男性は結婚をしても仕事をそのまま続ける方が多いですが、女性は結婚を機に仕事を辞めたり働き方を変えるというパターンが比較的に多いです。

結婚後も仕事を続けたいけれど中々今までと同じようにはできない、仕事を続けるべきかやめるべきか迷っている。そんな方は、まず仕事を続ける場合のメリットやデメリットなどを客観的に見つめてみるとよいでしょう。

結婚を機に離職や転職を考える理由

女性が結婚を機に離職や転職を考える理由は様々です。
代表的な意見をまとめました。

もともと仕事を辞めたかった

もともと仕事を辞めたかった為、結婚のタイミングで辞めようと思った
前から辞めようと思っていたがタイミングがつかめなかったため、結婚を機に辞めました

もともと仕事を辞めたいと思っていた女性にとっては、結婚は角が立たずに退職できる絶好のタイミングのようです。

仕事と家庭の両立が出来ない

残業が多く、出産や子育てになったとき、今の仕事と家庭を両立できないと思ったから
不定休で出勤日もシフト制の為、結婚後主人と生活を合わせられないため転職活動をした
職場に産休や育休制度はあるものの、全く機能していない為結婚するなら産休や育休が取れる職場で働きたいと思った
彼が定時で終わる仕事で私は残業が多いため

忙しい職場や、不定休の仕事の場合、結婚したとしても新婚生活の最初からすれ違う可能性が高いため、相手の事を考えて離職や転職を考える女性も多いようです。

相手に仕事を辞めて欲しい・変えて欲しいといわれた

彼に結婚したら仕事を辞めて欲しいといわれた
子供を育てている間は働かずに子供と一緒に居て欲しいと主人にいわれたため、結婚を機に仕事を辞めました
職場が激務でいつもへとへとになっていた私を見た彼から「結婚したら専業主婦になっていい」といわれました。

男性の理想として「女性が家庭に入る」事へのあこがれを抱いている層は一定数いるようです。そんな男性にとっては、結婚を機に女性に家庭に入ってもらい自分を支えて欲しいと思ったり、育児に専念して欲しいと思ったりするようです。

妊娠した・妊活に集中したい

結婚が決まったタイミングで妊娠が判明したためそのまま仕事をやめました
遅い結婚だったため子供を産めるタイムリミットを考えると仕事よりも妊活を優先さた
残業や休日出勤の当たり前の職場で体調をよく崩していました。結婚したらどうしても子供が欲しかったので結婚を機に退職しました。

現代は、30~40年前に比べて全体的な婚期が10年遅れているともいわれています。

しかし、女性には妊娠・出産が可能な時間が限られています、結婚したらすぐにでも子供が欲しいと思う女性は多いです。そのため、結婚を機に退職し妊活や妊娠・出産に集中したいと退職や転職をするパターンもあります。

遠距離恋愛だから

3年付き合った彼とは飛行機の距離での遠距離恋愛だったため、結婚するなら仕事をやめるしかありませんでした。
遠距離恋愛なので結婚=退職でした。

遠距離恋愛の場合、女性が男性の元へ嫁ぐというパターンが多いです。
その為、女性としては遠距離恋愛の相手との結婚を意識し始めたときから、退職や転職を視野に入れている事の方が多いです。

仕事を辞めたくて結婚したい人が確認しておくべきこと

ずっと仕事を辞めたいと思っていた女性が、仕事を辞めるために結婚をしたいという場合もあるでしょう。

そんな人はまず、結婚後に仕事を続けた場合と仕事を辞めた場合のメリット・デメリットを確認する事をお勧めします。
結婚後の仕事のメリット・デメリットの、意見をそれぞれ紹介いたします。

