。

逆に言うと、人は何か伝えたいことがあるから話しているのです。

頭の回転が速い人は、その伝えたいことのポイントをすぐに見つけることができます。

話の展開が早い

頭の回転が速い人は、話の展開が早いことが多々あります。

それは自分の考えを言語化して口に出すまでの時間が短いからです。

また話が脱線したり、噛み合わない会話をしたりすることも少ないということも影響しているかもしれません。

話をまとめるのが上手い

話をまとめるのが上手いことも、頭の回転が速い人の特徴として挙げられます。

頭の回転が速い人が話をまとめるのが上手いのは、それは話の要点がどこにあるのかをすぐに理解することができるからです。

逆に話をまとめるのが苦手な人は、その話のポイントがどこにあるのかを探すのに苦慮しているのかもしれません。

効率的にを進められる

頭の回転が速い人は、効率的に仕事を進められます。

それはどの作業にどれくらい時間がかかるのかを予測し、どのように進めたら効率的に仕事が回るかを即座に考えられるからです。

したがって頭の回転が速い人と仕事をすると、スピーディーに仕事を進められることでしょう。

マルチタスクが得意

マルチタスクが得意だというのも、頭の回転が速い人の特徴の一つです。

例えば複数の仕事を同時進行で進めたり、複数の家事を同時に行ったりすることが挙げられます。

頭の回転が速い人は、物事を一つずつやるよりも同時進行で進める方が早く行うことができ、またそれらをどのように進めたら良いのかが見えているのかもしれません。

答えを出すのが速い

頭の回転が速い人は、答えを出すのが速いです。

仕事をする上では、じっくり時間をかけてベストの答えを出すよりも、短時間でベターの答えを見つけ出すことの方が重宝されることがあります。

例えば取引先からクレームがあった場合、最適な対応を探す為だとしてもそれに1ヶ月もかかるというのは遅すぎるでしょう。

答えを出すのが速いことにどれだけの価値があるのか、頭の回転が速い人は十分に理解しているのかもしれません。

想定外のトラブルにも適切に対応できる

頭の回転が速い人は、想定外のトラブルにも適切に対応できます。

それは瞬時にその対応方法を見つけ出し、行動に移すことができるからです。

突発的なことが起こると誰でも冷静さを失ったり混乱したりするものですが、頭の回転が速い人はそういったこともほとんどありません。

記憶力が高い

記憶力が高いことも、頭の回転が速い人の特徴だといえるでしょう。

他の人が忘れているようなことでも、頭の回転が速い人は覚えているということも多々あります。

だからこそ人の話の要点をすぐに理解することができたり、不測のアクシデントなどにも適切に対応したりすることができるのかもしれません。

好奇心豊か

頭の回転が速い人は、人一倍好奇心豊かであることが多いかもしれません。

好奇心があるということは様々な物事に興味を持ち、幅広い経験を積んでいるということです。

その為その知識や経験を活かして、色々な場面で役立てることができるのでしょう。

頭の回転を速くする6つの方法


これまで解説してきたように、頭の回転が速いというのは素晴らしいメリットが多数あります。

それを踏まえて、自分も頭の回転を速くしたいと考えるのは自然なことです。

しかしながら、頭の回転を速くするには具体的に何をしたら良いのか分からないという人もいるかもしれません。

そこでこの項目では、頭の回転を速くする方法として6つご紹介します。

日常的に人との会話を増やす

相手の言いたいことがすぐに理解できるようになる為には、何より実戦を重ねることです。

そこで日常的に人との会話を増やすことは、頭の回転を速くする方法として効果があるといえます。

ただし漠然と会話をするのではなく、「この人が伝えたいことは何なのか?」を意識することが重要です。

最初はうまくいかないこともあるかもしれませんが、継続していくことで少しずつ人の話の要点が理解できるようになっていくことでしょう。

何事も「瞬時に決断」を意識する

何事も「瞬時に決断」を意識することも、頭の回転を速くする上で大事なことです。

先述のように、じっくり時間をかけてベストの答えを出すよりも、短時間でベターの答えを見つけ出すことの方が重宝されることが世の中には多々あります。

そして短時間でベターの答えを見つけ出す為には、日頃からすぐに答えを出すということを意識することが重要だということです。

最初の頃は失敗したり上手くできなかったりすることもあるでしょう。

したがってすぐにリカバリーが可能で周りへの影響が小さいことからやってみると良いかもしれません。

それが習慣化してくれば、自然と何事も「瞬時に決断」をすることができるようになっていきます。

新しいことにチャレンジする

新しいことにチャレンジすることも、頭の回転を速くする方法として有用です。

上記したように、頭の回転が速い人の特徴として好奇心豊かであることが挙げられます。

その結果様々なことにチャレンジし、幅広い経験値を積んでいるのです。

したがって新しいことにチャレンジすることは、様々なことを身に着ける絶好の機会だといえます。

とはいえ自分が全く興味がないことに対しては、なかなか積極的にはなれないかもしれません。

まずは元々興味はあったり、多少なり関心があったりすることにチャレンジしてみると良いでしょう。

日記やブログを書く

頭の回転を速くする方法として、日記やブログを書くことが考えられます。

なぜなら日記やブログを書くにあたっては読者の読みやすさを意識したり、文章構成を考えたりする必要があるからです。

どんなに面白い内容だったとしても、文章が読みにくかったり長すぎてポイントが分からなかったりすると、なかなか読んでもらえないことでしょう。

それくらい文章の読みやすさは重要なことです。

自分だけが見られる日記を書くとしても、自分が感じたことや考えたことなどを言語化できる訓練をするのは効果的なことだといえます。

しかしながら、あれこれと意識しながら書くと時間がかかったり、次第に書くのが億劫になったりしてしまうかもしれません。

そのようなことがないように、最初のうちは気軽な気持ちで書いていくのが良いでしょう。

継続して日記やブログを書いていくことで、段々と分かりやすく文章を書くことができるようになっていきます。

睡眠をしっかりとる

頭の回転を速くする上では、睡眠をしっかりとることも非常に重要だといえます。

なぜなら睡眠不足で頭が十分に働かない状態では、物事をしっかりと判断したり考えたりすることができないからです。

どれだけ頭の回転が速い人であっても、コンディションが整っていない時には普段の能力を発揮できないことでしょう。

疲れていたり睡眠が足りていなかったりする時は、しっかりと休むことも大事です。

脳トレアプリなどでトレーニングする

最近では脳トレのゲームやアプリなども増えてきました。

そういったゲームやアプリなどでトレーニングすることも、頭の回転を速くする方法の一つとして挙げられます。

ちょっとした隙間時間や電車での移動時間など、気軽に始められるものも多いです。

また知識やスキルなども特に必要なく、誰でもトレーニングできます。

無料でできるものも多く存在するので、まずは気軽な気持ちで試してみると良いかもしれません。

まとめ この記事のおさらい

・「頭の回転が速い」と「頭が良い」は、同じようなものとして取り上げられることもある

・「頭の回転が速い」という言葉が使われるのは「スピード」を強調する時が多い

・「頭が良い」というのは、「スピード」よりも「実績」や「結果」などが強調されることが多い

・頭の回転が速い人の特徴としては相手の言いたいことがすぐに理解できる、話の展開が早い、話をまとめるのが上手い、効率的に仕事を進められるといったことが挙げられる

・頭の回転を速くする方法としては日常的に人との会話を増やす、何事も「瞬時に決断」を意識する、新しいことにチャレンジする、日記やブログを書くことなどが考えられる