コンテンツの一般的な意味とは

情報の内容や中身を指す言葉です。
始まりはラテン語から来ているとされ、もともとは中に含まれているものという意味を持つとされています。
その他にも、容量や体積、面積、広さや、意味というニュアンスも持ち合わせているそうです。
最近日本ではオワコンという言葉が使われるようになりましたが、これは終わったコンテンツというの略であるといわれています。

コンテンツのビジネスシーンの意味

インターネットの普及から頻繁に使われるのはIT業界のようです。
サイトの中身をコンテンツ、またブログの記事の内容などによく使われます。
また、日本では製作業界の中でも使われることも多く、映画や音楽、映像などクリエイティブで情報提供をするジャンルでもこの言葉を使用されることも多いそうです。

コンテンツの使い方と例文

サイトのコンテンツが充実させることが一番重要です。
コンテンツ次第によってグーグルに評価されます。
コンテンツ重視の記事を書くように努力しています。
サイトの見た目はよくてもコンテンツが空っぽでは意味がありません。