コンテクスト 意味とビジネスで使う場面

「コンテクスト」は、英語で“context”と綴られ、一般的には「文脈」と訳されますが、「前後関係」「脈略」「状況」「環境」と訳したほうがわかりやすい言葉でしょう。
「コンテクストを理解しないと、お客様のクレームの意味が正しく理解できないだろう」などと使われます。

ビジネスシーンでも、同義で使われることも多いですが、別な言葉を伴い、違う意味を形成するビジネス用語にも使われています。
ビジネスパーソンとして、知っておきたいコンテクストを使ったビジネス用語をいくつかご紹介します。

ハイコンテクスト

文脈や背景などから共有できる部分が多く、お互いの意図を察し合いわかりあえることを意味します。「~文化」「~社会」との使われ方も一般的です。対義語は、ローコンテクストです。ハイコンテクストな国の例としては、日本、韓国、中国、アラブ圏、フランスなどが挙げられます。

コンテクストマーケティング

消費者の背景や状況、心理などを把握し、特定のニーズが生じた時点を捉えることで、効率的にマーケティングする方法を言います。
例えば、Google AdWordsは、消費者の検索履歴や位置情報から目的や状況を把握して、それに合った広告配信をします。また、Amazon.comも履歴や検索から顧客の興味を引く商品を、タイミング良く提案するコンテクストマーケティングをしています。

「コンテクストメニュー」

IT用語のひとつで、ウィンドウズでは右クリックで表示されるメニュー、Masであればcontrolキーを押しながら操作対象をクリックして表示されるメニューのことを言います。
ショートカットメニューと呼ばれることもあります。

例文

・「これははしです」だけでは「箸」か「橋」か判断できないので、コンテクストから読み取ります。
・コンテクストのすり合わせで、プロジェクトの方向性の認識を全員が一致させるのが重要です。
・顧客の過去ログからのコンテクストマーケティングで、カスタマイズしたサービスの提案に成功した。