結婚後も仕事を続ける場合のメリット・デメリット

メリット
・二人で働いている為、金銭的な余裕が生まれる
・お互いに社会人として対等の立場でお互いを支えあえる
・お互いの仕事に理解を示せる
・喧嘩をしても仕事に行けば気分転換ができる
・出産・育児への貯金ができる
デメリット
・家事の役割分担を決めておかないと女性が家事の大半を担う事になる
・仕事が忙しいとすれ違いになる
・会社のプロジェクトの進行を優先すると中々子供を作れない

結婚後に仕事を辞めた場合のメリット・デメリット

メリット
・家事に専念できる
・相手の扶養に入る事ができる
・相手の仕事をサポートする事ができる
・妊活に集中できる
・働きながらに比べて、妊娠・出産の際の母胎・胎児への負担が減る
デメリット
・社会的なつながりが無くなる
・今までよりも金銭的な余裕が減る
・妊娠・出産に関しての雇用保険からの手当や給付が受けられなくなる
・育児がひと段落してからの再就職が難しい
・育児や教育資金にお金がかかるため、結局働かなくてはいけなくなる

遠距離恋愛で結婚する場合に確認しておくべきこと

結婚後に離職や転職を考える理由にもあった遠距離恋愛での結婚は、どうしても仕事と結婚の両立が難しくなります。
そんな場合、どのように折り合いをつけるのかを考えなければなりません。

結婚したいけど仕事も辞めたくない場合

もし、どうしても今の仕事を続けたい場合に可能性として挙げらられる選択肢は以下の通りです。

クラウドワーカーとして在籍する

昨今、ノマド社員やクラウドワークといった言葉が当たり前になってきています。もしも、従事している仕事がパソコンとインターネットの環境があればできるものであれば、クラウドワーカーとして在籍できないか会社に相談してみる事も手です。

仕事への情熱と会社への貢献度が高ければ、採用してくれる可能性もあります。

 

期間限定で別居婚をする
重要なプロジェクトの進行中で、結婚してすぐに仕事を辞める事はできないと言う場合は結婚後も期間限定で別居婚をするという選択肢もあります。

その場合は相手とよく話し合い、期間や別居婚をする際のルールをはっきりと決めましょう。また、会社にも退職の意向と残りの在籍期間を前もって相談しておきましょう。

相手の理解を得て別居婚をする

どうしても仕事を辞めたくないという場合は、完全な別居婚にするという方法もあります。週末だけ互いの家を行き来して夫婦として生活し、平日は互いに別々に暮らすという方法です。
相手の理解を得る事も重要ですが、お互いの絆の強さが試されます。

相手にこちらに来てもらう

どうしても仕事を辞めたくないという場合、男性を女性の方に呼び寄せるという方法もあります。相手の理解が必要ですが、女性が仕事を辞めて男性の元に向かうように、男性が仕事を辞めて女性の元に向かう事も今の時代おかしな事ではないかもしれません。

嫁ぎ先でも仕事をする場合

遠距離恋愛で全く知らない場所へ嫁いだ場合、何の情報も無くすぐに就職活動を行うのは大変です。

結婚後相手先に嫁いだ場合に仕事をどうするのか、就職先をどのように探すのかについて予め準備が必要です。

自分で決断する必要性

結婚と仕事をどちらを取るかという問題は一概に応えが出せるものではありません。だからこそ、自分が後悔しない決断をする事が必要です。
もし、心残りがあって結婚した場合、後に相手のせいにしてしまう可能性があるためです。

結婚と仕事についてのまとめ

結婚と仕事についてまとめました。以下のまとめを読んで結婚と仕事についてよく考えましょう。

  • 結婚後したら仕事を辞めるつもりの女性は10年前に比べて5パーセント減少している。
  • 結婚後も仕事を続ける女性は約60%
  • 結婚後、仕事を辞める女性は約25%
  • 結婚後仕事を続ける場合、辞める場合それぞれにメリット・デメリットが存在する
  • 遠距離恋愛で好きな仕事を続けたい場合、相手の理解が必要
  • 好きな仕事を辞めざるを得ない場合、必ず自分が納得できる事が大切