ドラフトの一般的な意味とは

ドラフトといえば野球用語として有名ですが、実際には「(線を)引く」「けん引する」「すきま風」「調達」などさまざまな意味があります。一見、一貫性がないように見えますが、一般的には「引っ張る」といったイメージで覚えておくといいでしょう。

ドラフトのビジネスシーンの意味

「引っ張る」というイメージが一般的であると前述しましたが、実はビジネスシーンではそのような意味で使用されることはありません。
ビジネスシーンでの「ドラフト」は、主に「下書き」「設計図」「草稿」などという狭義の意味で使用されています。

「下書き」としてのドラフトは、特に契約書や仕様書などの「1番最初の案」といった意味合いで使用されることが多く、未完成の書類という意味となります。

建築業界ではドラフトということばは常用語で、「設計図」の代名詞とも言っても過言ではないほど頻繁に使用されています。
「草稿」としてのドラフトは企業でも使用頻度が高く、主に会議や講演会など、一般に公開されることのない原稿のことを指します。

ドラフトの使い方と例文

ビジネスシーンでのドラフトは、具体的には以下のように使われています。

・今週中にドラフトを作成しておかなくてはならない。
・これはドラフト版なので、一度上司に確認してから提出します。
・メールに契約書のドラフトを添付しておきましたので、ご確認ください。

一般的には「引っ張る」という意味合いのドラフトですが、ビジネスシーンでは、上記のように「未完成の」「準備段階の」などいったイメージで覚えておくと分かりやすいでしょう。